新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 民主党若手は離脱の準備をしているのか? | トップページ | 今日はキカイダーの日 »

2006年4月11日 (火)

民主党若手は離脱の準備をしているのか?(2)

ほんの思いつきで民主党の若手・中堅の行動を予測してみたわけですが、電車の中で面白いことを考えました。

彼らは頭も良く、国益を常に考えているので、従来の派閥政治にはなじまない。さりとて孤立していては何もできないので、似たような人と党や派閥を作ることになると思います。ただし若手・中堅だけだと侮られるし、求心力がいまいちということもある。だからある程度のカリスマ性を持ったベテランが必要なのではないかと。

でね。俺が考えたのは、

麻生太郎さんと組めばいいんじゃないかと

麻生さんといえば、お世辞にも強いとは言えない派閥(河野グループ;大勇会かな?)に属しながらも首相候補に挙げられる人です。それだけで尋常ではないということがわかります。個人的には「なんでこの人が河野グループにいるのよ?」と訝しく思うほどです。民主党の若手や中堅と、考え方は似ているんじゃないかなあ。

仮に彼らと麻生さんが手を組んで、自民党内に派閥を作るなり新党を立ち上げたとしたら、これまで民主党に期待していた有権者はこぞってそちらになびくんじゃないかと考えるわけです。

これに反対する人がいるとしたら、まず森派がありうるでしょう。しかし、すでに2人続けて首相を出しているので、次が安倍さんになるにしても福田さんになるにしても3代続いてしまうのはマズイと考えるかもしれない。だからいったん麻生さんに譲った後、また森派から首相を出せば理想的です。長期的な戦略を考えるなら、森派の反対はそれほどでもないと予想できます。

次に反対する可能性があるのは、公明党ですね。なぜなら自民の中に新しく「麻生派」ができて強くなってしまうと、自民党が公明党と連立を組む理由がなくなってしまうからです。かなり高い確率で、反対に回るでしょう。

これは自然なシナリオだと思います。逆にひねりがなくてつまらないぐらいです。

まあ、門外漢の妄想にすぎないかもしれませんがね。

 

ネット社会で大人気の麻生太郎氏。

どんな人かはこのフラッシュを見ろ! 

      ↓↓↓

ウルトラマンガタロウ

http://www.geocities.jp/project_p_plus/index.html

フラッシュ自体も面白いんだけど、「解説のページ」が大爆笑。

« 民主党若手は離脱の準備をしているのか? | トップページ | 今日はキカイダーの日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/1373815

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党若手は離脱の準備をしているのか?(2):

« 民主党若手は離脱の準備をしているのか? | トップページ | 今日はキカイダーの日 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク