新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« IT企業が買収を続ける理由 | トップページ | 民主党若手は離脱の準備をしているのか? »

2006年4月 1日 (土)

IT企業が買収を続ける理由(2)

そのようなメカニズムを理解していただいたところで、さらにディープな領域に突っ込みましょう(笑)。

割安に放置された会社の経営者には、買収されてクビになる恐怖があります。
一方で、超割高に評価された会社の経営者には、そこから墜落する恐怖があります。

どっちも怖いのですが、後者は投資家の期待に報いるか、ソフトランディングさせることができれば助かります。だからほとんどの会社ではIR活動に力を入れ、株価が不当に安い状態にならないように気を使うわけです。

なんでこんなことになるかというと、株価は一種の通貨なので、その価値が高くなったときは他の割安なものと交換するチャンスだからです。あなただって、円高のときにさんざん外国通貨を買ったり、ゴールド買ったりしたでしょう。それと同じです。

 

そうであれば、ずる賢い経営者はこう考えます。

「ウソでも何でもいいから投資家に株を高く評価させれば、あとはやりたい放題で買収できるじゃないか。実体があとで追いつくようにすればいいし、結果がうまく行けば投資家を騙したことにはならない」

こうして、粉飾決算が始まるわけです。

カラクリ3の第五章でも述べましたが、投資家の幻想によって株価が高騰するのであれば、それを使ってまともな会社を買収すればよいのです。まるで巧妙なニセ札を作って、こっそり本物のお札と交換してしまうようなトリックです。

もともとビジネスの半分はハッタリで出来ているようなもんですから、経営者が大き目の風呂敷を拡げたところで怒るようなことでもありません。しかし中には最初から投資家のカネをふんだくるつもりで粉飾・虚言を駆使する経営者もいます。投資家は知性をフル活用して、財産を守らねばならないのです。

一方、粉飾をするでもなく偶然にそういったチャンスを手にした経営者は、何とかその期待を現実にしようと考えます。

「よくわからんけどラッキー。だけど期待がはげると反動が怖いから、割安な会社の株と交換しておこうっと」

かわいそうなのは買収されるほうの会社です。単に自社株が割安だったからという理由で、実体の薄い霞のような相手の株と交換させられてしまうのです。全然関係のない会社であれば経営者は留まることもできるでしょうが、同業者であれば確実に自分のクビが飛びます。

そのような悲劇はよくあるのですが、国内の企業を例にするとブッ殺されそうなのでここでは

「超ド高値のAOL株と交換させられた
タイムワーナー状態」

と命名することにします(笑)。

 

では、こういった「超割高企業の株式交換による買収」によって、トクをする人と損をする人を整理してみましょう。

 

1. 買収側の超割高企業の株主・・・・・・買った価格による

割高になる前から保有していたのであれば、経営者のその後の働きによって今の株価が正当化されることもあるでしょう。しかし、いいかげん高くなってから買ったとしたら、良くて現状維持、悪くて暴落です。

 

2. 買収される側の株主・・・・・・短期的にはトク。長期は損。

買収されることになれば普通はプレミアムがつくので、短期的に株価は上がるはずです。ただしその対価が現金ではなく超割高企業の株だとしたら、いつまでも安心していられません。霞が消えてなくなったとき、その企業は自らの価値をタダ同然で売り渡したことになります。

 

3. 買収側の超割高企業の経営者・・・・・・望まぬリスクを抱えてしまったが、望みはある

前述のように、M&Aによって期待と現実をすばやくマッチングさせ、ソフトランディングすることが可能です。しかしそれに失敗すると、勝手な投資家たちからの非難を一身に浴びることになります。

 

4. 買収される側の経営者・・・・・・良いことありまっしぇん

前述のように実体の薄い霞のような相手の株と交換させられ、その尻拭いが大変です。全然関係のない会社であれば経営者は留まることもできるでしょうが、同業者であれば確実に自分のクビが飛びます。「投資家に自社の価値を理解させる努力を怠った」という落ち度はあるかもしれませんが、不特定多数の投資家に完全な理解を求めることがビジネスの本筋でしょうか? 個人的にはこういう会社の株をあらかじめしこたま買って、応援したいと思いますがね。それが投資のプロとしての責務だと思いますし。

 

いずれにしても投資家としては「割高な株を買うな」という話です。逆に「良い株を割安なまま放置させるな」ということも言えますかね。

大型買収をするからとか、株式分割をするからという理由で株を買っていれば良いカモになります。特に新株発行を伴う買収は、経営者自身が自社株の割高さを自覚しているひとつの証拠です。

テレビ局の株が欲しいんだったら、
IT企業を通さずに自分で直接買えよ

ということですな(笑)。

 

*このような投資関連の記事を書いたときにお知らせが欲しい方は、ここでメルマガ登録してください。

« IT企業が買収を続ける理由 | トップページ | 民主党若手は離脱の準備をしているのか? »

コメント

今朝、メルマガでブログを知りました。
それを教えちゃマズイだろ!
の購入者です。
安間先生の著書をネタ元に社内勉強会の講師を勤めました。
わかり易いと大好評でした。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
肩の力を抜いて気楽に続けてくださいませ。

お久しぶりです。
システム屋のnicolloです。
ブログ始められたんですね。
がんがんトラックバック&コメントさせていただきますので、よろしくお願いします。

さっそくエントリー希望なんですけどアイスランドクローネとかニュージーランドドルが調整中です。97年以来の通貨危機再燃なんてことになりますかね?

TOさん

ありがとうございます。

どうぞ私のネタをアレンジして、周囲の人に教えてあげてください。ご自分の勉強にもなりますしね。そういった教育の礎になれるのであれば、私も本望です。

ところで「それを教えちゃマズイだろ!」とは、おそらく「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇」のことですよね(笑)。

いやいや、わかりますよ。「それを教えちゃマズイだろ!」のブランド価値が上がってきたことを実感いたしました。


nicolloさん

いつもありがとうございます。

しかし通貨危機とは、ディープな話題をリクエストしましたね。わかりました、そのうち簡単にやりましょう。しかし、簡単とは言っても長いですよ。なんせオタクですから(笑)。


ウヒョー早速リクエストにお答えいただくとは、恐悦至極に存じます。
思春期の厨房みたいにガッツいて待ってます。

ブログ開設おめでとうございます。

NZDは安間さんが本かDVD(どっちか忘れた)で書かれていた、高金利インフレ通貨は
購買力平価にくらべてかなり割高な水準
までゆっくりと買い上げられたあとに、
かなり割安な水準まで急速に売り込まれる
傾向がある、という話の売り込まれ局面に
入ってきたような感じですね。

NZDがある程度戻してくれたら
100枚か200枚くらい売り建てたい
ですが、そういうローリスクな仕掛けが
できる戻しがくるかなぁ?

ところで、安間さんは株より為替や債券、
金利のほうが得意だと思っていたんですが、
最初に取り上げたテーマが株なのは
なんででしょうか?

隆太郎さん

NZDやAUDは岐路にあるかもしれません。特にNZDは安値から倍になった後ですから、どうなることやら・・・。

nicolloさんの質問とも絡むのですが、ここ数年で日本人がNZやAUの債券を買ったり、スワップ狙いでFXをやるケースが増えているようです。そういった取引が98年ほど溜まっているとは思いませんけど、メカニズムを理解していない人は慌てて売ってしまうかもしれません。要注意です。

こういうときはオプションを使うと非対称な収益機会を得ることができます。しかし残念ながら、個人はなかなかオプションをやらせてもらえないし、儲かっても雑所得にされてしまいます。すると戻り売りしかないですかねえ。スワップが逆できついんですけど・・・。

なぜM&Aを最初のテーマに選んだかですが、まずこの話題がタイムリーだなと思ったこと。次に最近は日本株の投資家さんとの交流が増え、M&Aの授業を受けたりしているので、私の中では「日本株」がブームを迎えているということがあります。

この年になっても勉強することばかりですよ。投資は奥が深いですね。

では、またよろしくお願いします。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/1234351

この記事へのトラックバック一覧です: IT企業が買収を続ける理由(2):

» 株式 分割 を知って、しっかり稼ごう! [株式 分割 を知って、しっかり稼ごう!]
株式 分割 の基本を知って、日々のトレードに少しでもお役に立てれば幸いです。 [続きを読む]

« IT企業が買収を続ける理由 | トップページ | 民主党若手は離脱の準備をしているのか? »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク