新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 竹島問題の本質(2) よみがえる「李承晩ライン」 | トップページ | 竹島問題の本質(4) 領土問題であることを隠す人々 »

2006年4月21日 (金)

竹島問題の本質(3) 国が守ってくれないのなら・・・ 

 

(2)で説明したように、韓国の「領土占領・漁民拉致」に対して「占領を許し、巨額の身代金を払う」と反応したことが、さらなる災厄を招きました。

 

まずは北による日本人拉致を誘発したとも考えられることです。日本は海洋国家でありながら「海洋領土防衛」の意識が弱く、簡単に不審船や潜水艦の侵入を許し、拉致を実行させてしまったのです。

当時は準同盟国であった韓国に対し、もし毅然とした態度で報復していれば、結果は違ったものになったでしょう。「おまえらが日本の国民に危害を加えるなら、もう支援してやらないからね。勝手に北に吸収されて、『将軍様マンセー』と一生叫んでろよ」と突き放すべきだったと思います。竹島も奪われずに漁民は釈放されたかもしれません。

そうなっていれば、北も日本人を拉致するときにもう少しリスクとリターンを計算したでしょう。しかし過去の実績を見るとどうも「日本人にひどいことをしてもペナルティはなく、むしろおいしい思いができる」という予測しか出てきません。だから彼らは日本人を次々に拉致し、自由に暴れまわったのでした。 

 

ならず者に対して譲歩する方法は、その時は「よかったよかった」で済むかもしれません。しかし彼らはさらなる危害を日本人に加えて、それに対する「対価」を要求します。一部の人が助かっても、他の人々をもっと大きな危険にさらすのです。

北朝鮮は、アメリカ・イギリスから国民を拉致しましたか?

いいえ。必ず報復をするとわかりきっている怖い国に対して、そんなことはできません。それよりも報復をしないと思われる日本人を拉致して難癖つけたほうが、ずっとリターンが高くてリスクがないのです。結果として日本人ばかりが狙われることになります。

日本の拉致被害者は20数年の歳月をかけて一部を取り戻せましたが、それでもまだ北にいると思われます。それどころか、拉致被害者と認定されていない人も多いと思われます。 

 

次に思い浮かぶ被害者は、日本海側の漁師さんたちです。 

日韓漁業協定では竹島の領有権問題を一時棚上げし、その近辺の海域を日韓で「共同利用」することになっています。しかし現実には韓国側の警備艇が日本漁船の操業を許さず、一方的に韓国漁船だけがその海域を使えるというのが実情です。

中国・韓国・北朝鮮との交渉で「共同利用・共同開発」が油断ならないのは、約束が守られた試しがないからです。

これは竹島でも、東シナ海ガス田でも、いたるところで行われています。日本人はお互いに妥協して仕事を進めますが、彼らは相手を叩き潰して仕事をしますので、「共同」という甘い言葉に乗るとすべてを奪われてしまうのですよ。

 

お互いに譲れませんな。じゃあ共同利用ということにしましょう
        ↓
中国・韓国・北朝鮮は武力で日本を排除
        ↓
文句を言っても無視
        ↓
こちらも武力で対抗しようとすると「軍靴の音がああ!」「歴史を反省していないい!」「アジア民衆の心を傷つけるうう!」と騒ぐ
        ↓
日本が疲れている間に既成事実を積み上げ、完全に我が物とする

 

もうひとつ、彼らがなぜ日本の海洋資源を奪おうとしているか説明しましょう。中国・韓国・北朝鮮は、もう国内が立ち行かないのです。

中国は環境汚染でボロボロ。農薬や化学品の廃棄で土壌汚染が進む。北京の間近にまで砂漠が迫っています。当然ながら海洋汚染も深刻で、「魚がいるの?」という感じです。
googleマップで海の色を比較してください。
http://maps.google.co.jp/?t=k&om=1&ll=32.398516,126.628418&spn=8.250718,14.80957

 

それらの国では、「魚の養殖」という産業が成立しません。なぜなら目の前の生け簀に魚がいれば、それが誰のものかなんて考えずに盗んでしまうからです。魚を育てるために山に植林して、産卵用の漁礁を作る日本人とは正反対です。

魚だけ盗まれるのならいいのですが、道具までみんな盗まれてしまいます。「そんなもの盗んでどうするの?」というのは先進国民の考えで、彼らは「盗んだ後にどこに売るか考える」らしいのです。養殖が成り立たずに乱獲した結果、魚の数が激減しました。

で、どうするかというと日本のEEZにまで入り込んで密漁するのです。それに対しては日本の海上保安庁や水産庁ががんぱってくれてますが、予算に限りがあるので捕まえることは難しいです。さらに韓国の海上警察が密漁船をサポートし、自国領海に逃げ込めばセーフの状態にしてます。つまり、

国を挙げて、密漁をビジネスにしている

ということです。当然ながら日本の魚はそれらの密漁団に奪われ、ひどいときには漁具を壊されて、日本の漁師さんは仕事になりません。

 

これに対してついに立ち上がったのは、島根県議会の議員さんたちでした。2月22日を「竹島の日」と定め、それを国内外にアピールすることにしたのです。当日は韓国の議員がカッターを持って乗り込んだため騒ぎとなりましたが、島根県は冷静にしかし粘り強く自分たちの領土を守ろうとしています。

参考:フォトしまね
http://www.pref.shimane.lg.jp/kochokoho/photo/161/

 

これは本当は、日本政府がやるべきなんですよ。しかし政治家や官僚が何を考えているのかわかりませんが、「中国様・韓国様に逆らってはいけない」という信仰があるようで、島根県の決断に対しては距離を置いた反応をしています。今年に入って「竹島は日本の領土」という教育を徹底しはじめましたが、全体としてはまだまだですね。つまり島根県にしてみれば、

国が守ってくれないのなら、
自分たちで生活を守るしかない

と考えて、しかたなくやったことなのです。

 

日本の危機は、ここにあります。

一部の官僚・政治家・マスコミは国民の生命と財産を守るどころか、積極的にそれを仮想敵国に差し出そうとしています。それを感じ取った国民は不安を募らせ、政府に託したはずの「防衛」を自分でやりはじめようとしているのです。

  • 税金は払わねえよ。だって俺たちのためには使われないんだろ?
  • 民間武装しようぜ。だって警察は国民を犯罪から守ってくれないんだもん。
  • 外国が攻めてきたら、別の政府を作るかな。だって今の政府は敵なんだもん。

 

こういった感情が蔓延すると、先進国とは言えない状況になります。ここまで考えている人はまだ現実には少ないですが、ネットではちらほら出てきています。そしてネット社会は現実社会に2年以上先行しますから、潜在的にはかなり強い「意識」になりつつあるのではないでしょうか。自分はそのような空気を感じ取っています。

こういった変化を、官僚や政治家は感じられないのでしょうか。それとも、国を売って得られるささやかな幸せを手放せないのでしょうか?ODAなどのキックバックで小銭を溜めたいのかもしれませんが、国民の怒りは限界に達してますよ。

それを敏感に感じ取って日本が普通の国になるか、それともこのまま奴隷国家の地位を確定するか、「重要な岐路にある」というのはそういうことです。

 

ふう。だいぶすっきりしたので仕事に戻ります。

« 竹島問題の本質(2) よみがえる「李承晩ライン」 | トップページ | 竹島問題の本質(4) 領土問題であることを隠す人々 »

コメント

こんにちは。
初めて投稿します。ブログいつも興味深く読ませて頂いてます。
日本人として、ホントに心配です。政治家、
官僚があまりに外交が下手(無能?)なので
いつもストレスが溜まっています(怒)
もし民主党が政権を取ってしまったら、考えただけでもゾッとします。ブログにも書いてありましたが、国防という観点から自民党が選ばれているというのは、その通りだと思います。その自民党でさえ、これですから。
ただ国民も、もっと情報というものに注意を払い、思慮深くなるべきです。このままでは
アメリカがトランスフォーメーションでグァムに引き上げたら中国に占領されてしまいます。中国に支配される位ならアメリカのポチの方が100倍いいです。漢民族には人権、自由という発想はありません。国を守る為には最終的な手段として、戦争という選択肢もそろそろ考えるべきだと思います。

大和さん

いつもありがとうございます。

おっしゃるとおり、これまでの日本は外交がダメダメでも何とかなりました。しかし債権国として成熟するにつれ、成長が鈍っても国力を維持する技術を身に付けるときにさしかかっていると思います。

私も「生存権のない中国の奴隷」より、「貢献すれば豊かな生活を保証されるアメリカのポチ」のほうが幸せだと思います。しかしそれも自分たちで国を守る力があってこそなんですけどね。

戦争という選択肢については、(5)で詳しく説明しようと思います。戦争という選択肢がない国は、かえって国を危険にさらすという話です。

初めて書き込み
中華と朝鮮と赤と創価を日本から追い出さない限りは日本国民の意識がそういったことに向かないんでしょう
自分も左翼な先生に社会を教えてもらってたんですけど数年前にまちがいと分かったわけですよ。
取り合えず
世界経済共同体が主権を取るのはいつの日か
冗談ですが

Eさん

どんな世界にも意見が違う集団が存在します。それらは簡単になくなりませんし、なくなったところでまた別の組織がそのポジションを埋めるだけです。同じ集団であっても時代とともに考え方を変えたり、自分は変わってないのに他が変わってしまったおかげで相対的に変わったように見えたり、その存在意義は流転します。

意見が違う集団がすべていなくなったとしても、今度は些細な違いを巡って仲間同士の対立が始まるでしょう。たとえば世界がイスラム教徒だけになったとしても、今度はシーア派とスンナ派みたいな感じで争い始めるでしょう。異質な組織・思想とどう付き合ってゆくかは終わることのない問題だと考えます。

自分としては健全で豊かな考え方を広げたいんですがね。そのためにはまず自分たちがしっかりして、知識や問題意識を共有することが大事だと思っています。

[url=http://www.lasersailing.dk/forum/topic.asp?TOPIC_ID=331]roulette online[/url] http://www.lasersailing.dk/forum/topic.asp?TOPIC_ID=331 online roulette poker http://www.cilgin-bedis.com/forum/topic.asp?TOPIC_ID=538 [url=http://www.cilgin-bedis.com/forum/topic.asp?TOPIC_ID=538]spielen sie poker online[/url] online poker spiel http://www.larviknett.com/forum/topic.asp?TOPIC_ID=372 [url=http://www.larviknett.com/forum/topic.asp?TOPIC_ID=372]dave hollister ringtone[/url] dave hollister ringtone http://www.winchellswebworks.com/andorc/forum/topic.asp?TOPIC_ID=176 [url=http://www.winchellswebworks.com/andorc/forum/topic.asp?TOPIC_ID=176]madonna ringtone[/url] madonna ringtone http://www.exceptiona.com/FORUM/topic.asp?TOPIC_ID=459 online slot machine [url=http://www.exceptiona.com/FORUM/topic.asp?TOPIC_ID=459]casino slot[/url]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/1486252

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島問題の本質(3) 国が守ってくれないのなら・・・ :

» 竹島周辺調査へ [Naoko抄]
{{{日本と韓国の間で領有権をめぐり対立が続いている竹島(韓国名・独島)周辺海域の海洋調査にあたる海上保安庁の測量船が18日、東京を出発した。 竹島周辺海域で20日ごろから調査を実施するとみられる。  韓国の潘基文外交通商相は18日「独島問題が韓日関係よりも優先されるというのが政府の基本認識」と述べており、調査開始で日韓関係の一層の悪化が懸念される。  関係者によると、測量船はいったん鳥取県・境港に入港。20日に出港し、調査海域で海図を作製するため測量などを行い、26日に境港に戻る予定。 ..... [続きを読む]

« 竹島問題の本質(2) よみがえる「李承晩ライン」 | トップページ | 竹島問題の本質(4) 領土問題であることを隠す人々 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク