新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 竹島問題の本質(4) 領土問題であることを隠す人々 | トップページ | 竹島問題の本質(6) そして、タフな戦いへ »

2006年4月23日 (日)

竹島問題の本質(5) 国家とは何か?

 

おおっ、なんだかやたらアクセス数が増えている!
昨日だけで1万件なんてスゴイねえ。

と思ったら、2ちゃんねる「東ア」からのお客さんたちか。たくさんリンクしてくれてありがとさん。コメント欄にもいくつかありがたいご指摘があったので、関連スレを斜め読みしながらご返答申し上げます。

ほとばしる熱いパトスで書きなぐったもんだから、間違いが多かったです。ごめん。

================================================
広大な「海洋領土」の奪い合い

「領海という言葉を知らないんじゃないの?」という指摘をいただきましたが、さすがにそれは知ってます(笑)。 EEZと大陸棚を指して「海洋領土」と表現してみました。確かに「領」の字をつけるのは不適切かもしれないんだけど、「莫大な海洋権益」だと領土問題と同じという感覚が薄れるのでこうしました。ちょっと変だけど許してね。

================================================
(訂正前) 死者39人
(訂正後) 死傷者44人

これは完全に俺の記憶違いね。死傷者44人のうち「死者39人・負傷者5人」と覚えていたんだけど、それは逆で「死者5人・負傷者39人」でした。抑留者についても2,791人だとテレビでやっていたみたい。すると「拿捕4000人弱、抑留2800人弱」ということかな。ウラが取れたらこれも訂正します。

================================================
Cindyさんからのご指摘

大陸棚(領土の自然の延長をたどって大陸縁辺部までの海底)が続く限りは大陸棚として認められるものかと。大陸棚が200海里に満たない場合は200海里までを大陸棚ということにできるというだけで。(国連海洋法条約76条1項)

それとEEZと大陸棚の境界の確定は中間線基準ではないですね。衡平な解決を達成するために各国が合意により行う(国連海洋法条約83条1項)となってます。衡平な解決には歴史的事情や現実の使用状況などが考慮されると言われています。まあ、どうしようもなければ中間線に落ち着くのは事実ですけれど。

それとEEZと大陸棚の境界は必ずしも一致するものでもありませんね。EEZと大陸棚とでは目的とする権利が違うので、大陸棚の方がEEZより広いなんてこともありえます。
***************************************************

勉強になりました。ありがとうございます。

ただ、東シナ海で中国が沖縄のすぐ近くまでEEZを主張しているのは、大陸棚を根拠にしていたと記憶しています。するとたとえばEEZが日中中間線で、中国の大陸棚が沖縄のすぐ近くまで認められたら、その間の日本のEEZでは鉱物資源の開発ができなくなってしまうということでしょうか? EEZにも大陸棚にも「天然資源の開発等に係る主権的権利」が認められているので、権利がバッティングするような気がします。http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/soudan/ryokai.html

まあどのみち
調査・開発しなければEEZや大陸棚の境界確定において不利になる
ということは確実なようですがね。

∑( ̄ロ ̄|||)  ハッ!  

「現実の使用状況」が問題になるなら、東シナ海のほうがヤバイかもしれん!
こっちもさっさと調査や試掘を始めて、「妨害された」という実績を作っておかなきゃ!
================================================

 
 
これを書きながら考えているのは、正直で誠実なのは日本人の美徳であると同時に、悪い病気なんだろうなあということです。

だってどう考えても韓国のほうが立場は弱いのに、日本のほうから「測量させてくださいよお」「話し合いしてくださいよお」「無視しないでくださいよお」と懇願しているからです。なんだかあと3手で勝てる将棋を、千日手で引き分けにしてしまうような抜群の外交センスです。

こんなものしれっと調査して、妨害されたら「またやられたあ!!!」って全世界に向けて大騒ぎすりゃあいいんですよ。そんなことを言っていると「右翼」なんて呼ばちゃうんですが、それは誤解です。どうやって安全で快適な生活を低いコストで維持するかを考えると、どうしても暴力に対する備えが必要になります。

逆説的ですが、

戦争をしないために武装し、
戦争をしないために情報戦に勝つ

という結論になるんですな。

 

戦争を実際にやるのは下策です。戦争をやると国力が消耗しますし、人心も荒れます。常に外交の舞台で優位に立ち、国益を損なわないようにするのが理想です。

そういう意味で言うと、日本の「土下座外交」は危険極まりないです。難クセをつけられるたびにヘコヘコして、悪くもないのに謝って、国内を増税して外国にカネをばら撒いていたら「こいつらには何をやっても平気だ」と思うでしょう。「この条件が飲めないのであれば、戦争しかないですね」といえば、何でも要求を飲ませることができるわけですから。

日本人は決してガッツがないわけではないし、むしろプライドが高くて負けず嫌いだと思いますが、ストレスをなかなか表現しないのが玉に瑕です。そして譲歩に譲歩を重ねたあげく、ブチ切れてついに爆発するのです。これでは国際社会で悪者にされる確率は高くなります。

今の日本の外交を見ていると、昔と同じ失敗をしているような気がします。おそらく国民の側も同じで、ガマンにガマンを重ねた挙句にぶち切れて、政府を戦争へと追いやったのかもしれません。非常に危険な兆候だと思います。

以下、巨大掲示板で見つけたお気に入り↓↓↓
********************************************************
チャーチルの「対日世界大戦回顧録」から

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。 笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手をねじ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。
それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。
すると議会は、いままで以上の要求をしろという。

無理を承知で要求してみると、今度は笑みを浮かべていた日本人がまったく 別人の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話のわからない人だ。ここに至っては、刺し違えるしかない」と言って突っかかってくる。

英国はその後マレー半島沖合いで戦艦プリンスオブウェールズとレパルスを日本軍に撃沈され、シンガポールを失った。
日本にこれほどの力があったなら、もっと早く発言して欲しかった。
日本人は外交を知らない。
********************************************************

 

私は国家とは
「国民を守るための規律正しい暴力団」
だと考えています。

お店からみかじめ料(用心棒代)をもらう代わりに、チンピラが難癖つけてきたらそれを撃退する。店同士でもめごとがあったら仲裁することもある。そしてカタギの人にはむやみに暴力を振るわない。という意味です。

もしその組がみかじめ料(税金)だけもらっておいてチンピラを撃退できないのであれば、それはただの搾取組織です。カネを払う理由はないでしょう。もっと力のある組に守ってもらうか、自分たちで自警団を作って戦うかです。

本当は自警団なんてめんどうだし効率が悪いから「戦闘のプロ」として武士団や軍隊が発達しました。しかし歴史の変わり目にはその「規律正しい暴力団」が社会を維持する力を失い、他の組に取って代わられます。明治維新のときは、「江戸幕府では国を守れない」という危機感が、討幕運動につながりました。

さて、今回はどうなるのでしょうか?

ゆっくりと普通の国になるか、それとも奴隷国家になるか。

自力で「維新」をなしとげることができるか、あるいはブチ切れるまでガマンして突然暴れ出すか。

重要な岐路であることは間違いないようです。選挙も荒れるでしょうね。

  
日韓の話し合いの結果が出たようです。
ちょっとヘコんでいるので、1日おいてレポートします。(続く)

« 竹島問題の本質(4) 領土問題であることを隠す人々 | トップページ | 竹島問題の本質(6) そして、タフな戦いへ »

コメント

初めまして。
現在は、数百年後の教科書で「東京時代」と呼ばれる時代の末期なのかもしれないと考え始めています。明治維新で生まれた東京幕府がヤバイなら、選挙も大した意味が無い (自民党も民主党も所詮は幕内勢力) ような気がして、私もヘコんでます。

liberolifeさん

ブログ拝見しました。「刀伊の入寇」ですか。全然変わっていないことに大笑いしてしまいます。こういうとき「極右政党」が出ると、あっというまに政権を取りそうですね。そして気がついたら世界を相手に戦争しているという…。

ここにも竹島問題を、日本の領土問題全般に絡めた人が居られたのですね。

熱いパトス、受け取りましたぁ。

naoさん

ありがとうございます。今回の妥協には不満ですが、少しだけ理解が進んだことは良しとすべきかもしれません。長い戦いになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/1503063

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島問題の本質(5) 国家とは何か?:

» と思ったらやっぱり日本勝利? [チンカラホイ]
竹島問題で敗北を喫したと怒り収まらない中、色々調べておりましたら、、、以下の文を [続きを読む]

» 竹島問題の本質 [孤高]
[http://wildinvestors.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/1_8ec4.html:title=(1) 広大な「海洋領土」の奪い合い] [http://wildinvestors.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/2_e5ec.html:title=(2) よみがえる「李承晩ライン」 ] [http://wildinvestors.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/3_49a7.html:t... [続きを読む]

» キムチ臭い人との付き合い方 [北のランダム・ウォーカー]
結論は出たわけですけど、皆さん今回の件で何かやりたくて、ウズウズしてません?(^^) 私は下記の場所に頑張れ&ファッキューメールを出したんですよね。 今からでもワイルド・インベスターズの皆さんも出されたらいかがでしょう? 以後、何かイベントがあるたびにメール攻撃をするといいんじゃないでしょうか? 頑張れメール宛て先 海上保安庁 http://www.kaiho.mlit.go.jp/shitugi/iken/iken.html 首相官邸 http://www.ka..... [続きを読む]

» セカンドベスト [珈琲党の呟き]
Excite エキサイト : 政治ニュース 外交交渉に完勝はありえない、と思っています。 今回は政府および外務省を評価すべきでしょう。 問題の先送りに過ぎない、という批判も当然ありえますが、海底名称問題と領有権が密接にリンクしているため、ここで決着をつけることはできない相談でしょう。 妥協しすぎ、甘すぎる、とも思いません。 そもそも調査自体が韓国によるIHOへの海底名称提案へのカウンターである以上、提案を先送りさせることに成功した以上、調査を強行する理由は日本側にはない。もちろん、日本... [続きを読む]

« 竹島問題の本質(4) 領土問題であることを隠す人々 | トップページ | 竹島問題の本質(6) そして、タフな戦いへ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク