新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 遺棄化学兵器と自民党総裁選 | トップページ | ウェブ進化論(2) -- 知の世界の再編 »

2006年5月28日 (日)

ウェブ進化論(1) -- 日本国民必読!

私はふだん、同じ本を読み返したりしません。

まれに重要な本に出会うと、折に触れて何度か読み直します。しかしそれでも赤やら青やらの線を引きながらひとつの本をむさぼり読んだのは、幼稚園のとき以来のことでしょう。

ウェブ進化論 --- 本当の大変化はこれから始まる

梅田望夫

Photo

 

 

 

 

 

私は1994年に初めてインターネットに触れ、テクノロジーの変化があらゆる業界の競争条件を変化させることを予感しました。情報の非対称性で利益を上げている業界はただの「仲介屋」で存在することを許されず、強烈な中抜き圧力(ディスインターミディエーション)の中で変化を迫られると。金融業界もそれは同じで、私もそのとき勤めていた銀行内で提言などしていましたが、なかなか大きく舵を切ることができずにもどかしい思いをした覚えがあります。

あれから10年経って、予想していたことがかなり現実になりました。20行の大手銀行がいくつかのグループに集約され(私はグローバルな邦銀は2行以下になると予想してました)、コンビニに共用ATMが置かれるようになり、人々はネットを使って比較検討しながら買い物をしています。自分としては、「社会のインフラとしてネットが整備されたから、これからはコンテンツの勝負だな」と思っていました。

ところが、筆者の梅田さんは「今までは試行錯誤の期間であり、本当の大変化はこれから始まる」とおっしゃいます。そんなバカなと思いつつページをめくると、過去にあったブレイクスルー(内燃機関・鉄道など)やシリコンバレーの歴史などを例にとり、テクノロジーがゆっくり浸透し、大きく社会を変えて行く過程を描いています。

今現在、ネットの「あちら側」で何が起きているのか?
日本が「こちら側」にこだわっているうちにアメリカでは「あちら側」のアーキテクチャに手を突っ込みどれだけ地力の差が開きつつあるか、非常に興味深いいくつかの観点から「ネット社会vsリアル社会」の対立(そして融合)を俯瞰しています。

 

梅田さんの議論を私なりに延長してゆくと、

  1. 貧富の差はグローバルにますます開く。今みたいなもんじゃない。(ここは梅田さんの意見と反対)
  2. ネットの恩恵を受けられない人々はジリ貧になる。独裁国家は言論の規制を強め、さらに貧しくなる。彼らは暴力によって劣勢を打開しようとするだろう。
  3. 既存の権威が揺らぐと同時に、社会や国のありかたも考え直されるようになる。
  4. 高度なネット技術を持った人々が、投資業界に参入してくるはず(もう何人か知ってるけど・笑)。内輪の競争に目を奪われていると、日本の金融・投資業界はまた敗北する危険がある。
  5. 伝統的な投資尺度は今後も有効だと思うが、成長株の判断は難しくなるかも。

Googleが標榜する「本当の民主社会」は、彼らのテクノロジーによって実現可能となりました。いずれ世界中のHPやブログに書かれている文章を解析して、「みんな市場に対して強気なのか弱気なのか」を判断することもできるようになるでしょう。今までになかったサービスが出現し、ビジネスとして成立しなかった作品が世に出て、創作意欲にあふれた人々にとっては天国のような時代になると思います。

ただそういった楽しい想像の裏側には、それについて行けない人々、面白く思わない人々がいるはずです。情報の流れを遮断することで生き残ってきた人・会社・国は、死に物狂いで妨害しないと生きて行けません。長い間にはテクノロジーが社会を変えてしまうという意見には賛同しますが、そこに至るまでには血生臭い抗争もありうると予想します。

 

ディープなネタなので、何回かに分けて説明します。(続く)

« 遺棄化学兵器と自民党総裁選 | トップページ | ウェブ進化論(2) -- 知の世界の再編 »

コメント

初めて書きます。

サーチエンジンの会社(Google)のIPOでなぜそんなに盛り上がるの?とボケていた私に梅田さんの本は強烈なショックでした。Googleの意味がわかると人生の戦略(?)の見直しを迫られるように感じます。

その上、安間さんに「日本国民必読!」とまで書かれ、ますますインパクトが大きくります。

続編を楽しみにしています。

ゲリラ1号さん

私もそうですよ。「たかがサーチエンジン会社が騒がれとるのお」と侮っていました。しかしおっしゃるように、人生の戦略を見直すぐらいのインパクトなんですよね。

では、徐々に述べていきます。

>血生臭い抗争もありうると予想
私も同じ予想です。既得権や権威をはがされる苦痛は、経済的な痛手を超えた問題で、(ホントはそんなことなくても)「お前の存在は無意味だったんだよ」と突きつけられた!と感じてしまう人も出るでしょうから。

いつもどうもです。

>独裁国家は言論の規制を強め、さらに貧しくなる。彼らは暴力によって劣勢を打開しようとするだろう。

おそらく中国とか、韓国・北朝鮮とか、日本とかのことですね。

やはり貧乏はそれ自体が悪ですなあ。

情報商人・岩元貴久のHPに同じコメントが5つ
「私も本書を友人に紹介したところ、目からウロコでした。友人・安間さん。
投稿者 グロスクリエイト 南山」

情報商人・岩元貴久さんのセミナーにご出席されます?

Lobero Lifeさん

本当は人生を否定されたわけじゃなくて、「方法を変えろ」と教えられているだけなんですけどね。しかしそれがわからない人は、自分を変えずに世の中の流れを暴力で止めようとするわけです。いやはや、そうはなりたくないものです。


お忍びのもの書きさん

いえいえ、どの国とは言いません(笑)。ただし一般論として「貧すれば鈍す」ということは真理でしょうね。こちらとしてはそうならないように、早めに対処するだけです。


南山さん

南山さんから推薦された本を、「また推薦」してしまいました。本当に良い本を教えていただき、ありがとうございました。岩元さんのセミナーはいつですか?

Google の Web-Based Spreadsheet
もし仮にGoogleのマシンパワーが使えるとしたら、すんごい重いモンテカルロシミュレーションとかが一瞬で終わっちゃったり、計算のアルゴリズムをより洗練させて、レスポンスや使い勝手を高めるなんてことになるかも
Date: Mon, 5 Jun 2006 18:13:44 -0400 (EDT)
Subject: WSJ TECH ALERT: Google Plans Web-Based Spreadsheet
Google plans to release Tuesday a Web-based spreadsheet application, the Internet giant's latest challenge to Microsoft's core PC software business. Google Spreadsheet will be made available on a limited test basis.
Spreadsheet documents users create will be saved on Google computers.
That will allow consumers to give other users access to view and edit them over the Web. Multiple users will be able to simultaneously edit the same spreadsheet, and type messages to each other in a separate window.


小川さん

最近は端末の性能も上がってモンテカルロを手軽にできるようになりましたが、これをネットの「あちら側」でやれるようになったらもっと速いんでしょうね。

しかしそれ以前に、ソフトのインストールといった概念がなくなってしまうかもしれません。つまりこちらはコマンドやデータソースを指定するだけで、カスタマイズされた結果がアウトプットされるという具合にです。

これこそまさに梅田さんの言う「高速道路の先の大渋滞」ですね。単にシミュレーションができるというだけでは、投資のプロとして認められなくなる日が来るかもしれません。

恐ろしや恐ろしや…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/1977273

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ進化論(1) -- 日本国民必読!:

» 10000円引き!「アービトラージFX」 [情報商材・激安ディスカウントショップ]
【値上げ決定!12月31日までです。この価格は!!】取引レートの時間差を利用して毎月100pipsをノーリスクで「物理的に」稼げる 検証作業さえ不要の【超短期!】アービトラージFXなんと!10000円引き!!【値上げ決定!12月31日までです。この価...... [続きを読む]

» 取引レートの時間差を利用して毎月100pipsをノーリスクで「物理的に」稼げる 検証作業さえ不要の【超短期!】アービトラージFX [FX情報商材 一刀両断]
取引レートの時間差を利用して毎月100pipsをノーリスクで「物理的に」稼げる 検証作業さえ不要の【超短... [続きを読む]

« 遺棄化学兵器と自民党総裁選 | トップページ | ウェブ進化論(2) -- 知の世界の再編 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク