新刊出来!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 昭和天皇が合祀に不快感? | トップページ | 昭和天皇が合祀に不快感?(3) »

2006年7月24日 (月)

昭和天皇が合祀に不快感?(2)

この記事に続いて、日経新聞が紙面で検証を始めました。

残念ながら「メモが本物か」「本当に陛下の発言か」といった疑問に対して納得できるような説明はいまだありません。しかしこのまま、検証作業を続けてもらいたいと思います。

 

通常、このような資料は

  • 天皇陛下のご発言が世論や政治に影響を与えてしまう恐れ
  • 公務員の守秘義務
  • 関係者のプライバシー

などの観点から表に出てこないのが普通です。しかしいまだに宮内庁からも文句が出ないのですから、それらの問題点はすべてクリアしているのでしょう。これは貴重な情報源だと思いますよ。

せっかく膨大な記録があるのですから、ほんの1ページほどの引用で終わらせることなく、各界の専門家を動員してメモをすべて検証して公表してもらいたいですね。

大丈夫ですって!
仮に陛下が「竹島を武力で取り返せ!」と発言していたとしても、それを政治利用しようなんて思いませんから(笑)。

 

で、ひとつお詫びがあります。

前回の記事でwikipedia「日本の戦争犯罪」の項目を引用し、「赦免を勝ち取った」と表現しました。しかし引用部分の続きを読んでみると、「戦犯の釈放や赦免を求める決議案は何れも国会において圧倒的多数で可決された」ものの、A級戦犯については赦免(罪や過失を許すこと)は行われていないようですね。減刑により刑期満了で出所したそうです。ということは国内法では戦犯はいないとしても、戦勝国は赦免などしていないと。

wikiですから内容が変わったのかもしれませんが、保護されている項目ですから私の見落としだと思います。誤解を与えてすみませんでした。

   m(_ _)m  ごめんなさい

刑期を満了したのですからそこでいったん許されるというのが通常の法治国家ですし、法学者たちは事後法で裁いた東京裁判自体に疑問を持っているようですから、A項戦犯を靖国に祀ったところで戦勝国はあまり文句を言わないのかもしれないですね。で、文句を言ってくるのは戦勝国でもなく法治国家でもない3カ国だけだと。ここまでは納得です。

 

ただし、例の3ヶ国やその影響下にあるメディアが騒ぐのは無視しても構わないと思いますけど、実際の交戦国(特に米英豪)の人々はどう思っているのだろうかとちょっと気になります。

私の個人的な意見を言わせてもらえるなら、日本でテロを行い、言論を統制し、大陸にのめり込んでアメリカと戦争した全体主義者たちはかなり嫌いです。A項戦犯だけが悪いわけではないにしても、その中心だったということで国賊と言っても良いでしょう。しかしそんな彼らでも墓や社に入れてもらう権利はあるし、それを家族がお参りする権利もある。あとは極めて日本人的に、「祟られるとイヤだから、祀ってしまおう」という考え方にも違和感はありません。A項戦犯合祀に対して、「国内的には問題ないだろ」と思うのはそういう理由です。

しかし一方でアメリカ人たちにとってもあれは「正義の戦い」であり、それを否定することは自国の戦没者の手前できません。「ファシストとの戦い」という大義を失ってしまうと、空襲や原爆で市民を虐殺した事実がクローズアップされてしまいます。

 

そう考えると、A項戦犯合祀で昭和天皇が参拝できなくなったという説もある程度は理解できるような気がしてきました。というのも彼らは国を破滅に追いやりましたが、皇統を守るためにせめてもの償いとして自分の命を差し出しました。自ら人身御供となることで、皇室に累が及ぶことを回避したわけです。

するとそれによって助けられた陛下は、(たとえ本心は違っていたとしても)少なくとも表向きは「みんなこいつらが悪いんですわ」という顔をして生き延びなければなりません。ヘタに庇いだてして「やっぱりお前が主犯だったんだな!」と断罪されてしまえば、自分を庇って処刑された臣下(もちろん、好きな臣下も嫌いな臣下もいたはず)を犬死にさせたことになるからです。

A項戦犯が合祀された後参拝して「東京裁判を否定するつもりなのか?」とアメリカが解釈したら、皇室が危機に陥る可能性がある。陛下が戦争を主導したとはほとんどの人が思っていなくても、身の潔白を証明するためにはA項戦犯と親しくしてはならない・・・そう考えると、陛下のお立場は気楽な我々とは違うんでしょうな。あくまでも私の邪推ですが。

 

日本と米国は現在、緊密な同盟関係にあります。だからお互いに真珠湾のことも、空襲のことも、原爆のことも、靖国のこともお互いにうるさく言わないお約束になっています。しかしもし「海洋国家同盟」英米豪の人々が靖国参拝に嫌悪感を示し始めたら、柔軟な対処が必要になると思います。そのときは自分の感情にこだわらず、国益を優先して判断したいですね。仲間内でケンカしてたら次の戦争に勝てないですから(笑)。

その一方で、靖国神社に戦争神社(War Shrine)のレッテルを貼って潰そうとしている連中のプロパガンダに負けないよう、日本人の文化・宗教観・生死観を世界中に理解してもらうよう努力しなければなりませんな。

  

今回は右翼っぽくなくてすみません。

国益重視の現実主義者

の意見ということで、ご了承願います。

« 昭和天皇が合祀に不快感? | トップページ | 昭和天皇が合祀に不快感?(3) »

コメント

何回も書き込みをして申し訳ありません。

広告の件ですがボクのサイトもバリュークリックの審査を通った優良サイトでしたが「自分の意見」を書き出してからはDVDズーの広告しか入らなくなりました。そんなもんです。

ここに1つ問題があります。それは売国行為はビジネス・モデルとして確立され実際お金を生みます。対して「真実を求め捏造を排す」行為は全くお金を生まないことです。これこそ投資家が考えることではないでしょうか?

真実を求める考察が右翼なんでしょうか?たまたま今は右翼的に見えるだけでは?問題はむしろ情報を歪め捏造する「真実に興味のないエセ知識層」にあると思います。

英語国民がどう考えているか、これは非常に重要です。英語記事を読んでるかたは十分、理解されてると思いますが日本は西側諸国ではありません。英語ではWestern countries and Japanと書かれることが多いようです。
そういう意味ではホロン・ホロンな「日本は孤立している」という主張は嘘ではありません。日本は文明レベルで欧米ともアジアとも違う独自路線を歩んできたのですから。

竹島問題も国際裁判で負けてもいいんです、相手が十分な証拠を出せば。そういう法治主義を否定するたちが日本の周りにいるから対抗上こちらも下品な行為もせざるをえないんです。

最後にwiki Japanで検索して見てください。そこには「あまりに改ざんが多いためこの項目の編集は制限されてる」と書かれています。こんなことが書かれているのは日本とイスラエルだけです。

今、一番必要なのは真実を求める行為がペイするビジネス・モデルの確立では?

やっぱり、例のメモ昭和天皇の発言かどうか怪しいと思いませんか?

2chで詳細に調べてる方のブログ見ると
藤尾文相の発言と思いっきり書いてあるけど
TVではその部分が、なぜかカットされてますよね。

しかし宮内庁はなにも言ってこないし、確かにこれはしっかり専門家に検証してもらいたいです。メモ1部分ではなく、その前後数ページも公開すべきだと思います。

読者さん

まさにおっしゃるとおり、「売国はカネになるけど、愛国はカネにならない」というのが構造的な問題だと思います。

しかしそれでも世の中は良い方向に動いていまして、ネットによって「カネにならなくとも真実を求めたり、知らせることができる」ようになったということです。

そして今の技術を利用すれば、「愛国しながら収益を得る」ということが可能になると思っています。ワイルドインベスターズはまさにそれをミッションとし、実現してゆく会社なんですよ。


大和さん

ネットでは藤尾さん説も有力でしたが、前後の文脈から徳川侍従長の説のほうが有力に成っているようです。次の記事にリンクを貼りましたのでご参照ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/2775773

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇が合祀に不快感?(2):

« 昭和天皇が合祀に不快感? | トップページ | 昭和天皇が合祀に不快感?(3) »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク