新刊出来!

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 予選突破なるか? | トップページ | 福井総裁の何が悪いのか? »

2006年7月 2日 (日)

日本をサッカー大国にする!(笑)

ワールドカップの日本代表、惜しかったですね。
えっ? 全然惜しくないって(笑)。

わずかな可能性を残したブラジル戦でも番狂わせは起こらず、順当に4-1で敗北してしまいました。体が重そうなロナウドも気持ちよさそうにシュート練習して2点を稼ぎましたね。いつも予選で代表としての調整をしているようなブラジルにとって、仕上げには格好の相手だったのでしょう。

私が予想した「日本代表は予選突破、あわよくばベスト8からベスト4」というシナリオは全然ハズレだったわけですが、サッカーはいつも紙一重ですから。出来の良い日本代表であれば、戦術その他がしっかりしていれば、互角に戦えると思っていました。

しかしまあ、意外と基礎的な部分がしっかりしていなかったんですね。トラップやパスといた技術については前からそうなんですが、そもそもチーム内での約束事があやふやで、パーツごとにバラバラに戦っていた感じです。なんか8年前ぐらいにタイムスリップしたような、ドタバタした負け方でした。

期待が大きかっただけに、ちょっとガッカリしました。
一応「連続アジアチャンピオン」なわけですから。

 

マスコミが過剰に期待を煽るから、落胆も大きいのだ。という意見もあります。
「身の程を知って期待しなければ、ガッカリすることもない」とオトナの意見です。

しかし自分としては、「技術的に上位とはまだまだ差があるけど、それなりに力を発揮すれば今回はけっこうチャンスなんじゃないの」という意味で期待していました。

そういう意味では、緒戦オーストラリアでパニックを起こしてしまったことが悔やまれます。相手が弱くなかったということもあるでしょうが、「これまで積み上げてきたものを忘れて、自分たちのサッカーができなかった」ことが最大の敗因なのでしょう。もっとも大きな舞台で力を発揮できないというのは、それが「実力のなさ」だとも言えますがね。

 

体格がどうの、走力がどうのという話は、現地に行ってからどうなる話でもありません。ノッポでもチビでも、ラグビー体型でもマラソン体型でも、いろんな特徴を持った人がそれぞれの利点を生かしてプレイできるのがサッカーの面白さで、体格が勝負を決める要因ではないのです。現にメキシコは体格がそれほど大きくなくても、実に良いサッカーをします。

走ることに関して言えば、上位チームの選手はいつも走っているようなことはありません。ボールが近くにあっても歩いて休んでいることだってあります。しかしここぞというときに懸命に走って、決定的な仕事をするのです。

特にそのメリハリが顕著なのはアルゼンチンで、「ゴールに近づくほど加速すべしと言っていたJリーグ初代得点王のラモン・ディアスの言葉を全員が共有しているような見事なパスワークでした(残念ながら敗退してしまいましたが)。逆に日本の場合はやみくもに走り回って、肝心なときに体力が残っていなかったような感じです。

 

そこで私は、「日本をサッカー大国にする!」ためにひとつの案を考えました。

それは、「サッカー・テクニカルチャンネル」の創設です。

今のテレビは視聴率を取らないとスポンサーがつきませんから、どうしても。「絶対に負けられないぃ!」「まだまだ終わっていないぃ!!」と視聴者を煽らざるをえません。「テクニカルチャンネル」はそれとは全く逆に、応援も絶叫もなくプロたちがひたすら冷徹に「戦術・技術・選手選び・育成方法・マネジメント」などを極める番組です。

  • 「この得点のポイントは、○○選手が左のスペースに走ってデコイ(おとり)になったことです。ディフェンスが一瞬そちらに気を取られたおかげでシュートコースがボール1個分あきました」
  • 「あの絶妙のパスをこの方向にトラップするようでは、フォワードとしての才能を疑います。コースを塞がれたあげく苦し紛れに相手が詰めているほうの左足にパスを出すなんて最悪ですよ」
  • 「この方向にドリブルで突っかけられると、ディフェンスとしてはイヤですね。エリアへの侵入を許すか、ファウル覚悟で止めるか判断が難しいところです」
  • 「私ならこの選手は使いません。あんな身勝手なパスを出されたら他の選手の気持ちが萎えますから」

こんな血も涙もない辛口の批評ばっかりのチャンネルを作るんです(笑)。誰がゴールしても喜びも落胆もせず、原因と結果だけをひたすら追求する。ポイントとなる局面は何度でもリプレイし、熱が入ると後のプログラムをむりやり変更して延長します。かつての巨人戦のような扱いです。

こんな番組を作るとマニアしか見ないようになりますが、彼らは必ず見るようになります。むしろマニアしか見ないという前提で質の高い番組を作るわけです。

小さい子供やいい年をした大人がそれを見て参考にし、番組に質問や感想を寄せます。良いプレイを集めて教材とし、子供たちはそれを見て練習し、またマニアックな大人たちに批評してもらう。これを繰り返すことによって、日本をサッカー大国にします。

えっ、「それじゃあ視聴率が取れない」って? 

じゃあまず、副音声だけで実験してみましょうか。普通の人は主音声でほのかなナショナリズムを満足させる応援を聞き、それ以外のマニアは副音声でひたすら研究すると。一日中こればっかりやっているチャンネルがあっても受けると思いますよ。

 

いやはや、今回は日本の負け方がショックだったために少し妄想気味に思いを馳せてしまいました。しかし単にみんなで感情を煽って一喜一憂しているだけでは、いずれワールドカップ本選出場すら怪しくなりますよ。

テレビあるいはサッカー関係者の方、ぜひご一考ください!

« 予選突破なるか? | トップページ | 福井総裁の何が悪いのか? »

コメント

スカパーに提案してくれ。頼む!

通りすがりさん。
自分自身で早速メールすべきです。
僕もみたいんで、送信しましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/2475559

この記事へのトラックバック一覧です: 日本をサッカー大国にする!(笑):

« 予選突破なるか? | トップページ | 福井総裁の何が悪いのか? »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク