新刊出来!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« このまま採決を引っ張れば(笑) | トップページ | 昭和天皇が合祀に不快感? »

2006年7月17日 (月)

投資家さん、シートベルトをお締めください

安保理決議、やりましたね。

中国に拒否権を使わせるという手も一興でしたが、まあ今回はこれでいいでしょう。常任理事国でもない日本のリードによって、国連安保理が北朝鮮への制裁に全会一致で賛成したという事実が決定的に重要です。

国連憲章7章に基づく文言を入れるかどうかで最後はモメたようですが、日本にとってはこれを入れても具体的なアクションは取れないところでした。入れてもらえばより強い強制力が生まれたにしても、どうせ制裁する国は制裁するし、支援している国は支援し続けるし、実効性としてはほとんど同じです。ただ常任理事国以外の国が支援を続けている証拠を突きつけられたら、その国も一緒に安保理にかけられちゃうかもしれませんな。

中国はこれまでと同じように、北を支援し続けることでしょう。国連で決めたことでも守らない連中だし、守らないからといって拒否権を持っているから非難もできない。だったらソ連と同じように封じ込めて弱らせ、あとは内部の民族紛争で仲良くやってもらうだけです。

 

それはそうと、国内メディアの慌てぶりがほほえましいですね。 

海外では明確に「北朝鮮制裁決議」と報道されているのに、日本語では単に「北朝鮮決議」としかなっていません。おそらく「制裁が全会一致で可決されたと報道するな!」「中国様が慌てふためいたあげく、譲歩したことを伝えるな!」という指令が飛んでいるのでしょう。

面白いのはCNNで、英語版では「votes for N. Korea sanctions」「impose limited sanctions on North Korea」と明確に制裁を表現しているのに、日本語版では単に「対北朝鮮決議」とされていることです。いやはや、ご苦労様です。

http://edition.cnn.com/2006/WORLD/asiapcf/07/15/nkorea.un.ap/index.html
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200607160001.html

今回前線でがんばってくれた安倍さん、麻生さん、大島さん・・・外務省も良い仕事をしましたね。それにバックアップしてくれた小泉首相、ブッシュ大統領、ライス国務長官以下関係者の方々、どうもお疲れさまでした。

一部マスコミが「日本外交の限界」「中韓と連携を強めるべき」とたわごとをほざいてますが、気にしなくてけっこうです。私の周囲では歴史的転換点になるかもしれない今回の顛末をよく見守っていましたから。

 

しかし中国様は制裁決議に賛成しちまうし、韓国様は採決がなされるやいなや「これまで韓国政府は北朝鮮のミサイル発射に対し国際社会とともに厳重な警告をしてきた」と
    (゚д゚)ハァ?
な寝返りをするし、北の将軍様や軍人様はどんな気持ちなんだろうか?http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=432006071600300

俺なら怒ってミサイルを西に向けるとか、38度線を破って南進するとかやっちゃいそうです(笑)。三馬鹿の足並みを乱してお互いを疑心暗鬼にさせただけでも、今回の収穫は大きかったと思います。カモが抵抗するようになったら、あとは共食いしかありませんからな。

 

とまあ久々に「日本外交の大勝利」だったわけですが、次の軍事的な動きは北朝鮮の再暴発か、その先手を取った中国による北侵攻が本命でしょう(その対抗はテロ。今回の件で日本だけでなく韓国までターゲットになりうる)。

日本としてはその間、国内のスパイをあぶり出して、北に通じるヒト・モノ・カネの流れをこれまで以上に強く遮断することになると思います。このブログでも4月には

「もしかしたら日本の会社もその影響でいきなりガサ入れを喰らったり、融資をストップされることがあるかもしれません。投資家のみなさんも地政学的なリスクが高まっていることを、頭の隅に入れておいたほうが良いと思います。」

日本人拉致問題の深淵(1)(2)
http://wildinvestors.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_6920.html

と警告を出しましたが、最近の水谷建設-NGOレインボーブリッジのように芋づる式にしょっ引かれ、さらに政治家・官僚・財界人にまで波及する可能性があります。今回はアメリカが本気ですからね、ウヤムヤでは済まされないと思いますよ。

マクロ的には景気の心配をする局面ではありません。しかしこういった要因により一時的に株が調整したり、個別銘柄がいきなり暴落する可能性は高まったと感じます(裏を返せば良い買い場ということですけどね)。

 

投資家のみなさん、シートベルトをお締めください。

 

« このまま採決を引っ張れば(笑) | トップページ | 昭和天皇が合祀に不快感? »

コメント

ははは。確かにチャンスが到来ですね。
経済はいいが地政学リスクが大きい。特に今回の北朝鮮絡みで第二次冷戦の到来が見えてきた。「平和の配当」が「平和の税金」に変わるとインフレがあがり株はいったん下・。

ところで韓国は一時期の「1人あたりGDP1万ドルの壁」を大きくクリアーしており、MSCI等で「何でエマージングに分類されるおか?先進国指数に入るべきでないのか?」といった議論が盛り上がっているそうです。
う~む、空売りは難しいな。もっとも得てして本当に先進国指数入り → パッシブの買い → その後暴落、を狙えるかも知れないが・・・。

「すべての武器を楽器に  すべての基地を花園に  すべての人の心に花を  そして、戦争よりも祭りを」を歌ってきた某民主党所属国会議員のかたのコメントを載せます。

http://champloose.co.jp/kina/blog/kina/article

北朝鮮ミサイル発射に関するコメント

weblog / 2006-07-06
文明の無意識は出口を見いだせない。最たるものは軍産複合体であり、先軍政治を執る北朝鮮のミサイル発射に見られる。対話による理解力を失った戦争文明に未来はない。人類は平和文明へジャンプする時が来た。すべての武器を楽器に。

(2006年7月6日 琉球新報 県内政党談話)
/atc00000069

あまり話題になってないようですが・・・・・

まあ投資はいいですが(早速昨日下がったので打診買い)北朝鮮だけでなく世界中がきな臭いですね。
80年のイランイラク戦争や82年のレバノン戦争、90年の湾岸戦争、03年のイラク戦争でも原油価格が上がる中、FRBは利下げモードに入り、日米欧の株価は5~20%程度調整後反発するパターンでした。今回は日株の底はそう深くないと思いますが過去を振り返るとまだ打診買い・・。追加購入余力は残しておく段階・・・。

さて政治に戻ると、今回は日本外交の勝利かもしれませんが今後は手放しで喜べません。北朝鮮は早速45分後には「制裁」に反発、今後さらに瀬戸際外交になるやも知れません。
その場合、日本本土に何らかの影響が出るリスクもありますし、その前に非難決議をしている以上、経済制裁・軍事制裁に日本が参加しないことは出来ないでしょう。軍事行動に参加する覚悟が日本に出来ているのか?そもそも今後予想される北朝鮮の暴発と政権の混乱・崩壊の場合の国家戦略シミュレーションが出来ているのか?
従来の日本外交に不満を持っていたことから今回の成果には快感を感じることも出来るでしょうが、大事なのはむしろこれから。
上記のような議論が少なくとも政府関係者から表面に出ていないのが気になりますね

sさん

おっしゃるとおり、これが金融相場と業績相場の「踊り場」で、浅い調整になると考えています。ただし日株はエマ-ジングっぽい動きをすることを考えると、少し荒れるかなと。

北についてはこれから制裁が進むわけですが、米中冷戦の代理で日本は戦争当事国になります。どうやって戦争を終わらせ、その国をどうするのか。本当はそのあたりから逆算して制裁に踏み切らないといけないんですけどね。

私の脳内シミュレーションでは、軍事行動の後、北に親米親日政権を立てるかどうか考えています。地政学のプロならあの位置に防護壁を置くことを考えるはずだからです。しかし過去の例だとむしろ日本が関東軍に乗っ取られて、日本本土がアメリカへの盾にされちゃいましたからね。今の日本人には難しすぎる技かもしれません。

そういったことを議論しないのが日本らしいというか何というか…ガマンしてぶち切れて突っ走るという国民性は嫌いではないですが、国際社会においては危険なキャラだと思いますね。まあメディアがその役割を果たしていないというのが一番の原因だと思いますが。


読者さん

アーティストは「とにかく平和」を唱える人が多いですが、その平和を誰かが守らなければならない現実を忘れてしまう傾向があるようです。戦ってくれる人がいなければ自分が好きな歌も歌えなくなるんですけどね。

すばらしい理想だと思いますよ。だけどそれはミサイルを撃った連中に言うべきでしょう。是非ともかの国に行って「武器を捨てよう」と説いて回って欲しい(笑)。

「北に親米親日政権を立てる」っていうのは、
北の北側に隣接する国がどう考えても許すはずが
ないので、相当難しいと思うんですが、
そんなことができるんでしょうか?

毎度お世話になっております。

「戦争とは外交の延長である」

「良き隣人とは垣根の向こうに居るものである」

武器を先に捨てろって?? 殺されちゃうじゃん。大体まともでない国と「正常化」交渉やったって意味ないじゃない。但し半島に防波堤造るのは(今の日本では)難しいし、反対。

半島は基本的に放置プレイが原則。北も南も「血」と「恨」が物凄い濃い民族性なので、仮に100年ほど占領しても歴史は繰り返すだけかと。アメちゃんが正義感丸出しで主導して、ひっそりと影で応援するのはいいですけどね。南や朝にガタガタ云われないようにするには・・・

琉球国独立&核武装。日本国、アメリカと安保同盟・最恵国待遇条約締結(台湾は条件と情勢による)。カシノ、オフショア並の税率を許す。米軍からは店賃を取る(実質、日本国が負担)。失業率、核は解決。カシノは韓国カシノに、税率は香港(中国)に打撃を与える予感。

こんなこと言ってると極右って呼ばれちゃうんですかねえ???

隆太郎さん、古川さん

北に防波堤を作るアイディアですが、どうシュミレーションしても「ひどい目にあって泣きながら帰ってくる。または半島の土になる」という結論になりました。よって却下(笑)。

朝鮮戦争から60年経ってアメリカが石もて追われる事や、日本がいまだに逆恨みされている事実からも、あの人々に「援助して感謝される」というのは誰も成し遂げたことがない偉業です。

うまくあそこに楔を打てば、ウイグル・チベットなどの民族が独立しやすくなるかなとも考えたのですが、それはそれで別にやりましょう。

結局、海上に「鉄のカーテン」を張るアチソンラインのような考え方が一番安定しているのでしょうな。

ということで、半島はおさわり禁止。

兵頭ドクトリンの原子力潜水艦12隻に核弾頭つきSLBMで「鎖国」が一番お安いでしょうね。

チベットは悩ましいんですよね。
暗黙の前提(ハリウッドの影響?)として、チベット人はいい人だって感じのがありますけど、何の根拠もないんですよ。

独立したとして浮世離れれした、ナンミョー政権になる気がしません?
(とても世間知に長けた商売上手には見えない。)
お決まりの神の名に導かれ、BC兵器開発とか。

朱に交わっちゃって(支那人的発想で)、「何であの時助けてくれなかった?」とか言いだして、またもや賠償金請求みたいな。

なにしろ中共がチベットを侵略した口実は「俺たちが日本鬼子から守ってやったんだから、国よこせ」でしたからねーー。

中途半端な味方は、徹底した敵より始末悪いんですよ。
実害って意味では、北朝鮮(ミサイル発射&日本人拉致)より韓国(竹島侵略)のほうが始末悪いですよね?

イギリス人は「スエズ運河以東に、日本以外の文明国はない」って言っていましたね。

敵が誰かは必然的に決まってますけど、誰を味方にするかを決めるってのは難しいですね。

まーチベットはセオリーどおりの「遠交近攻」として、深入りせずに、唾つけとくぐらいが、ベストなんじゃないですか?(^^)
武器援助して、支那国内でテロとか。

この時期に昭和天皇の靖国のメモ。
何か臭いますね~。
しかもそのメモも本物かどうか

う~ん、怪しい。

またこれでTV、新聞の情報を鵜呑みにする
国民が洗脳されなければいいのですが。

インターネットが出来る人、出来ない人の
差はおおきいですね。特に情報に関しては。
はぁ~、ため息しか出ない。

nicolloさん

慎重な言い回しのわりには結論が物騒なんですけど(笑)。「敵の敵は味方」という関係で充分だと思います。まあそれは我々の役目ではないので、どこかがやっているでしょうな。

大和さん

はい。思いっきり怪しいですね。ということで次のエントリにたっぷり書いておきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/2688953

この記事へのトラックバック一覧です: 投資家さん、シートベルトをお締めください:

» 私家版☆多分日本で一番早い新内閣閣僚予想名簿 [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3昨日の国連安全保障理事会における北朝鮮制裁決議の採択を聞いて思い立ちました。安倍晋三−麻生太郎のタッグチームはなかなかいいじゃないか強力じゃないか、と。ならば、そのタッグチームの線で今秋の新内閣の閣僚名簿予想を記事にしたいよな、と。 入社したときは同世代の中でもかなり優秀で志も高い若者が組織の文化に染まっていくプロセスで漸次無能になっていく。この点では、日本のあらゆる組織の中でも朝日新聞並んで双璧と思われる外務省も、有能なリーダーが率いトップのディシジ..... [続きを読む]

« このまま採決を引っ張れば(笑) | トップページ | 昭和天皇が合祀に不快感? »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク