新刊出来!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 皇室-日本人が気付かないバリュー(3) | トップページ | 自民党総裁選予想(2) »

2006年9月19日 (火)

自民党総裁選予想

今度の自民党総裁選でそれぞれの候補者の得票率を予想してみます。

現在のところ新聞や週刊誌などでは、下のような予想が多いようです。

安倍  麻生 谷垣
 6 :  2  : 2

しかし最近の一部マスコミは完全に「願望を大声で主張する機関」となってしまっているので、鵜呑みにするわけには行きません。ましてや彼らの世論調査はサンプルが偏っているようなので、投票権のある自民党員とはまた違った意見を持っているはずです。

誤解のないように付け加えますと、サンプルに偏りがない世論調査は難しいです。たとえば私はランダムな世論調査に当たったことは一度もありませんが、だからといって知らない人から電話がかかってきて「アンケートにお答え願います」と言われても答えないでしょう。すると答えてくれる人は限られてくるでしょうし、その人々がある種共通の考え方を持っていても不思議ではありません。だからこそ、そういった調査につきもののバイアスを考慮して予想しなければならないわけです。

 

そして世間では着実にネットユーザーがプチメディア化しており、いたるところで影響力を行使しはじめています。昨年9月の「自民圧勝」を、ネット世論を見て予想していた人もいます。同じ理由で、私は麻生さんがかなり得票するのではないかと予想しているのです。

こんな感じ↓↓↓

安倍  麻生 谷垣
 5 : 3.5 : 1.5

ネットの世界では麻生氏は安倍氏をしのぐ人気者であり、勝手に応援するサイトがあります。たとえばコレ↓↓↓

笑えるフラッシュがまた増えとる!
麻生太郎をこれでも本気で総理大臣にしたいと願うコーナー

 

もちろん安倍氏も同じぐらい首相にふさわしい人物と思われていますが、ネットでの麻生氏の愛され方はまた異常です。なぜこんなことが起こるかというと、

  • 「血筋がいいのに育ちが悪い」だとか
  • 「元オリンピック代表なのにまったく知られていない」だとか
  • 「ふてぶてしいのに憎めない顔」だとか
  • 「マンガを月に20冊は読み、下手すりゃ毎日2ちゃんねるを見てる」だとか

ネタに困らないキャラが受けているのでしょう。
さらに、

  • 「安倍さんがまじめすぎる人物に見えるのに対し、麻生氏は遊び人的余裕がある」
  • 「麻生さんは見た目よりトシなんだから、首相にならないのは惜しい人物だ」
  • 「急速な世代交代を怖がる議員は、麻生さんにがんぱってもらいたいかも」

などと、いろんなサポート要因があると思います。

 

今回の私の興味は、「自分が感じているネット世論と、本当の世論との間にどれぐらいギャップがあるのか」ということです(正確には「選挙権のある自民党員との間に」ですが)。

  1. もし麻生さんが安倍さんを脅かすまで得票を伸ばすのであれば、ネット世論はかなり自民の有権者に近いか、それに影響を与えると考えて良いかもしれない。情報の支配力が確実に変わってきている。
  2. 麻生さんと谷垣さんがほぼ同じであれば、マスメディアの世論調査は自民の有権者に近いか、それに影響を与えると考えて良いかもしれない。彼らの情報支配力は依然として強い。

このような興味を持って、自民党の総裁選を見ています。だから決して「盛り上がりに欠ける」とは思いませんね。

もっとも私はあまりテレビを見ないので、「鳥肌実は知っているのに、オリエンタルラジオを知らない」とか、「ちゅるやさんは知っているのに涼宮ハルヒは知らない」などと世間からはズレた知識を蓄えている可能性があります。そのあたりはディスカウントして聞いておいてください(笑)。

« 皇室-日本人が気付かないバリュー(3) | トップページ | 自民党総裁選予想(2) »

コメント

ボクの両親が自民党党員で年会費払ってますが安部さんが官房長官になった時にすごく喜んでましたから、これが普遍的な例であれば安部さんの圧勝と予想します。

ところでタイでクーデターが起きましたね。バーツだけでなくブラジルのリアルも売られてますが、この事件が再度、金融危機をもたらすと考えます?英文ニュースには、そこらをほのめかすものがありました。

読者さん

 なるほど。自民党員は安倍さんが昔から戦っていた姿を見ているので、安倍総理の誕生を心から願っているかもしれませんね。フラッシュを見て笑っているネット保守とは思い入れが違うと(笑)。それはよくわかります。
 タイのクーデターがすぐ世界的な信用収縮につながる感覚は持てません。ただ、「政情が安定していない新興市場」への目が厳しくなる方向は確かだと思います。ひとつの危機が1年以上くすぶって次第に波及したのがアジア危機でしたから、今後も要観察です。特に中国・ブラジル・韓国のマネーフローが気になります。
 逆に97-98年と比較してマシなことは、今のところ日本が基点となった信用収縮になっていないことです。これが始まるとシャレになりませんから。
 今年は初夏の調整が不充分でしたし、これから秋に入りますので、短期的に株が下がっても不思議ではないと思います。


露出の多い演出された報道が、次第にいわゆる世論になっていく、つまり誘導されてできた世論がインタネットで覆されるようになってきた、今日この頃、マスコミによって作られる世論とネット世論は結構乖離しているように感じますね。

大手マスコミでスクリーニングされてない情報がネットに流れると、良くも悪くも暴露された時の反発は、”裏切られていた、騙されていた”という感情を伴うだけに、大きいと思います。

個人的な印象ですが、マスコミが阿部氏!と報道するほど”ほんとかな?”と疑いが膨らみます。w

麻生氏が、たまにTVなどで話をしているのを見ると、安部氏より好印象を持ってしまいます。
(麻生氏の話方を聞いていると、ちゃんと自分の頭を使っているように感じ、逆に、阿部氏は吹き込まれた言葉を話している印象がある)

麻生氏の支持は、意外に多いと予想しています。

今後の首相の就任は、とりあえず阿部氏、次に福田氏、そして麻生氏となるんじゃないでしょうか?

>今のところ日本が基点となった信用収縮
話はずれますが、経済的な信用危機について、日本発ではなく、アメリカ発で世界的な経済変動が起きるのではないでしょうか?

アメリカ・中国・日本を比較してみて、アメリカ>中国>日本の順に経済的なアンバランスを感じます。

アメリカの赤字は、そのまま赤字で限界点に近づいている。(自国においても対外的にも大赤字)
中国はドル(膨大な貿易黒字)を持っていても、人民元を買って自国の不良債権を解消できない。
日本の赤字は、国内赤字で対外依存していない。(資産と赤字とトータルするとまだまだプラス)

得票数は、安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票、無効1票でしたね。

安倍  麻生  谷垣
4.55 : 1.33 : 1

66% 19% 15%

麻生氏の136票は、善戦かな?


hanayamaumi さん

 私も上司にするなら麻生さんのほうですが、「ネットに騙されているのでは?」という気持ちはいつでも持っています。同様にマスコミが安倍さんを持ち上げているときは、「本当は安倍さんではマズイのかな?」と疑ってしまいます。しかし最後は事実と思える材料をなるべく積み上げて、自分の感性に頼るしかないですよね。
 信用危機については別の記事で詳しくお答えさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/3494766

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選予想:

» 安倍晋三as自民党総裁as総理大臣 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
政治家。 母方の祖父は、元首相岸信介、大叔父に元首相佐藤栄作鐔ど磴漏位蛎膺丹打椰限析此� まさに政界のサラブレッド。 このたび、自民党の総裁選で、6割以上の票を勝ち取り圧勝。 ここに安倍政権が誕生した。 [続きを読む]

« 皇室-日本人が気付かないバリュー(3) | トップページ | 自民党総裁選予想(2) »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク