新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 自民党総裁選予想(2) | トップページ | 台湾までもが核武装? »

2006年9月21日 (木)

タイ式クーデター?

タイでクーデターが起こりました。当ブログでもその影響を懸念するコメントが寄せられたので、急いで調べてみました。

最近はこういう事件を見ると反射的に「米vs中」の争いを勘ぐってしまいます。タクシン首相は華僑系なのでそれを追い落としたのかもしれませんが、タイ華僑は中国人としてではなくタイ人としてのアイデンティティが強いという話もあり、正直よくわかりませんね。

ふむふむ。タイは1932年以来、16-17回ほどクーデターをやっているのか。直近の大きなものは91年で、92年には流血があったと・・・全然記憶ないや(笑)。

これは在京タイ王国大使館HPね、どれどれ・・・・・・

************************
タイ式クーデターも現在に至るまで何度も繰り返されていますが、97年9月に民主的な内容を盛り込んだ憲法改正が行われ、今後が注目されています。
************************

  !!!

( ゚Д゚) ゚Д゚)Д゚))

 

  ???

 

     ・・・・・・

 

 

タイ式クーデターって何だよ!

   。     。
     。  。 。 。 ゚
    。  。゚。゜。 ゚。 。 スポポポポポポーン!
   /  // / /
  ( Д ) Д)Д))

タイ式マッサージみてえじゃねえか!

 

よくよく調べてみると、タイではこのような平和的な(?)クーデターは珍しくないようです。たいがいは軍部が決起し、国王が支持(あるいは不支持)を表明し、選挙を経て軍部が退くというパターンらしいです。

ネットで拾ったネタ ↓↓↓
==========================
タイ式クーデター式次第

1)開会
2)決起部隊による首都制圧
3)国王陛下に対する忠誠の誓い  ←今ここ
4)決起部隊指揮権の奉還
5)国王陛下のお言葉
6)総選挙の布告
7)閉会
==========================

 

さらにいくつかサイトを当たってみると、古いものでさえ
「タイのクーデターは名物」
などと、悟りを開いたような感想を述べています。

今回も写真を見るととても戒厳令とは思えない平和ぶりです。兵隊が差し入れをもらったり、一緒に記念撮影したり、ライフルを背負ったまま退屈そうに背を向けていたり、これのどこがクーデターなんだと(笑)。イギリスやパキスタンの衛兵交代のほうがもっと緊張感があるぜ!

現地の日本人も日本のサイトでクーデターを知ったようで、みんないつも通りに生活しているようです。ネットの時代に緊迫した情報が流れてこないのですから、本当に平穏だと思って間違いないでしょう。タクシン一派が本気で反撃に出たり、外国の介入がない限り、まったりしたまま終わってしまいそうですな。

特に今のプミポン国王は名君の誉れ高く、権力はなくとも彼が「こうすれば?」と言えば国民全員が服するほどの権威をお持ちのようです。やっぱり正当な君主がいるって、いいですよね。さすがアジアでただひとり独立を保った「微笑みの国」です。

 

さてお待たせしました。いよいよ本題の市場へのインパクトです。

私はこれがきっかけで世界恐慌のような事態になるとは考えていません。その理由は

  1. こういったクーデターはタイではよくあることらしい。首相一派が追い出されるだけで経済がそのまま動いくのであれば、資本逃避は考えにくい。
  2. 97-98年時点はグローバルマネーの出し手がほとんど日本一国であり、日本での信用収縮が新興市場に打撃をもたらした。今回はそのようなこともなく、原油の値上がりによって根源的な信用の出し手が産油国にも分散しているため、投資が一気に回収されるとは思えない。

97-98年あたりのグローバル経済は、「アメリカがエンジン、日本がガソリン(信用)供給」といった明確な役割分担がありました。逆に言うとそれらが急所になっており、日本の信用収縮のトリガーが引かれると新興市場はひとたまりもなかったわけです。

しかし今回は成長のエンジンも、信用の供給者も分散が利いているので、タイ式クーデターぐらいではビクともしない気がします。まあ、あまり心配することもなさそうだということですね。

ただし季節的には「調整の秋」に入りますし、初夏のエマージング調整はそれほどひどくなかったので、短期的には警戒が必要と見ています。先進国は心配していませんが、97-98年と同じ状況が起こるとすればもう少し兆候が出てくるはずです。そういった意味では、特に中国・韓国・ブラジルのマネーフローに注目しています。

« 自民党総裁選予想(2) | トップページ | 台湾までもが核武装? »

コメント

メイドお世話に、いや毎度お世話になっております。古川改め若手プロ・ビロニスト、クマ川です。びろーん。

いや~タイ式クーデター、やってくれますなあ。タイ古式マッサージのような心地よさ。ま、民主主義なんて体質的に合わないアジアでは腐敗や汚職の大掃除は軍がやる他ないわけですよ(軍も腐ってますけど)。それにはやはり錦の御旗、拠り所となる絶対的に尊敬を集める王室がないとマズイわけですな。現在のプミポン国王陛下(ラーマ9世)は名君ですし・・・ん?9世って?ひょっとしてたった9代しか続いてないの??

ここで役に立たないタイのトリビア講座を。

アユタヤ王朝がタイの黄金期だったのですが、隣国ビルマに攻め込まれ王族は皆殺し、首都アユタヤは陥落、いよいよ終わりかという時に、一人の軍事的天才が形勢をひっくり返します。その名はタクシン。え?タクシン・・・?ひょえー!!

彼は中国系の混血で、戦争を資金面やら何やらで支えた基盤は華僑とイスラム商人でした。これまた何ともリアル・・・。で、荒廃したアユタヤを捨て、バンコクに遷都して王朝を開くのですが、「気がふれたとされて」部下であったチャクリに暗殺されておしまい。このチャクリさんが新たに即位するのですが、今のラーマ王朝の始祖というわけです。途切れることなく続く日本の皇室は、やっぱりスゴイのですね。

(参考)
http://www.cai-insect.jp/thai/history.html

いやー。歴史は繰り返すというか・・・怖い位に再現性がありますね。名前まで一緒だし(笑)。タクシン首相はもちろん華僑出身でして、ビジネスは天才的、NTTドコモの創業者みたいな人でゼニをしこたま持ってます。その権力は「タクシン王朝」とまで揶揄されましたがやっぱりクーデターで倒されました。

ちなみにプミポン国王陛下はタイ最大のコングロマリット、サイアムセメントを経営されていらっしゃいます。相続税がないタイでは、恐らく最強でしょう。タイ株式がドカーンと下げた時に「Sかみ式ごきげん買い」してみるのも面白いと思います。確か10株単位で買えますから、1万円以下ですな。倒産リスクは限りなくゼロですし(笑)。

すごく長くなってしまって申し訳ありません。

>クマ川 様
とても面白い話ですね~
似たような事を考えてました。


私なりに、今回のタイ式クーデターの目的を推測していたのですが、クーデターの大義名分はおいておいて
当初考えていたのは、以下の構図です。

サイアムセメント(プミポン派)vsチノワット財閥(タクシン派)

例えばタクシン一族の2005年の収入は凄いです
現在の王に対して、新興王国とも言える経済力です。

1位2位4位がタクシン首相の家族です。

情報源 『「あんじん」のブログ!!-ANJIN-』
http://anjin.at.webry.info/200602/article_25.html


>アユタヤ王朝がタイの黄金期だったのですが、隣国ビルマに攻め込まれ王族は皆殺し、首都アユタヤは陥落、いよいよ終わりかという時に、一人の軍事的天才が形勢をひっくり返します。その名はタクシン。

ですが、現代でも似た事が起きています。

抜粋
「2003年8月、タイ政府は1997年の通貨危機からの「救済策」としてIMFから借りていた資金を、予定より2年前倒しで返済し終わった。このことは、タイの人々にとってナショナリズムの高揚につながる出来事だった。タイの国営テレビでは、タクシン首相が巨大な国旗の前に立ち「わが国は、二度と国際金融資本の餌食になることはない」と誓いを立てる姿が放映された。タイ内外のマスコミは「タイはようやくアメリカの経済植民地から独立した」などと報じた。 」

以下情報源『アメリカによる世界経済支配の終焉 』
http://tanakanews.com/e0108thai.htm

つまり、国際金融資本に攻め込まれタイ経済は陥落、いよいよ終わりかという時に一人の経済的天才が形勢をひっくり返します。その名はタクシン・・・・笑

タイ国の英雄タクシンは、2006年9月に静粛されました。^^;

クーデターは、タイ独自の自浄作用?ガス抜き?と思いたいですが、そーでもないかも・・・

hanayamaumiさま

タイ国の英雄タクシンは、2006年9月に静粛されました。^^;

クーデターは、タイ独自の自浄作用?ガス抜き?と思いたいですが、そーでもないかも・・

そんなにハッキリ言っちゃいけません(笑)王室不敬罪で粛清されちゃいますよ。私が何でカッコつきで「気がふれたとされて」なんて書いたか真意を汲み取って下さい(笑)。いくら武勲を立てたって、混血ですからね。剣に立ち、剣に倒れ・・・でございます。

現プミポン国王陛下の後継者は、Mahaの称号を持つ、Vajiralongkorn(ワチラロンコーン)王子かSirindhorn(シリントーン)王女のどちらかと言われていますが、シリントーン王女の方が頭脳明晰で人徳もあり、タイ国民の人気は高いんですな。ちょっとお世継ぎ問題があるわけですよ。

王室利権エリートサイド 「おいタクやん、これ何て読む?読んでみ。」

と「空気」と書いたボール紙をタクシンに見せる。

タクシン「・・・・からけ?」

エリートサイド「こいつ空気読めてねーよ。」

クマ川さん、hanayamaumiさん

いやー、良いこと教えていただきましたよ。
ありがとうございます。

タクシンの名に、何か因縁めいたものを感じますね。そういえば某大国でも「秦を滅ぼすのは胡」…という昔からの因縁があったりして。それはそれで楽しいと思います。

これでタイがおかしくなるとは思いませんが、もし売り込まれるようであれば王族銘柄を仕込んでおきましょう。

人様のブログのコメント欄をブログ代わりに?w

空気の話で、世論(マスコミに発表された世論ではなく)、本来世論って日本人には空気なんだよな~と思ったですよ。
元々、言葉=論になる前の、潜在的な感覚情報、感情情報、認知情報が空気としてあり、それが言語化された時に世論となる。

まあ、何がいいたいか?というと、アメリカの世論形成って

1、○○に攻撃された!!とまずは何かが犠牲(生贄)になる。
2、卑怯だ!ひどい被害だ!悪魔だ!とわめく。激しい宣伝。
3、やり返せ!正義の力だ!リベンジしてやる!と経済や軍事で制裁。

と、このパターンが多すぎません?
最近は

1、××は我々を攻撃する気だ!その証拠に大量破壊兵器をつくっている
2、あいつらは悪の枢軸だ、民主主義が破壊されてなるものか!
3、やられる前に、やっちまえ!!と戦争&占領

次は
1、△ランは核を開発し、テロを誘発し、■★ラエルをつぶす気だ!
2、■★ラエルは民主主義と世界平和のために※スボラと△ランと戦っている。
3、支援するしかない!と空爆

なんてなりそうで、怖いっす。

筆頭若頭の日本は、親分のホントの考えを見抜いているんでしょうか?

hanayamaumiさん

 今年になって感じることですが、アメリカは意外と臆病だと思います。というのも世界一の座から引きずり降ろされることに恐怖を感じており、覇権国としての地位が脅かされると日本だろうが中国だろうが徹底的に叩いてしまうのです。
 もっとおおらかにやれば恨みも買わないのでしょうが、若い国ゆえの焦りが目立ちます。いずれそのテーマについても掘り下げてみようと思います。

エマージングの中でタイは◎に近いほう。
売られたら買い。
南米もいいけどあそこは資源価格が下がれば一気にあやしくなる・・・。
厳しいのはタイより東欧。ハンガリーとか、双子の赤字を抱えてさらに政治が危うくなると資本は逃げたくなりますね。
世界のクレジットサイクルは4年周期。
今年どこかでミニ危機があるかもしれませんが震源地は東欧?
さてさて・・・。

sさん

 東欧はそれほど注視してないんですが、だいぶ歪みが溜まっている頃でしょうね。どこが最初に飛ぶかなんて正直わからないにしても、誰かが口火を切れば連鎖して逝くことになる可能性は大です。
 クレジットサイクル4年に関連しますが、それを増幅させたエマージングサイクル(資本逃避・通貨切り下げなどを伴う)で考えると、94年にメキシコ、中国あたりが本命かと思っていました。ただ今回は原油高もあり、メキシコ・ロシアなどの石油輸出国は時間を稼げると考えています。
 いずれにしても、東欧は「本命の一角」として外せません(笑)。

ようやく電源ケーブルが来ましたので、カキコが復活できます。

本当に穏やかですね。
タイというか君主制国家は。
コレが支那なら間違いなく、AKが連射されるでしょう。

投資戦略に立憲君主制プレミアムってのを考慮しななければいけませんね。
ひるがえって最近、価値を落としているのは民主主義プレミアムでしょうね。

↓韓国だったらまだ話は分かるんですけど、
「ハンガリーよ、お前もか!」って感じですね。

ハンガリーがヘッジファンドにアタックされたときにEUがどういう理屈で対処するか見ものですね。

もー典型的なジレンマで、支援をすればモラル・ハザードとみなされて通貨の信任が落ちる。
支援しなれば、加盟国の求心力が落ちる。
どうなることやら。(^^)

なんかリンク先が消えちゃったので、改めてエントリーします。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/31550/2619707#2619707

>sさん様
>南米もいいけどあそこは資源価格が下がれば一気にあやしくなる・・・。

世界的に不況になれば、どこもそんなに変わらないと思うのですが、ブラジルは元々高度な経済状態ではない点で意外に不況や恐慌にも強いのではないでしょうか?(逆説的にw

ブラジルが大統領選挙で注目されていますが、今年から石油輸出国になった点で長期的に期待できる国だと思います。
根拠
○国内エネルギーは、エタノール化が進展。
○石油産出量が国内消費を上回った。
○大型石油製品プラント建築中
○サンドオイルが注目されているが、ブラジル海底油田のほうがコストは安い。
○鉄&レアメタルの産出大
○天然ガス自給率100%は2010年頃達成?
○ジョージ・ソロス氏がエタノール産業に200億円ほど投資中

大きなリスクは農業問題(農産物輸出)と貧困問題でしょうね。


nicolloさん

 本当にタイは平和です。裏では日本の怖い人たちや、大陸の赤い人たちが入り込んでいるらしいですけど、それは裏社会はどこでも同じですから。民主主義や君主制については、もう少し掘り下げたいですね。
 リンク先の「踏み上げ太郎さん」のブログは面白いですね。さっそくブックマークしました。現役のマクロプレイヤーはさすがに視野が広く、深いと思います。

hanayamaumiさん

 おっ、ブラジルが原油輸出国になったんですか? 教えていただいてありがとうございます。そうして考えると、どこも似たり寄ったりですかねえ。ブラジルは今世紀に入ってミニクラッシュを一度やっちゃっているので、本命としては弱いかも(笑)。

タイの話題は盛り上がってきたようですね。ここでは過去に福井総裁とかK国の親日法とかで法治主義があげられましたが私が疑問に思ったのはそこです。

まず軍隊が1997年に施行された憲法を破棄しました。昨日、暫定憲法が定められたようですが、その間は軍が司法・行政・立法を掌握してたわけです。戒厳令ですから。ということは前の憲法の下での法律はかなり長い間死んでたわけですね。にもかかわらず平常通りの商取引が行われた。タイ人がそんなに民度が高いなら別に民主主義/法治主義にもどる必要ないんじゃないか?

実は阪神大震災の時、自分も被災者でありながら被災地の中心部にあえてとどまり人々はどういう行動を取るかを現場で観察した人を知ってます。我が家に迎えてお酒を飲んだこともあります。幾分か学者肌で思想的には少し左。で、実はあの時、治安が大きく崩れなかったのは自警団のせいだと聞きました。

屈強の男性を中心におのおの武装し「火事場泥棒を見つけたら叩き殺して地震でつぶれた家の下にでも放り込んどけ、警察も文句は言わん」というコンセンサスが何の議論もなく形成され、秩序が守られた。もっとも、そうした意気盛んな人の多くが次第に現実に疲れ自殺したり失踪し消えていったと聞きました。

日本でも無法状態になれば力で守るという考えは当たり前にあるんですが、もしタイが法律が無効な状態で本当に平穏で普段と変わらないなら我々は日本国籍を捨ててタイに帰化すべきでは?

上の議論は何かおかしいと思いませんか?

読者さん

 私も民主主義が絶対の統治形態ではなく、それぞれの国にあったものがあると考えています。基本的に大陸国家は(海洋国家と比較して)独裁がフィットしており、アメリカが日本の戦後統治に成功したからといって、イラクに民主主義を持ち込むのは大きな間違いの元だと考えます。このテーマはちょうど書きたかったことなので、そのうちまとめます。
 ところでお話の最後の部分は大変興味深いのですが、どこまでが誰の話なのかわかりにくくなっています。しかし最後の問いかけは私に対するものだと勝手に解釈してお答えします。
 タイの97年憲法はずっと生きていて、このまえのクーデターで停止されたと私は思っています。「法律による統治」から「軍による統治」に一時的に移行したわけですね。厳密には法律が完全に無効になったわけではなく、「軍の判断がそれを超越する状態」になったと解釈しています。
 したがってタイは法律がなくとも平和に暮らせるパラダイスということではなく、軍がまともな統治をしているだけだと思いますよ。
 
 
 

ご返事ありがとうございます。実はその人が書いた阪神大震災の記録が某所にあります。大変に心揺さぶられる内容なのでメール・マガジンのほうの連絡先に場所を書いて送ります。彼に迷惑をかけたくないし私もここで身元を出したくないからです。

(別に親しくして投資情報をくれということではありません。今まで通りの赤の他人で結構です)。

ところで風雲急を告げる展開になりましたね。北は本当に実験をやるようですし今、英語サイトを除いてきた限り米軍の軍事作戦はないようです。現時点では負けを認めざるをえないでしょう。

読者さん

 サイトは面白そうですね。ありがたく拝見させていただきます。
 北の核実験は別に負けではないと思いますよ。それを利用して日本の国防につなげることができればと思います。

読者さんへ
>上の議論は何かおかしいと思いませんか?
リクエストは私ですか?
3連休で時間あるので、ご希望であればコメントしますけど?(^^)

もう少しタイのクーデターの話を続けるとアフリカやラテン・アメリカのクーデターでは略奪行為が当たり前におきます。軍隊が最高法規になると考えたとしても、最高法規が明文化されてない以上、最高法規以下の通常の法律をどう実施するかあやふやになるからです。

タイ式クーデターとあえてタイ国が呼ぶのは、何らかの暗黙の合意があり、例え軍隊が以前の憲法を破棄したと宣言しても、タイ人の行動に秩序をもたせる何かの原理があるはず。実際にタイの軍隊は1997年の憲法は破棄されたと宣言したんですから言葉どおりにとればやはり暫定憲法ができるまで無法状態だったと私は考えます。

ただ無法=無秩序ではないという主張は可能だと思います。

北に関して現時点で負けたと書いたのは核実験をやっても経済制裁以外の対抗措置しかとれない、そこまで北の増徴を許したことを指してます。

最後の部分、訂正
     ↓
北に関して現時点で負けたと書いたのは彼らが核実験をやっても経済制裁以上の対抗措置をとれない、そこまで北の増長および時間かせぎを許したことを指してます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/3513516

この記事へのトラックバック一覧です: タイ式クーデター?:

» 秘密神社 [秘密神社]
この神社に、お参りすれば、健康にご利益。                               目次エレベーター(手動式) [一階] 総合ショッピングモール。                        エレベーターで [地下一階] 医学論、環境論で、このブログのメインとなっております。  下へ降りる!... [続きを読む]

» ◆◇◆◇◆◇成功者の条件◇◆◇◆◇◆ [ネットビジネス幸せ生活]
 ようこそ成功者が送るブログへ成功者になるには 『条件』がありますその条件は…「主婦の方」「学生さんの方」「サラリーマンの方」「スポーツ人間さんの方」「おじいちゃん・おばあちゃんの方」です素晴らしいですねではで...... [続きを読む]

« 自民党総裁選予想(2) | トップページ | 台湾までもが核武装? »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク