新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月12日 (金)

第二次冷戦と日中友好(笑)

みなさん、明けましておめでとうございます。

遅いよー! という罵声が聞こえてきますが、お許しください。
論文やら会員制サイトの準備やらで珍しく睡眠不足が続いていました。

 

新年からさっそく国際ネタなんですけど、株式市場はあまり心配しなくてよさそうなので勝手に続けます(笑)。

最近は新聞やテレビをチラ見するだけなのですが、時代が大きく変わっていているなと感じます。メディアでの扱いは大きくないですけど、いま安倍首相がEUに行ってます。もともと日本がNATO(北大西洋条約機構)に加盟するという話があるわけですが、その地ならしかもしれません。

これは昨年11月に外務大臣の麻生太郎さんが行った感動的な講演、「自由と繁栄の弧」をつくると表裏一体をなすものです。全体主義国家と対決し、自由主義国家として(軍備も含めた)重要な役割を果たすとはっきり宣言したわけです。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html

 

これは簡単に言うと、

イスラム諸国を取り込んだら、昔の「鉄のカーテン」と「アチソンライン」とインドと東南アジアをつなげて、おまえら全体主義国家を囲っちゃうよーん。

という意味です。2年前に当ブログの前身であるHPで第二次冷戦の到来について書きましたが、まさにその体制が作られようとしているわけです。

中国市場から撤退せよ(第二次冷戦の構造) 2005/01/16

(↑↑↑ これのNo11です)

 

2年前と比較して変わったことといえば、

  1. 原油高でロシア帝国が復活した。日米側に寄っていたところから独自の外交を始め、エネルギー供給で周辺国に圧力を加えている。日本にNATO加盟の話があるのはこのためで、日本に太平洋側のフタになってもらいたいということ。100年前に英米の代理としてロシアの南下政策を阻止した日露戦争の再現、あるいは冷戦時にソ連の潜水艦や戦闘機を牽制し続けた役割を期待されているわけ。
  2. 英米と対立していた独仏の政権が交代し、もとの西側諸国として歩調をそろえつつある。その代わりと言ってはなんだが、英米の政権が弱っている(笑)。

 

さて、そこで困ったのが中国共産党です。というのもこれをやられてしまうとロシアと中国が封じ込められることになる。すると自由主義諸国との交流による恩恵を受けられなくなり、独裁国家同士で毟り合いをしなくてはならないのです。

世界史を学んだ人は知っていると思いますが、中華の天敵は今も昔も北方異民族です。それが強くなると王朝が弱り、それが弱くなると王朝が拡大するという法則があります。表面上はどんなに仲良く見えても、地政学上は「不倶戴天」「犬猿の仲」「コブラ対マングース」にしかなりえません。

だから中華を弱らせたいと思ったら、ロシアを助けるに限るのですよ。逆にロシアが恐ければ、中華を援助する。胡錦涛を困らせたければ上海閥や広東閥を助け、東トルキスタンやチベットに力を与えると。ほっほっほっ、おぬしもワルよのう。

今の中国の発展の理由のひとつに、ソ連崩壊によって北からの圧力が弱まったということも見逃せません。しかしロシア復活によって、発展の前提条件が崩れようとしているのです。だから慌てて日本にすり寄ってきているわけです。

中国様としては、天安門事件後のように欧米からハブられたらたまりません。だから日本を仲介役にして制裁を解いてもらった当時と同じように、日本を突破口に「包囲される側」から逃げたいのでしょう。

 

日本のほうも「環境問題で協力」とか、「技術移転を積極化」とか、それに応えるようなことを伝えています。中国様命の人々にとっては、逆転のチャンスですから必死ですよもう。なぜかこの時期に北朝鮮に行く国会議員もいますし(笑)。 

しかしいまさらトキなんか贈ってもらったって、お人好し日本人の切れた堪忍袋がもとに戻るとは思えませんけどね。日本人はなかなかキレませんが、キレたら最後です(笑)。

安倍さんも表面上は「日中友好」に乗っているようには見えますが、一方で「防衛庁を省に格上げ」「教育基本法成立」「EUの対中武器輸出を牽制」「年頭に改憲への意気込みを語る」なんてやることやってます。さらに「海洋基本法の制定」「日本版NSA(国家安全保障会議)設立」なんかも目指してますからね。妙な裏取引さえなければ、長期を見据えた手を打っていると思いますよ。

 

2007年、世界はものすごい勢いで変化するでしょう。

日本にとっては悪くない環境ですが、ぜひとも舵取りを間違えずにこの時代を乗り切りたいですね。政治家のみなさんもそうですし、我々自身もです。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク