新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 外貨証拠金取引-ルール通りの雑所得課税が始まったか?(2) | トップページ | 6カ国協議の裏側(2)-各国のスパイ活動が活発化 »

2007年2月22日 (木)

6カ国協議の裏側(1)-北朝鮮が攻めるとしたら中国か?

遅くなりましたが今月の6カ国協議(6者協議)についてまとめます。

というのも、それ以降も地味ながら関連記事がざくざく出てきているからです。それらを別の事件だと思っていると気づかないでしょうが、事態は水面下ですごい勢いで変化しています。

たとえばここのところ企業が業務停止命令を食らったり、脱税や税理士法違反で捕まったり、サギ会社が摘発されたりする事件が増えています。この中で少なくない部分が、北とそれに絡んだ裏社会への締め付けではないかと考えています。日本社会は裏も表もズブズブに侵食されていたりするのですが、その中で国益に反する(と今の日本政府が考えている)行為が許されなくなってきたという感じです。

 

ではまず、今回の協議の内容をまとめましょう。

2007年2月の合意内容。まとめ
===========================
中国 「北は核廃棄。みんなで経済支援。これで円満解決アル」
日本 「ふざけんな。拉致を解決しろ」
露   「ロシアは払わない。韓国が払う」
米国 「米国は払わない。韓国が払う」
韓国 「ガビョーン!!!」
北   「核廃棄はしない。一時休止だ。経済支援おかわりっ」
中国 「アイヤー! 面子丸つぶれアル!」
===========================

 

日本のメディアでは
「米国は譲歩、日本は孤立」
「バスに乗り遅れるな!経済支援しろ!」
の大合唱でしたが、日本政府は一貫してブレてませんね。国連非難決議のときと同じように、日本のメディアを動かして譲歩・支援させようとしたのがまたもや失敗したもようです。まあ、これについては後で詳しくやりましょう。

一方で、「米国共和党は中間選挙で負け、戦略見直しを迫られている。だから北に歩み寄って譲歩した」ということも言われています。それもありえない話ではないのですが、戦略としてはあまり良くありません。というのも、ここで北に譲歩して金融制裁やテロ国家指定を解除したら、

核を持たないと難クセつけられて殺されるけど(フセイン)、
核を持てば体制が維持できて援助までもらえる(金正日)

という前例しか残らないからです。こうなれば、世の中の独裁者はみんな核を持ちたがります。

日本のメディアは「北が核を持ってしまったのは仕方がない。問題はそれが他国やテロリストに拡散することだ」と言って問題点をずらそうとしています。きっと「北の核保有は問題ではないから見逃してあげましょう」という論調に持ってゆきたいのでしょう。

しかし、北から他に核が渡ることだけを止めてもどうしようもありません。「その場で見つからなければ無罪。むしろ制裁を緩めて援助までもらえる」ということになれば、他国もアメリカの目を盗んで輸入したり、自力開発しようとするからです。

みんな一斉にやれば全部はつかまりませんから、独裁者がギャンブルする価値は充分にあります。北だけをマークしても今度はパキスタンがこっそり輸出しちゃったりなんかして・・・。ということで、北の核武装を見逃せば世界的な核武装ブームを誘発するのではないかと考えます。

アメリカは日本の次に外交が下手な国かもしれないので、間違ったメッセージを発するのではないかと多少の不安はあります。今のところは致命的な失敗はしていませんが、引き続き注視しておいたほうがいいでしょう。

 

そもそも私は6カ国協議(6者協議)が何のために開かれているのか、昔から疑問でした。国連安保理で北を吊るし上げさせないための茶番劇でしかないと考えていたのです。しかし昨年7月のミサイル実験で国連安保理の非難決議が通ったことで、時間の経過が日米に味方するようになりました。つまり、6者協議がグダグダになって喜ぶのは日米のほうになったような気がするのです。

北がこのまま援助を受けることができずに核開発が足踏みすれば、その間に日本は憲法を改正したり、スパイ防止法を成立させたりする時間を稼げます。最近でも北に送金したジンギスカン屋を摘発したり、朝鮮総連神戸本部をガサ入れしたり、主に税金の方面から締め付けにかかっています。

 

この意味がわからない人たちのために説明しますと、これまでは総連傘下の会社に対して、日本の国税当局はタッチすることはできないと言われていました。つまり日本の徴税権がなく、代わりに朝鮮総連に税金のようなものを払い、それが北朝鮮に送られていたわけです。

ここのところ連続している「脱税」「税理士法違反」「免税扱いされている不動産への課税」は、日本が本来持っている徴税権を回復して行使しているだけです。しかしこれは昔を考えれば大変な出来事で、例えるのであればアル・カポネを脱税で追い詰めるエリオット・ネス(映画「アンタッチャブル」の主人公)が登場したということでしょう。

そしてアメリカもここは時間を稼ぎたい。イラクもイランも片付いていないからです。本当は北を片付けるとイランも楽になるのですが、大統領と議会、国務省と国防総省など、様々な軋轢があるようです。だから北に対する制裁を弱めたりしなければ、時間だけ経過するのは最悪ではないと考えられます。

拉致被害者の救出は遅くなってしまいますが、援助したって救出できないのだから制裁しましょうということで、家族会も同意してくれていると聞いています。すると、時間が経って苦しくなるのはむしろ北のほうとなります。

 

一方で目を中国に転じると、どうやら中国政府は宇宙空間での衛星破壊実験を知らなかった模様です。つまり軍部が勝手にやったことのようであり、胡錦濤の言うことを聞かずに日米欧の先進国を相手に挑発を続けているわけです。

私もつい最近知ったのですが、北は上海閥や中共軍部と仲が良く、今の主席である胡錦濤とは仲が悪いそうです。どうりで安倍首相が胡錦濤を訪問したときにミサイルをぶっ放したわけだ。ようやく謎が解けましたよ。

中国の現状(推定)
============================
胡錦濤
   vs
江沢民(上海閥・軍部) with 北朝鮮

============================

そんなことを書いているうちにまたもやキナ臭いネタが転がってきました。
   ↓↓↓
元核問題担当大使、国家機密漏えいで拘束…中国(20070222)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe7000/news/20070220id25.htm

2005年6カ国協議の中国代表が逮捕されたわけですから、ただ事ではないでしょう。
これは、北に便宜を図った高官が追い落とされたかな? 
かの国での失脚は悲惨ですからね。たいがい行方不明になって、次に見るのは死亡記事だし。

 

このような状況を考えると、北が暴発するとしたら日本に対してでなく中国というシナリオもありえます。韓国に攻め入ったら中国に背後を衝かれるのが恐い。しかし中国に攻め入っても韓国は背後から攻めてはこない。むしろ援助してくれるかもしれないわけですし。気がつくといつの間にか日本やアメリカも北を支援してたりして(笑)。

このことを考えて安保理決議を通し、中国韓国を真っ先に訪問したのだとしたら、安倍首相は天才と呼べるでしょう。

そんなことを考えながら、続けて整理してます。

« 外貨証拠金取引-ルール通りの雑所得課税が始まったか?(2) | トップページ | 6カ国協議の裏側(2)-各国のスパイ活動が活発化 »

コメント

昨日、某大手溶接機メーカーの研修の最後に「現金で買うからインバーター溶接機やフルデジタル溶接機を売ってくれ、と電話があっても即答しないように。北がらみの企業である場合があり、無闇に売らないように」とお願い(脅され)ました。ご丁寧に要注意リストまでくれました。今までこんな事言われたことはないんですけどね。確かに溶接機はモノによっては他に転用できる部品がテンコ盛りですし、改造して別の用途に使っている企業もありますからね。しかしこんな業界にまで締め付けがかかってきてるんですね。

クマ川さん、

 おっしゃるとおり、財務省が米国の意を受けて資金や技術を締め付け始めた頃から風向きが変わってきたのだと思います。少し前であれば、ヤマハ発動機の自動航行ヘリでさえ見逃されていたはずですから。
 大企業を叩くことで中小企業に自重を促すよう「一罰百戒」を狙っているのだと思います。

さすがですね。札幌のジンギスカン屋のニュースをチェックしてるとは。
地元の人間も経営者が総連の関係者だとは知らなかったようです。某掲示板ではちょっとした話題になっています。私も1度行ってしまい、日本国民として情けないです。
マスコミは政府を叩いていますが、安倍総理きちんと仕事をしております。
それにしてもスパイは意外な所に居るですね。

大和さん

 実は私も一度だけ行ったことがありますので、核開発に貢献したことになりますね(笑)。それを見抜けなくてもしょうがないと思うのですが、マスコミがはやす「人気の店」「人気者」「人気の映画・ドラマ」がどれも胡散臭く思えてきます。
 総連から徴税権を奪い返しているとなると、同じ流れで「教育権」を回復しにくるでしょう。そういう意味では、今後の朝鮮学校の扱いに注目しています。少なくとも非課税扱いはやめようとしているようですが、教育基本法が通ったことを皮切りに、その存在やカリキュラムまで改革させるのかどうかです。
 日本の国の中で、別の国を作ることは許さないという感じになってきましたね。他国では当たり前のことなんですが、日本ではそれが特に甘かったですから。

>北が暴発するとしたら日本に対してでなく中国というシナリオもありえます。

これについては、「週刊アカシックレコード」でも、その可能性を言っているようです。
■「中朝開戦」(1)
http://www.akashic-record.com/y2007/cvsnk.html

以下は私見です。
もともと金正日は中国よりアメリカが好きらしい。
胡錦濤が金正日に核放棄の説得しても効果がなかった。
・胡錦濤「いいか、核放棄しても心配ないんだぞ。日本が米国の核の傘に入っているように北朝鮮も中国の核の傘に入ればいいだけだ」
・金正日「中国の核の傘では不安だ」

月光さん

私も佐々木さんの本やメルマガを読んでますから影響されている部分もあるのですが、地政学的に、そして消去法的に考えると軍事的な暴発は中国に向けたものになる可能性が意外と高いような気がするんです。
 日米韓、どちらに向かっても背後から人民解放軍が襲って皆殺しにされるに決まっています。だったら敗戦後の日本のように米国に忠誠を誓って、「反共の防波堤としてがんばりまっす!」とアピールしたほうがトクのような気がします。
 しかし、そうは言っても北の軍部と人民解放軍は義兄弟のような関係がまだ残っているようなので、一概には言えませんけどね。日本は油断することなく、粛々とやるだけです。

はじめまして。
今回の参院選は北朝鮮に支援するために自民党がわざと負けたんだと思います。
これは民主党とも思惑が一致します。
安倍退陣後、北朝鮮は拉致被害者を返還して、支援を求めてくるでしょう。
もちろんこの支援は中国と戦争するために使うんです。

TAITAI さん

コメントありがとうございます。わざと負けるような芸当が自民にできるかどうかはさておき、様々な理由から北を支援したい人たちがいるんでしょうね(祖国支援・復興利権・中朝戦争)。

地政学的には「北を使って中国を牽制する」のは正しいと思うんですが、日本の外交能力から一抹の不安を覚えます。北のために日本人が血を流すはめになるのではないかということです。

第二次大戦にしても、日本が犠牲になって北朝鮮と満州を開発し、ソ連と中共に進呈するという結果になりました。シベリア開発に60万人の「強制連行」までされています。

自分は深入りすることなく、大陸のパワーバランスを保つことができればよいのですが、日本の場合は当事者になりたがりますからね。一方的に利用されるのではないかと危惧しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/5434312

この記事へのトラックバック一覧です: 6カ国協議の裏側(1)-北朝鮮が攻めるとしたら中国か?:

» 内職・副業に!初心者でも稼げた投資 [内職・副業に!初心者でも稼げた投資]
内職・副業に!初心者でも稼げた投資です。なんと、「絶対に負けない賭けとは?」もあります。 [続きを読む]

» 行政書士・宅建(宅地建物取引主任者)・税理士・司法書士・社会保険労務士について [行政書士・宅建(宅地建物取引主任者)・税理士・司法書士・社会保険労務士]
行政書士、宅建(宅地建物取引主任者)は数ある国家資格の中でも1,2を争う人気資格ですが、行政書士試験は、平成18年度に試験制度の変更が行われました。宅建(宅地建物取引主任者)試験も難易度が上がってきています。 その他にも、士業といわれる税理士、司法書士、社会保険労務士なども人気が高く、それぞれ税務、不動産登記、労働法務関係のスペシャリストとしての活躍が期待されます。 数年前から言われているように、サラリーマンも安泰とは言えない... [続きを読む]

» 先着100名!180日間全額返金保障付き!パチスロ立ち回りノウハウ [月5万負けスロッターでも年収500万稼ぐことができる100%負けようがないスロプロの頭脳と禁断の極意書 ]
経験、年齢、性別、センス、持ち金、その全てに関係なく100%負けようがないある方法。負け組スロッターには想像できない驚愕な方法のその全てを公開します!プロ歴6年間、月間勝率100%スロ歴7年間、月間勝率97.7%の絶対負けないパチスロ立ち回り方法をみなさんにお伝えします... [続きを読む]

» 【億万長者になるための黄金の投資術】 初心者の私も毎日5万円稼げた!成功率97.2%の投資術「サヤ取り」で、あなたも億万長者に! [Gold Digger]
  主婦も、サラリーマンも、大学生も、株で副収入! 【億万長者になるための黄金の投資術】 初心者の私も毎日5万円稼げた!成功率97.2%の投資術「サヤ取り」で、あなたも億万長者に!   ...... [続きを読む]

» 誰も公開しなかった月収100万円ネット成功マニュアル [育児・子育てへの育児・子育て情報クラブ]
驚愕!誰も公開しなかった月収100万円越えのネット起業自動成功マニュアル(再販権付)これは成功できなかった人のためノウハウなのです。あなたは大変な努力と時間をかけ、沢山の知識を吸収し、借金を抱え、そして成功したいですか?それとも、...... [続きを読む]

» 転職 中年 投資 情報商材について考える [転職したくない窓際中年のリストラ対策]
情報商材が蔓延している今日この頃ゴロゴロアフィリエイトもしながら、じっくり考えてみた。投資競馬の商材で良いものを見つけたと思い、そこそこ行けるなと思いながら、隠したい、でも・・・どうせ売られるならとアフィリエイトする自己矛盾。FXも良く分からな...... [続きを読む]

» ★★★激動の時代を勝ち残る!プロに勝つFX投資バイブル [Gold Digger]
  主婦も、サラリーマンも、大学生も、FXで副収入! ★★★激動の時代を勝ち残る!プロに勝つFX投資バイブル   ... [続きを読む]

» 地目 [宅建]
地目とは登記簿に載っている土地の種類のこと。主な用途ごとに、宅地、田、畑、山林、原野、雑種地など21種類に区分されている。住宅を建てる場合、宅地であれば問題ないが、田や畑などの農地の場合、そのままでは住宅は建てられない。農業委員会から農地転用の許可を受け...... [続きを読む]

» 北の拉致、タイ国民も憤り [1喝たぬき]
タイを訪問していた拉致被害者の「家族会」と支援組織「救う会」のメンバーが25日未明(現地時間)、4泊6日の日程を終えて帰路につく。 [続きを読む]

» パチスロ立ち回りノウハウ [パチスロ立ち回り]
「パチスロの負けを取り戻したい!」そう思うのであれば・・・ [続きを読む]

« 外貨証拠金取引-ルール通りの雑所得課税が始まったか?(2) | トップページ | 6カ国協議の裏側(2)-各国のスパイ活動が活発化 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク