新刊出来!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 世界的水危機と日本の戦略(2) | トップページ | アジアカップが楽しみでしょうがない(2) »

2007年7月25日 (水)

アジアカップが楽しみでしょうがない

久々のサッカー談義です。

日本代表が3連覇を目指すアジアカップは、準々決勝で強敵のオーストラリアをPKで下しベスト4に残りました。ワールドカップでは世界との差をわかっていながら応援しなければならないわけですが、アジアカップの場合はキッチリ仕事をすれば優勝できるので見ていて楽しいですよね。

 

オーストラリア戦はオシムジャパンのひとつの特徴を、厳しいコンディションの中でフルに発揮した試合だったと思います。

もともと相手は中2日と日本よりも休養が少なく、移動があって、なおかつ白人は高温多湿に弱いので、そういったアドバンテージがあってようやく互角の勝負だと思っていました。しかしフタを空けてみたら、「引いた相手に対する得点力」だとか「セットプレイへの対処」という課題は残したものの、思ったより早くオーストラリアの体力を奪って安全な戦いができたと思います。

今の日本代表を見ていると横バスやバックパスばっかりでつまらないかもしれないですが、高温多湿の中であのポゼッションサッカー(なるべくボールをキープしてチャンスを狙う戦法)をやられたら相手はきついですよ。サイドチェンジされたら全員でマークを修正しなければならないし、中村俊輔・中村憲剛・遠藤あたりがボールを持ったら決定的なパスを出されるから3人ぐらいで囲まなくてはならない。そこをスルリを横パスで逃げられたら、相手は3人分の体力が奪われるわけです。

で、日本の中盤3人の足が止まるころには、相手はほぼ全員の足が止まっているという(笑)。後半になると日本も消耗していましたが、オーストラリアはそれ以上でした。足が動かなくなれば踏ん張りが利かなくなってどうしても反則が増え、オーストラリアの荒っぽさが増幅されることになります。退場でひとり減ってしまったら、あとはフリーキック狙いの転倒だとか、PKまでの時間稼ぎしかありません。そういう意味では、オーストラリアもそれなりに良く戦ったと思います。

この戦法がどこでも通用するとは思いませんが、過酷な条件下であればアリでしょう。少なくとも私が他のチームに所属していたら、「日本のサッカーはいやらしいなあ。当たりたくねえよ」と感じるのではないでしょうか。だって、ひと月ぐらい体力が戻りそうにないんだもん(笑)。

PKで勝ったのは川口に負うところが大きかったかもしれませんが、試合そのものは全員がよく自分の役割を理解してチームとして機能していたと思います。ヒヤヒヤしながらも勝ち残るのは、「アジア限定ながら実力のある強豪」ということなんでしょうね。

 

結局、ベスト4は以下のようになりました。

日本 ---
             |---
サウジ -     |
                  |---
韓国 ---   |
             |-- |
イラク --

準決勝のサウジは難敵ですが、日本はまた移動なしで一日休みが多いですからこれまでどおりやれば6-7割の確率で勝てると思います。なるべく早く体力を奪って、カウンターとセットプレイを押さえ込むと。サウジはまだ若くて元気一杯ですが、同時に不必要なプレイをする時がありますからつけ込むスキは充分にあります。

反対側のブロックはイラクが強いでしょうね。決勝で当たれば日本と五分五分・・・もしかしたらやや上かもしれません。

韓国はイラン戦を見る限り古いアジアンサッカーでグダグダですけど、首の皮一枚で生き残ってきた相手はあなどれません。もし日本と当たればこれまで以上の力を出して善戦すると思います。しかしそれでも普通にやれば6-7割の確率で日本が勝つでしょう(審判次第という面はありますが)。

 

油断は禁物ですが、かなり期待していいと思います。

  目指せ3連覇、がんばれ日本!

今晩 22:20からいよいよ準決勝。

« 世界的水危機と日本の戦略(2) | トップページ | アジアカップが楽しみでしょうがない(2) »

コメント

22:31ナンダこのシバキあいは!!!

00:17aaaaaaaaa

nicolloさん

うーむ。攻撃の課題が修正されないまま、守備が脆いことを露呈してしまいましたね。相手は2-3人なのに、こちらはそれ以上の人数がいて3失点ですか。

日本DFの対人能力ってあんなに弱かったっけ?それともサウジが凄いのか?

ようやく冷静になったので、敗因の分析をします。


攻撃:リスク取れやーー。
ドリブル突破をあと3割増やせ!!パス廻し=債券、ドリブル突破=株式に置き換えてみると、全て見えてくると思います。 
問題はアセット・アロケーションなんですよ。
偏ったアセット・アロケーションが効率を悪くしているんです。

パスを生かすためにリスクが高いドリブル突破をする必要があるし、ドリブル突破というジャブがあってこそ、キラーパスが生まれるんじゃないでしょうか。
サウジ側にしたらドリブル突破が無いならパスの対応だけに絞れる訳ですから楽ですよね。

守備:そんな悪くナイッショ。
中盤がそんな状況だからサウジより早めに消耗してくるでしょうし。。。。

サウジのFWはグダグダのポートフォリオが数銘柄のグーグルクラスのコア銘柄で、上位25%に入る感じじゃないでしょうか?
中澤が見せたガッツと同じぐらいのモノを俊輔に見せてほしかった。
スコットランドリーグとは別人ですね。

nicolloさん

ポートフォリオやアロケーションに例えるのはうまいですね。日本の場合は「パス回しポートフォリオ」から転換できずに、餌食になった感じがします。シュートを打ってはいけないという命令でも受けてたのかな?

守備は1対1で負けすぎだったような気がします。サウジの攻撃がどれぐらいすごいのかは、他地域の強豪と試合してもらわないと判断つきません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/7253931

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップが楽しみでしょうがない:

« 世界的水危機と日本の戦略(2) | トップページ | アジアカップが楽しみでしょうがない(2) »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク