新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 興亡のサイクル(1) 「社会規範の崩壊」 | トップページ | 興亡のサイクル(3) 「闘争技術」「価値創造技術」、そして「既得権」 »

2007年9月15日 (土)

興亡のサイクル(2) 国や会社の末期症状

 

この問題は深いなあ…と考えているうちに、さらに考えされられる問題が発生しました。安倍首相の突然の辞任と、その後継を巡る自民党の動きです。

それに先立ちまして、まず安倍首相には「お疲れ様」と言いたいです。数々のタブーと戦い、内外の敵から足を引っ張られながら多くの重要法案を通した濃密な1年間。中韓にすり寄ったり靖国で妥協して問題を再燃させたり、「おまえ本当に保守派のプリンスかよ」と不満を抱くことはありましたが、外交や法律の面ではよく戦ってくれました。

それらの功績を「なかったこと」にして、二度と立ち上がれないようにしたい人は多いかもしれませんが、政治家としての甘さも含めて私は忘れません。まずはじっくり休んでもらえたらと思います。

 

さて、辞任の理由についてはいろいろ憶測が飛び交っています。

  1. ブッシュに北朝鮮との国交回復を通達された
  2. 週刊誌のスキャンダル記事(教祖のご託宣で大臣を選んでいる、相続税を脱税)
  3. 麻生、与謝野に裏切られ実権を奪われたことを恨んでの自爆

3.については「安倍・麻生包囲網」の人たちが昔から練ってきたシナリオでしょうからにわかに信じるわけには行きません。分裂させるための情報工作の可能性があります。
誰とは言いませんが、1年前に安倍さんの人気に恐れをなして心にもない「安倍支持」を打ち出し、裏から足を引っ張り続けてきた人でしょう。今頃うれしそうに福田さんを担ぎ出しているかもしれません。

 

今回の総裁選ですが、私はキャラクター的には麻生さんが好きです。自分の言葉で政策を語り、義理人情に厚くて不利な戦いでも挑んでゆく不器用そうなところも好きです。これは自分のイメージであって、本当はどうだかわかりませんけどね。

福田さんについては、政策や哲学についてあまり聞いたことがないのでなじみがありません。しかしこれは悪いことではなく、後述するように衰退しつつある社会では「敵がいない」「主張がはっきりしない」「弱点がわからない」ことが大きな力になることがあります

福田さんは世間的には「親中派」とされています。中国共産党が期待する日本の政治家第2位だとか、拉致問題に関して家族会に冷たいとかいう話はあります。しかし週刊アカシックレコードによると「中朝戦争容認派」だということ。それに対して安倍さんは「反対派」なので集中砲火を喰らって沈むだろうと。真偽のほどはわかりませんが、今のところその予想に近い線で動いてるように見えますね。

しかし私は米民主党が「二虎競食の計」を使えるほど国際情勢が見えているとも思えません(国防総省なら理解できる)。また仮にそれを狙ったとしても日本の外交能力のなさから自衛隊が朝鮮半島に狩り出され、バタバタ死ぬのではないかと危惧しています。半島や満州にかかわることで日本人が血を流すことに対し、非常な警戒感を抱いているんです。何といっても年金問題に怒った国民が、自治労の議員を大量に当選させてしまう国です。今の日本が使える技ではないでしょう。

そうは言っても福田さんも海洋派(町村派=清和会)ですから、独自のカラーを出し始めたらどうなるかわかりません。意外とマスコミの期待を裏切って、「フフン」とか言いながら小泉さんみたいに長期政権になったりして(笑)。

 

さて、話を本題に戻しましょう。

この件で、「こりゃあ末期だな」と思ったのは自民党の多くの派閥・議員の行動です。

つい一年前までは安倍さんなら選挙に勝てると雪崩を打って「安倍支持」に回り、ポストの見返りがあるだろうと期待。思惑が外れるとマスコミなどに情報を横流ししていっせいにバッシング。自分たちが選んだリーダーをサポートしようともせず、国外にまで悪口を言いまくる始末でした。

さんざんいじめまくった安倍さんが倒れると、次は福田さんが優勢だからと支持に回って「主流派」になりたがる。そこに政策や哲学はなく、「主流派でいたい。権力を握りたい」という私欲だけで動いています

次の総裁が麻生さんであれ福田さんであれ、そういった人々は風が吹いた方向へなびくだけ。新しい総裁が倒れたら、また次の「勝ちそうな候補」に尻尾を振るのでしょう。そんな人たちがこの国を動かしているのかと思うと戦慄します。

 

会社にたとえるなら、こんな感じになるでしょうか。

顧客や社員のことを考えていない経営者たちはいつも仲間割れをしている。1年前まで「社長ぉー。一生ついて行きますよ」と言っていた自称安倍派の専務や常務は、実はあちこちで社長の悪口を言いまくり、内部情報を社外に流して足を引っ張っていた。

そして会社がシェアを落とし、社長が過労で倒れるや否や、経営者たちは次の社長候補に対し「われこそは元祖福田派なり!」とこぞって支持を表明した。なぜかと言えば「勝ち馬に乗りたいから」。

・・・こんな会社には絶対投資したくありませんよね。
おまえらは経営もせずになにをやっているんだと。
まずは今の社長を支え、そうでなくとも会社の行く末を考えてビジョンを戦わせろよと。投資家ならこう考えます。

逆にライバル会社がこんなだったらアホだったら笑いが止まりません。ニヤニヤしながら弱ってゆくのを観察し、ときどき内紛を煽って楽しんでみたりして(←いじわる)。しかし外部の敵がまったく視野になく、顧客や従業員のことも考えないアホ会社は、潰れて当然だと思います。歴史をひもといても、内紛で消滅してしまった国は枚挙に暇がありません。

 
 
また、今回の総裁選は青少年の教育にも良くないと思いますよ。

「いじめは良くない!」と言っている有識者や政治家たちが同じ口で安倍さんをいじめまくり、関係ないことまで安倍さんのせいにして選挙でノーを突きつけたわけです。彼が理想的な政治家ではなかったにしても、自分たちで選んだんだからあんたがたが大好きな「任命者責任」(笑)とやらがあるでしょう。みんなのために働いてくれた人に対してそんな仕打ちをしていたら、まともな人間は政治家になりたがらなくなってしまいます

今の自民党議員たちは、「世の中で大切なのはビジョンやサービスではない。いかに相手を陥れ、弱ったものを叩き、勝ち馬に乗るかだ」という価値観を日本中に植えつけています。野党は昔からそういった傾向がありましたが、もはや自民も同じぐらい末期的ですよね。それを国民の代表である国会議員たちがテレビで毎日やっているのですから、これ以上ネガティブな教育はありません。

 

ただ、実はこういった現象は世界共通なのではないかと考えるようになってきました。どこでも平和で豊かな時代が続くほど民衆・政治家ともに質が下がり、社会全体の統治能力が下がってしまうのではないかと。

その行き着く先は滅亡だったり復活だったりするわけですが、その前に「不安感の蔓延」「公共心の崩壊」「ファシズム・宗教の流行」「戦争(内戦)」などの岐路が待っており、その対応によって結末が変わってくるのではないかと感じています。

(続く)

« 興亡のサイクル(1) 「社会規範の崩壊」 | トップページ | 興亡のサイクル(3) 「闘争技術」「価値創造技術」、そして「既得権」 »

コメント

>年金問題に怒った国民が、自治労の議員を大量に当選させてしまう国

この件については大変苦々しく・・・なぜなんでしょうか??マスコミに踊らされた??
社会保険庁が自治労の最強部隊で民主党支持ということを国民がしらない??家にテレビがないのでどんな報道がされていたのかわかりませんでした。

初めてコメントします。

>年金問題に怒った国民が、自治労の議員を大量に当選させてしまう国

私も、なぜ年金問題で自治労(国費評議会)=民主党であるにもかかわらず、民主が大勝したか理解できませんでした。

ただ、家内の実家の両親は知りませんでした。確かにテレビでもほとんど出てません。関西系のテレビで一度見たことが有るくらいです。
・・・あきらかにマスコミの情報操作では?

GUNさん、ぶー太郎さん

マスコミの影響は大きいでしょうね。私もあまりテレビを見ないのではっきりしたことは言えませんが「年金の記録がない=自民が悪い=安倍が悪い」というアホなロジックで文句を言っていた記憶があります。

民主党ならそんなミスは起こらなかったのかよと、少し考えたらわかりそうなもんですけどね。

自分の頭で考えもせず、雰囲気で投票する有権者にも問題があると思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070916-00000902-san-pol
いきなりコピペで済みませんが
これがある程度正当な評価というものです

日本人は基本的に自分で考えると言うことをしないという典型的な例をまた露呈してしまいました・・・。
戦前と全く変わってないのか痛々しいです。

今は情報を集められる時代なのにアクセスせずメディアといった間接的情報を鵜呑みにします
しかしながら、直接的情報からの思考、またメディアでの批評等を総合的に練った考えを否定するといったことも確実になされています。

言うなれば大多数が同意しているのだから間違いないという悪習です(日本の村思考の事は省く)

この悪習に日本はどんだけ不利益を被っているか… 適切な評価体勢が構築できない…
どうやったら直ると思いますか?みなさんの意見をお聞かせ下さい。

党が末期と言うよりも小泉ブームに乗っかって当選した泡沫議員の典型的な行動が露呈しただけかと思います。自らの意思・思考を持たない議員は昔のマドンナ旋風と同じく次回で議席を失うでしょうね。ブームや権力に乗ろうとするのは人間の典型的な行動で、それが自分の実力であると勘違いしなければ大きな失敗はないと思います。そういう意味で今回の参院選で大敗しかつ、下野した経験のある議員が多い自民党は強いと考えています。
逆にテロ特措法の反対で世界を敵に回した小沢民主党に次は無いと思われます。

>日本人は基本的に自分で考えると言うことをしないという典型的な例をまた露呈してしまいました・・・。
わからない、知らないことについては分かる人に任せるというのが一般的な考えだと思います。素人が俄知識で物事を進めて惨事を齎す事が多いという考え方が根底に強くあり、自らの思考=素人の考えとして放棄してしまう要因でもあると考えます。
また情報戦という言葉があるように、幾らアクセシビリティが向上したとはいえ、そこから事実に辿り着ける人間は極僅かだと思います。事実を導き出すだけの情報が常にネット上にあると考えるのも危険かと思われます。

>GFさん
私も、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070916-00000902-san-pol
をみました。
はっきり言って悲しくなりました。

安倍さんの辞任のタイミング等については、問題あるかと思いますが、国民投票法の制定
や特に外交では成果が大きかったと判断していました。豪との安全保障協力に関する共同宣言、インド洋での日米印豪星合同軍事演習。こういうことは外交政策に一貫性がないとできないかと思います。(米が後ろで動いてたとしてもです。)

最もこういうニュースは日本ではあまり報道されず、されてもニュースの一つ的な扱いだったかと思います。これらの実績を日本の言論人やマスコミが評価せず、ひたすら叩き、挙句の果てに、外国が別の評価する。また、それが正しく見えるということが、非常に悲しかったです。

ただ、こういうマスコミの情報を鵜呑みにするという言動に対しては、現実対応策がない気もします。自分で考えるということを一人ひとりが理解するしかないと思います。
もしくは、新たなマスコミを立ち上げるとか、つぶれかけの地方局を買収でもして情報発信するくらいしかないのかな?と絶望的に考えてます。

GFさん、通りすがりさん、ぶー太郎さん

おっしゃるとおり、日本国内でもこれぐらいの評価はあっても良いと思います。しかしそうではない人たちの声が異様に大きく、他の意見をかき消してしまうんです。

「わからないことはプロに任せる」というのは今の高度な役割分担の中でそうせざるを得ないのですが、実はこの態度は「信頼できる人々の間でしか有効ではない」んですよね。

マスコミが情報を捻じ曲げようとしたり、投資のプロが預かり資産をくすねようとするとき、その信頼が仇になります。高信頼社会である日本が持っている強みでもあり、弱みでもあるんでしょうね。

「自らの意思・思考を持たない議員は昔のマドンナ旋風と同じく次回で議席を失うでしょうね。」ということを私も常に希望しているのですが、「自らの意思・思考を持たない選挙民」が常に当選させてしまうという(笑)。ホントに民主主義って弱点も多いよなと考えてしまいます。

声の大きな人達も息が長く持つとは限らないので、数年経ってみたら、日本での安倍さんの評価も米国並みになっているかもしれません。

>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070916-00000902-san-pol

上記サイトを読んで、意外と再登板の芽も出てくるかもしれないと考えを改めました。
再評価されるのが仮に10年後だとしてもまだ62歳。
今の麻生さんや福田さんよりずっと若い。

アシモさん

そうですね。負った傷は深くても安倍さんにはまだ時間があります。鄧小平なんか独裁国家で3回も失脚したのに、最後には頂点に立ちましたからね。

その頃にはこういった評価を日本人が行って、選挙に反映できるような国になっていてもらいたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/7957268

この記事へのトラックバック一覧です: 興亡のサイクル(2) 国や会社の末期症状:

» 怒れ国民!特に転職経験者・・・年金問題 [負けない!試験対策(FP、公務員中心)]
支払われていない年金がここにも・・・ [続きを読む]

« 興亡のサイクル(1) 「社会規範の崩壊」 | トップページ | 興亡のサイクル(3) 「闘争技術」「価値創造技術」、そして「既得権」 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク