新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 興亡のサイクル(8) 戦争によって公共心が戻る? | トップページ | 選挙という名の内戦 »

2007年9月30日 (日)

もうひとつの導火線

ビルマ(ミャンマー)で軍がデモ隊に発砲し、多数の死者が出ました。一説には200人以上とのことですが、情報が遮断されているため確認が取れません。

まずは銃撃で亡くなられた長井健司さん(50)のご冥福をお祈りします。危険を顧ず報道に殉じたその姿勢は、ジャーナリスト魂そのものです。

 

さて、この話を聞いたときの第一勘は「あちゃー、こちらの導火線にも火がつきやがったか」ということです。

ビルマは軍事独裁政権であり、西側諸国から総スカンを食らう中で、中国との結びつきを強めています。特に重要なのは

  1. 中国が海軍基地を作っている
  2. 天然ガスを雲南省経由で送っている

ということです。

1はつまりインド洋への出口=中東の石油への近道ということですから、結局ビルマは中国のエネルギーを確保する上で重要な拠点ということです。

 

日本の報道は伝えてくれませんが、国際情勢は

中ロ vs 米英欧NATO

の対立が先鋭化しています。その表舞台は

  1. 朝鮮半島(6者協議、米日との国交回復)
  2. 台湾(国連加盟、独立宣言)

だけだと思っていたのですが、「そう言えばビルマもあったんだなあ」と再認識した次第です。

 

今の日本は安倍政権から福田政権に移り、中国側に少し傾いたと言われています(まだ判断はつかない)。さらに豪州の次期首相は超親中と言われています。

仮に日豪が側に付くのであれば、米国は太平洋を越えて中東の石油を運ぶことができません。日豪と米を戦わせている間に中国はビルマを通じて中東の石油や天然ガスを仕入れることができるわけです。

雲南省を通じると沿岸部に届けるまで大変そうですが、太平洋側に回ると米国海軍に潰されるかもしれませんので、裏口を作っておきたいんですな。中国がビルマ軍事政権を援助するのは、そういった理由からです。日豪が簡単に中国側に転ぶとは思わんですが、中国が描くベストシナリオのひとつではあろうと思います。

 

世界のメディアでは「自由のない独裁国家が、罪のない人々を虐殺した」とビルマ軍事政権を責めています。これはビルマ政府を責めているようでいて、実は中国の傷口に塩を塗りこんでいるんですな。

というのも、この事件は天安門事件を思い出させてしまうからです。自由を求めた学生たちを、戦車でひき潰したあの事件・・・。今のビルマ政府に勝るとも劣らぬ暴挙だったのですが、常任理事国であるがゆえに国連から非難されることも制裁されることもありませんでした。

その記憶とともに、中国政府は「民衆を撃ち殺す非道政府の黒幕」として糾弾されようとしています。まあ古い人間は、カンボジアのポルポト政権がやったこともついでに思い出しちゃいますけどね。あとはチベットの宗教弾圧やらいろいろと(笑)。

このように、国際社会がビルマを責め立てることは、間接的に中国を締め上げることになってしまうのです。

  

そんなわけで、朝鮮半島と台湾に次ぐ第三の導火線に火が着いた感じですね。僧侶のデモも実はCIAが糸を引いていたりして(笑)。

ともあれ、ビルマ情勢は要注目です!

水島ぁー! 一緒に日本に帰ろうー! 
    ↑
ビルマと言えばこれでしょう。いまだに「ミャンマー」と言われてもピンと来ないオヤジより。

« 興亡のサイクル(8) 戦争によって公共心が戻る? | トップページ | 選挙という名の内戦 »

コメント

はじめまして。
安間さんは、世界の中で今もっとも民度の高い国はどこだと思われますか?
背水の陣のアメリカでしょうか?

富国強兵さん

私の知る限り、日本は西欧諸国よりも民度が高く、世界最高レベルにあると思ってます。

ただしそれで国を維持できるかどうかというのは別の話で、謀略が渦巻く国際社会においては「良い子はカモられる」リスクが高いように思います。

そういう意味での民度の高さ(総合力)ではイギリス・スイス・イスラエル・スウェーデンあたりに強さを感じますね。

スイスの民度の高さは群を抜いてますね。
主にスイスの防災に対する対処方法を記述した「民間防衛」って本には宣伝戦の記述がありました。
スイス政界にチャイナスパイが跋扈しているって話は聞かないですよね。

今回のビルマの騒ぎなんですけど、ウクライナのデジャブが浮かんでるのは僕だけですか?(^^)

やばいボタン押してしまった。

原油が値上がりしたのって、昨日今日の話じゃないし。
価格は統制できてたとしても、量で調整されちゃうはずだし。

安間さん、nicolloさん

ありがとうございます。
自分の頭ではなかなか浮かんでこず、とても参考になります。

明治維新のころ、福澤さんらが列強の良いところを頑張って採りこみましたよね。
ああいうのを、今の日本もやってはどうかと思っているのです。

イギリス・スイス・イスラエル・スウェーデンの国体・政策を勉強してみようと思います。

富国強兵 さん

それらの国はいずれも徹底したリアリズムをもとに国を統治している感じですね。

その中でも特にスイスは、nicolloさんご指摘のようにひとつ頭が抜けています。「民間防衛」が学校で配られて、全員分の核シェルタが用意されています。日本も本来はそれぐらいやるべきだと思いますけどね。

スイスの歴史を勉強すると、傭兵たちの徹底したリアリズムが現在の金融業にまで息づいているような気がします。

nicolloさん

私も同じ連想をしていました。ウクライナ、グルジア、キルギスのように、周辺国を切り崩すための「民主化」「革命」ですよね。

するとビルマ政府もそれがわかっていて、「プーチン流の強手」で応じたということかな(笑)。

>周辺国を切り崩すための「民主化」「革命」ですよね。

そうです。
あの坊さん達の足はどうやって調達したんでしょうね?
お弁当は?

あの坊さんをサンドイッチするフォーメーションも誰かが指示しなきゃできないですよね?(^^)

>イギリス・スイス・イスラエル・スウェーデン

地政学的には、イギリスが最も手本になりそうです。
ていうか、明治維新のころから、いい教科書だったような。
ただ、イギリスが日本よりシビアだったのは、アイルランドとの内戦に近い対立が国内であった為のような気がします。

ミャンマーについては、「ASEANは何しとるんじゃ」と、少しググってみると、
2007年1月11日、フィリピン・セブ島にて開かれた外相会議で、
*ミャンマーの民主化問題への懸念
*アウン・サン・スー・チーの早期開放の要求
が出されています。
その二日後、2007年1月13日の首脳会談で、「政治・安全保障」「社会・文化」での連携を深めるASEAN共同体の設立を目指す事を全会一致で採択したが、その第一歩である、共同体の最高規範となるASEAN憲章制定については、内政干渉を嫌がるミャンマーの反対で、お流れになったようです。

安倍首相の失脚といい、中国の外交攻勢がより一層活発になってきたように私には思えます。中国の目指す所としては、ミャンマーのASEAN離脱と衛星国化でしょうか。
中国の軍事力は質が伴っていない為、現時点ではそれほど恐ろしいものとは思っていませんが、外交能力については世界最高レベルだと思われます。
第二次大戦でアメリカと戦争する羽目になった過去を持つ日本としては、よくよく注意する必要がありそうです。

nicolloさん

さすが、ツウなところを見てますね。

ここのところ「民主化運動は武力で抑えられる」という傾向がずっと続いています。確かにそれがうまく行けば、中国やウズベクのように独裁を続けることができます(そうでなければチャウシェスク状態ですが)。

こういった手が通用しないとなると、アメリカはどうするんでしょうか?


(よ)さん

なるほど、イギリスには戦う理由があったので日本ほどお気楽ではなかったと。確かにスコットランドやアイルランドから見れば「ずる賢い侵略者」というイメージですもんね。

私の中国評は「科学技術や戦闘はからっきし。だけど洗脳・諜略は世界トップレベル」というものです。モノはまた作れますけど精神を破壊されたり、意識に浸透されたら終わりですから。いつの間にか自分で自分の首を絞めることになるという…敵にするとやっかいだと思いますよ。

>こういった手が通用しないとなると、アメリカはどうするんでしょうか?

えっ、どうするかって?
決まってますがな。
答えは「予算を消化するまでCMを打つ」ですよ。(笑)

↓たぶんラングレーでこんな会話してますよ。

オフィサー:
「あーー!!お前こんな予算余ってんじゃねーーか(怒)。
経済統計に歪な形で出るとウルせーーんだよFRBが。」

アナリスト:
「シャーないじゃないですか。テヘランのオペレーションがポシャったんだから。」

オフィサー:
「うーーん。。。。。。おそうだラングーンでCMながそーーや。あれ結構エキストラ動員すると予算消化できるんだよ。さっそく広告代理店手配してくれや。」

アナリスト:
「ふぁーい。もしもーし。おーースーチーー久しぶりーーーー。それいいね。どこの坊さんがいいの?」

拝啓、諸氏の話の中に横レスとなります つらつら鑑みるに日本の民度は最近 著しく低下したとは云え世界一だと思います。       しかし、残念ながらお人好し・騙され易さ・カモにされ易さも世界一であります。


良い意味でのしぶとさ強かさを発揮出来れば日本の国益に叶うと愚考しております。m(__)m               乱文にて  草々

・ミャンマーには中国が海軍基地を作っている
・ミャンマーには天然ガスを雲南省経由で送っている

・中ロvs米英欧NATOの対立の一つとしてのミャンマー


目から鱗が落ちました。成る程ね~・・・ありがとうございました。

nicolloさん

なるほど、予算が余ったから広告に使ったんですか(笑)。そんなカネあるなら平和ボケ同盟国を何とかせんかい!

(^O^)風顛老人爺 さん

そうなんですよね。みんな頭いいんだから、カモられないように自衛しようよと思っています。それが日本人の良さでもあるんですが、途方にくれる時があります。

kitahoriさん

どういたしまして。断片的な情報ばかりに見えても、こういうときにピーンとつながったりするんですよね。この流れで見ると、ウクライナの選挙でもかなりやり合っていることがわかります。

>そんなカネあるなら平和ボケ同盟国を何とかせんかい!

オフィサー
「何だねエージェント逆張り君。我々の同盟国という名の植民地は20地域ほどあるのだが、君の担当は極東だからおそらく日本・台湾・韓国・パラオのいずれかの話だと思うが。。。。
まず日本政府に関して言えば大英帝国統治下の東インド株式会社並に、
我がドル基軸カツ揚げ機能に貢献しているので、ロッキード事件の様な大規模な工作を仕掛ける必要は感じないな。
したがって予算の増額はない。上手く言っているときはやり方を変えない。
役人の処世術の基本ではないか。続いて台湾だが。。。。。」

中国が中東(とアフリカ)の資源と引き換えに何を輸出しているのかを考えると情勢的には、
中ロ vs 米英欧NATO
よりは、
中国朝鮮イスラム vs 自由主義連合 + ロシア?
という感じではないでしょうか?
イスラム勢力の討伐はロシアの得意分野なので、味方だと心強いのですが余り動きが無いようですね。
日本もまた岐路に立たされています。
安倍首相の辞任を気に国内の左翼勢力が蠢き始めました。彼らはダッカ事件からも垣間見えるようにイスラムテロリスト側の存在です。中国・朝鮮にいろいろされちゃっている方も(上の図式で)左側に位置します。彼らを一点を纏めたのは何かというと、ずばり「テロ特置法反対」でしょう。
安倍首相は自分の首と引き換えに日本国内にいる敵の存在を世界に向かってアピールしました。現在の首相はかつてダッカ事件で国際的非難を浴びた対応をされた首相の息子さんです。自由主義連合はこの敵を狩るために力を貸してくれると思います。一連の行動は全て国内の敵を無力化するために仕組まれた策なのかもしれませんね。

nicollo さん

サー! 油断している間に、日本も韓国も台湾も「アカの手先のオ〇ェラ豚」ばかりであります!
「原爆を落としたアメリカは残虐なレイシスト」というアカのプロパガンダシャワーを浴びて、こちらにカミカゼアタックをかましそうな勢いです!再洗脳工作の予算をお願いします!

通りすがり さん

ロシアはアメリカを第一の敵と考えて、消去法的に中国と手を組んでいるみたいですよ。ちょうどウクライナの選挙がありましたので、それをからめて次の記事を書きます。
自由主義連合が力を貸してくれると助かりますが、基本的には自分で国を守らないといけませんな。そいう意識が薄いことが困ったもんですが。

オフィサー
「エージェント逆張り君。
いいか思い出せ!!
私はいつも『任地惚れは起こすな、全体の絵を見ろ』と口を酸っぱくして言って来たはずだ!!

我々のおかれた立場を冷静に考えるんだ。
我々のボスに、そのアカから幾ら選挙資金が流れていると思っているんだ?
選挙資金だけじゃないぞ。
ケイマン諸島の秘密口座にもだ。

我々は諜報機関であるから議会の直接的な監視は受けないが、免責を受けるには大統領令にボスの署名を受ける必要がある。

そんな予算案に署名すると思うか?
ミャンマーのオペレーションだって、あのアホはミャンマーがどこにあるか知らなかったから署名しやがったけどな。
あの後、党大会のイベントに来たチャイナロビーにがっつり油絞られたみたいだ。わはは。

したがって、幾らあのアホだって「日本」、「台湾」なんてワードが出てきたら署名するわけねーだろ。

次の旬なネタはなんだろーな。
「モンゴル」あたりが良いな。
あいつモンゴル知らねーだろ?(笑)」

「昭和の闇」と呼ばれた部分を明らかにすることで敵の一掃は可能、と思われます。しかし同時に芋蔓式に政官法財、国家の中枢から大量の逮捕者と死体が湧き出ることになります。
実務者の失脚と沸き起こる政治不信による国家機能の麻痺、行き着く先は「国体の破壊」でしょう。
右翼・左翼過激派、テロリスト、外患誘致者・・・彼らの目的はこの「国体の破壊」ですから、彼らを締めることが同時に彼らに手を貸すという矛盾に、心ある人たちは悩んできたのではないでしょうか?
既に日本は外国の力を借りなければいけないほど病巣に侵されているのですが、戦前の日本から鑑みると、最悪の選択肢を回避可能できるだけ多少は進歩しているのだと思います。

nicolloさん

本当にありそうで恐いですな。普通のアメリカ人は世界地図見ないらしいし、みんな米ドルを使っていると思っているらしい(笑)。

通りすがり さん

そこなんですよね。政治家に利権やら汚職やらあっても、国益に合致している限り腹が立ちません。逆に清廉潔白でも無能であっては困ると思っています。 しかしさすがに、ドロドロの真っ黒けで国を売られるとねえ(笑)。

最悪を選択できるというのは、民主主義では「上出来」と言っていいでしょう。しかし「今回は本当に最悪を避けられるのかな」と思ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/8170745

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの導火線:

» 痴漢バス女子校生 桃咲あい [桃咲あい(江藤ひな)]
キュートなルックスと低身長がたまらない「桃咲あい」ちゃんが、人気の「痴漢バス女子校生」シリーズに登場です。ある日、通学バスで痴漢に遭遇した事をきっかけに女子校生あいに降りかかる様々な災難。ストーカー被害や相次ぐ痴漢行為、弱みを握られた上でのSEX強要などに女子校生あいの小さな体は耐えられるのか…? 無修正画像はこちら [画像]... [続きを読む]

» ◆『為替侍の究極FXスワップ運用で不労所得!』 PDF版◆ [FX・株取引必勝ブログ]
◆『為替侍の究極FXスワップ運用で不労所得!』 PDF版◆当マニュアルは現在の政策金利や市場レートだけを考慮して作成したわけではありません長期的な視野で市場を捉え、マニュアルにしています「つまりポートフォリオによるリス... [続きを読む]

» 儲かる投資塾 [儲かる投資塾]
3年間で4億円稼ぐ! [続きを読む]

» 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か? [米流時評]
  ||| 消えた六千人の僧侶、第2の大虐殺か? |||黙殺するな!ミャンマーで進行する虐殺 生きたまま焼却の疑い 忽然と消えた6千人の僧侶、僧院から全員拉致連行され行方不明 今この瞬間も、ビルマでは大変なことが起っている。このまま見過ごすとただならない数の虐殺が、歴史のページに刻まれてしまいそうな、凄惨な成り行きなのだ。 (昭和世代の私には「ミャンマーのヤンゴン」よりも、やはり「ビルマのラングーン」の方がピンとくるので、後者で呼ばせていただく。) ビルマの僧たちが軍事独裁政権の圧政... [続きを読む]

» ヤンゴンで恐怖の人間狩り・EUミャンマーを取引停止処分 [米流時評]
    ||| ミャンマー政府軍恐怖の人間狩り |||国連特使離陸直後から徹夜でヤンゴン市内のデモ参加者を強制連行 EU が貿易取引停止決議 米・豪、国連へ非難決議案、中・ロ傍観 ミャンマー・ヤンゴン(旧名ビルマ・ラングーン)発 |ミャンマーの軍事独裁政権は現地時間で3日水曜、国連からの特使がヤンゴンを離れた後、市内全域で再びデモ参加者の摘発を開始し、それまで以上の市民を逮捕連行した。国連の特使は、国際的な非難の嵐を巻き起こした、政府軍のデモ参加者に対する暴虐な弾圧を終わらせようという試みで... [続きを読む]

» なぜビルマの声は我々の声なのか [米流時評]
||| 米流時評:ビルマの声は我々の声 ||| 米流時評アピール:「なぜビルマの声は我々の声なのか」 かつて国連は、世界平和のシンボルであった。第二次大戦後の戦勝国のルールで補強されたコンセプトではあったが、ヒットラーのような独裁者の出現を2度と許さないという一点では、誰も異存なくその方針を支持したはずだった。国力の大小にかかわらず、全ての国が総会での議決投票権を持ち、少なくともそのシステム自体が「民主主義」を具現化したシンボルであったはずだった。 しかし昨今ではどうだろう。つい最近の... [続きを読む]

» なぜビルマの声は我々の声なのか [米流時評]
||| 米流時評:ビルマの声は我々の声 ||| 米流時評アピール:「なぜビルマの声は我々の声なのか」 かつて国連は、世界平和のシンボルであった。第二次大戦後の戦勝国のルールで補強されたコンセプトではあったが、ヒットラーのような独裁者の出現を2度と許さないという一点では、誰も異存なくその方針を支持したはずだった。国力の大小にかかわらず、全ての国が総会での議決投票権を持ち、少なくともそのシステム自体が「民主主義」を具現化したシンボルであったはずだった。 しかし昨今ではどうだろう。つい最近の... [続きを読む]

» 長井記者のご冥福をお祈りします・・・ミャンマー [負けない!試験対策(FP、公務員中心)]
週末読書中に、ミャンマーで軍部の発砲により倒れた長井記者の最後の写真を眼にする機会がありました。ご冥福をお祈りいたします。 アフガンやエルサレム関係でご活躍されていた方だそうで、私大ファンの宮嶋茂樹さんともご親交があったそうで。 こういう方のもたらす情..... [続きを読む]

» 何がなんだかわからない [Jin and Tonic]
世界が動きすぎなので気になるニュースをただ淡々とメモ。 ★イラク情勢、どうなるんだか?CNN ブラウン英首相がイラク電撃訪問、英兵千人の撤退を発表http://www.cnn.co.jp/world/CNN200710020028.html治安、よくなっているんですかね? ★プーチン、今から首相に??CNN プーチン氏、ロシア下院選に立候補へ 首相就任も「現実的」http://www.cnn.co.jp/world/CNN200710020004.htmlそんなのあり? ★イスラエルVSシリア+北朝... [続きを読む]

» 為替侍の究極FXスワップ運用で不労所得! [fx スワップ金利]
為替侍のFXスワップ運用手法を全て公開!究極のリスク・コントロール!当スワップ運用マニュアルは建値ポイントや仕切ポイントだけではなくレバレッジ・コントロールやポートフォリオなどスワップ運用に必要なものを全て掲載しています。問い合わせメールを何通かいただきましたQ.突然の円高相場は大丈夫でしたか?Q.今回の円高相場でマージンコールかかりませんでしたか?全く問題ありませんよ!リスク管理は徹底してます!この程度の円高暴落で慌てるようでは究極のリスクコントロールとは言えませんよね!『...... [続きを読む]

« 興亡のサイクル(8) 戦争によって公共心が戻る? | トップページ | 選挙という名の内戦 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク