新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 主流と異端のバランス(3) 下克上M&A | トップページ | 2007年レコード大賞にコブクロの「蕾(つぼみ)」 »

2007年12月28日 (金)

投資家教育の可能性と限界

最近よく、「サブプライム問題ってどうよ?」と聞かれます。

詳しいことは会員サイトのレポートに書いているのですが、私の意見をまとめるとこういうことになります。

  1. サブプライムは深刻な問題。もっと信用力が高いALT-Aやプライム層まで悪化するのではないか。
  2. 大手の金融機関は「損失計上+資本増強」のセットでこれを処理している。しかし損失計上も資本増強もままならず、息を潜めている金融機関は山ほどあるはず。これはいずれ表に出てきて、対処を迫られるだろう。
  3. なぜなら日本の不動産バブルと同じで、究極的には支払い能力(ソルベンシー)の問題になる。利下げや金利減免をしたところで払えないものは払えない
  4. しかし1-2年は金利低下によって世界的に株価は上がると予想している。影響を受けない国やセクターではバブルが起こる可能性が大。その後はたぶん地獄。

 

こう書きながらも、多くの誤解を与えてしまうんだろうなあと頭の片隅で考えてしまいます。 

というのも、実はこのストーリーにはデータ分析や経験則に基づいており、「株のインデックスは上昇する」とは言っていても「すべての株が上昇するわけではない。むしろ二極化が進む」という本質の話が隠れているからです。

たとえば金融株はこれから数年「相対的にダメ」その後は「絶対的にダメ」、おいしいのは3-4年後からと予想しています。金融株の中でも信用サイクルの直撃を受ける銀行やノンバンクはダメダメ、デット系投資銀行はダメ、エクイティ系投資銀行は悪くないなどと、いう結論が導き出されます。同様のロジックで、「大型株は良いが、中小型株はいまいち」という理由もレポートで繰り返し言っています。

しかし私がここで「サブプライムで株はむしろ上がる」と書いてしまうと、信用力の低い銀行を買ってしまったり、中小型株に集中投資してしまう人が出てきてしまいそうです。

自分が発した情報の一部だけ切り取られたり、都合の良いように解釈されるのは昔からあることなので覚悟しています。しかし最近は特にその怖さというか、影響の大きさを感じることがあります。

で、思うのは「投資情報発信や投資家教育には社会的意義やビジネス的可能性がある反面、限界もあるな」ということ。

 

本にも書きましたが、「情報の価値は受け手の能力に依存」します。どんなに有用な情報を出しても、受け手がそれを感じる力がなければ何の価値もない。むしろ都合の良い解釈を加えて、損をしたらこちらが恨まれたりします。

逆にこちらが1の情報を出しただけで、5にも10にも発展させて利用する人もいます。そういう人は「信じる信じないは自己責任」という原則が徹底しているので、私の見通しが間違っていても恨み言を言われることはありません。こちらとしても非常にやりがいがあり、ありがたい話です。

投資家教育は前者を救うことはできません。後者の人々が回り道をし、痛い目にあう時間とコストを短縮するだけです。人口比率にして5%以下でしょうか。幸い会員サイトには後者のマニアックな人々が濃縮して集まっているのでストレスを感じませんが、投資に関する情報をどう取り扱うかについての難しさをひしひしと感じます。

 

投資で勝ち続ける人は5%もいないと言われています。その理由はおそらく、「投資の技術や考え方を教えることはできるが、性格や信念を変えることはできないから」ではないでしょうか。

信じたストラテジーを守り続ける強い意思、あらゆることから学び続ける向上心、状況に対応する柔軟性、自分のアホさと失敗を認める余裕・・・これら矛盾する資質を持ち合わせた人間はそうそういません。頑固すぎれば柔軟性や向上心がなくなり、柔軟すぎると一貫性がなくなります。

そういった絶妙の人格形成の上に「優れた投資家」は成り立っており、それは社会における人気者や、ビジネスにおける成功者とは異なります。人間は誰しも社会生活に適応するために進化し教育を受けているので、多くの人は多数派として埋没する傾向があります。逆に投資で成功する人間は良い意味でも悪い意味でも異端であり、どうしても少数派にならざるをえないのです。

成功する人は少数派であるという基本構造の中で、より多くの人に情報を発信するという矛盾・・・単純に考えて「理解され感謝されるより、誤解され恨まれる可能性が高い」というリスクを背負うことになります。

しかし逆に「量をこなさないと質は上がらない」「裾野を広げないと頂点は高くならない」、つまり「多くの人に教育機会を与えないと、トップレベルも低いものにとどまる」という法則もあります。

ということは「日本を投資大国にしたいのであれば、自分は誤解されて恨まれてもいいから情報を発信してゆく必要がある」ということ。悩ましいっす(笑)。

 

自分は投資の技術・考え方について、知っていることの約98%を公開しています。残り2%は同業他社にマネされると怖いので、自分の優位性(エッジ)を守るための保険として黙っています。それからこういった秘伝の知識は自分ひとりのものではなく、いろんな人からこっそり教わった「共通の秘密」だったりするので、自分の都合で話すことはできないのです。

しかしたとえ自分が知っているすべてを公開したところで、「投資で勝ち続ける人は5%以下」という状況に変わりはないでしょう。ずっと儲けている人が、さらに儲けるだけの話です。しかし儲ける人のレベルが上がって運用をやってくれるのであれば、日本人がカモにされることなく世界から投資収益を巻き上げることができるかもしれません。

 

そんなわけで、誤解されたり恨まれたりする可能性はあるけど、このまま情報を伝えてゆくしかないんでしょうね。本やブログに書いておけば、今は理解されなくても後世になって評価されることもあるでしょうし。

別に大衆から評価されたいわけでもなく、それはむしろ危険なことかもしれないと感じています。しかしまあ、自分が思ったまま投資家教育を続けてみますわ(笑)。

 

« 主流と異端のバランス(3) 下克上M&A | トップページ | 2007年レコード大賞にコブクロの「蕾(つぼみ)」 »

コメント

よく言っていただけました!

*********
「信じたストラテジーを守り続ける強い意思、あらゆることから学び続ける向上心、状況に対応する柔軟性、自分のアホさと失敗を認める余裕」
*********

→ 運用ではない私生活で、今まさにこの状況に陥ってます。よく言っていただけました。でも、70%くらいは吹っ切れていますので、少しでもこのレベルに行けそうかな?と

人生いろいろありますね。 

o(^o^)o エクスパット

エクスパットさん

投資家の資質をカッコよく書きすぎて、人生において成功する秘訣みたいになってますね。それがエクスパットさんの感性に通じたのでしょう。

何のことだか気になりますので、今度聞かせてください。

07年を飾るにふさわしいお言葉です。忘年会で「来年は何が上がるの?」などと訊いてくる奴に限って、「○○さんは何か怪しいよ、昼間から株やってるらしい」と陰口たたくのが日本です。ありとあらゆる情報や知識を自分の頭にぶち込み、そして孤独に一人で決断・信じる道を進むのは大変だからこそ、
先生の不定期にアップされるお話がグッと胸に刺さります。(別に頻度を上げてくれと言っている訳ではありません)来年が我々にとって良い年でありますように。

うーん、なんとも恐ろしいお話でした。

**********
「情報の価値は受け手の能力に依存」します。どんなに有用な情報を出しても、受け手がそれを感じる力がなければ何の価値もない。むしろ都合の良い解釈を加えて、、云々
**********

まんま、私です。。
変な思い込みと、早合点(したつもり)で
人の話を、違うように受け取ることが非常に多いです。
安間さんのお書きになったことを、どれだけ正しく受けとめられているのか、定かでないです。。

ですが、2007年は、安間さんのおかげで、少しでも知見を広げられたかと思います。
06年末に、安間さんのご本を読み、安間さんの、物事のとらえ方に「こんな人がいてくれたんだ!」とびっくり! 早速HP → ブログも拝見し。お薦めのメルマガ購読を開始したり、本を買ったり。
地政学というものを知り、楽めましたし、海外の政治に興味が出たり、自分に流れる日本人の血を、よくも悪くも意識し、感謝できたり。
安間さんのご本を読んだ、当初の目的・興味から、ちょっとはずれてきているようにも感じますが、でも、私なりに世界を広げてこれたように思います。

つい、長長々と書き連ねてしまいましたが、要するに
2007年、お世話になりました
2008年も、ブログ、楽しみにしています!
ということなのです。
今年も、どんどん、その骨太にして怜悧なメッセージを発信してくださいね♪

ナッキーさん、明けましておめでとうございます。

いやほんと、投資家は孤独です。周囲に理解者が少ないのでブログで情報交換したり、時々集まっては酒を飲むわけです(笑)。

しかし経営者も孤独ですし、「どの国でも知識層は5%」と言われることを思えば、投資家の数が少なくて孤独なのは当たり前かもしれませんね。構造的に仕方のないことかなと思い始めています。

ともあれ、本年もがんばりましょう!


たかぽんさん、ありがとうございます。

しかし「受け取る能力」というのは同じ人でも分野によってかなり違うと思いますよ。

たとえば私は投資に関しては情報を受け取るアンテナは発達していますが、女心がわかりません(笑)。

今でも「全然聞いてない」とか「わかってない」と言われることがたびたびありますし、若い頃には「私も好きなんだからちゃんと口説いてよ!」と叱責されたことがあります。よほど要領を得ないアプローチだったのか、相手のほうがシビレを切らしてしまったようです(爆)。

この場合、私は「女心を受け取る能力がゼロまたはマイナス」ということです。それでも「ああ、センスないんだなあ」とわかるだけまだマシで、改善できるところはできる限り改善してゆこうと思っています。

自分でも何を書いているのかわからなくなってきましたが、要するに「同じ人でも分野によって得意不得意がある」「すべての進歩は『俺はここがダメだなあ』という自覚から始まる」「だから一緒にがんばりましょう」ということです。

これからも心に響く深いメッセージを適当に配信します。本年もよろしくお願いいたします。

>>情報の価値は受け手の能力に依存

本当にその通りですね、良くわかります。ある意味、発信者・受信者双方のコミュニケーション技術に依存する部分もありますが、能力というと、双方の信念やら価値観まで含むのかな。

信念や価値観は、部分的には共有可能ですが、まず同一にはならないでしょうから、コミュニケーションの限界なのですね。自分の仮定とか想定のヒントやキーワードが得られるような情報を交換できると良いですね。

最近は、目の前の日本という国の国力低下のニュースばかりで暗いですね・・・日本人は変化を望まな過ぎる・・・民主主義が衆愚政治になっていると感じています(悲)

kitahori さん

ひとりひとり信念や価値観が同じではないことが人生の醍醐味ですものね。その中で共鳴できる部分を見つけるには、わりと高度なスキルが必要なのかもしれません。

日本の国力低下は、「社会全体のシステム」「リーダーとなる階層」の問題だと思っています。良い人材もいるのですがそういう人たちが力を発揮できず、埋もれてしまう環境ですね。

いつの時代も民衆は愚かなのかもしれませんが、最近はますます加速度を増しているような気がします(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/9599274

この記事へのトラックバック一覧です: 投資家教育の可能性と限界:

» 投資で常に勝ち続けている人たちのある共通の秘密 [目から鱗”情報ブログ,投資家教育の可能性と限界]
FX投資の成功法則を学ぶ■あなたは、自分のお金を投資するときにこんな間違いをしていませんか?■あなたは何故投資の世界では8割の人が負けているか知っていますか?■あなたは何故、みんなが買っている時は、買わないほうがいいのか知っていますか?■あなたは、どうやって自己資金の数%の範囲内で、年間30%、40%といった利益を出せるのか知っていますか?このサイトで配っている無料DVDによると、投資で常に勝ち続けている人たちはある共通の秘密があるそうです。残り98セットDVD12本セットを...... [続きを読む]

« 主流と異端のバランス(3) 下克上M&A | トップページ | 2007年レコード大賞にコブクロの「蕾(つぼみ)」 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク