新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 中国産毒入り餃子(1) 毒されているのは日本の一部メディア | トップページ | 中国産毒入り餃子(3) 「加害者」なのに「被害者」ヅラ »

2008年2月 7日 (木)

中国産毒入り餃子(2) 中華思想とその行動パターン

(1)で、こんなことを書きました。

========================================
彼らの結論は調査する前から決まっていますよ。

「オレは悪くない。悪いのはおまえ」

宗教が禁止されて「生前の赦し」も「死後の救い」もない中国では「謝罪≒失脚ときには死」となるので、謝罪はありえません。本土の中国人が謝ったなんて、聞いたことないでしょ?
========================================

実はこれが、中華思想とその行動パターンを示す大きな特徴ではないかと思います。もちろん海外で教育を受けた人は違うかもしれませんが、中国本土ではかなり当てはまるのではないかと思います。

「この人は中国の悪口ばかり言うなあ」と思われるかもしれませんが、日本人の思想とその弱点も近いうちに指摘しますからご安心を(笑)。

 

ものすごく乱暴に言うと、中国人は「ゴメンナサイ」が言えないのです。言ったら死んでも許されない罪を背負って、下手すれば一族郎党皆殺しにされるからです。

謝る奴はホントに悪い奴。またはプレッシャーに耐えられない弱い奴。

だから簡単に謝る日本人は彼らの価値観で言うと、「ホントの悪人で、しかも弱虫」ということになるのかもしれません。そりゃあ、いじめるなという方が無理ですよね(笑)。

謝った人間は悪人だから、何をしても構わないような感覚があるのでしょうか。日本とは正反対のような気がします。

 

では、彼らは自分が悪いと自覚した場合はどうするか? それは、声高に

「おまえのほうがもっと悪いんじゃあ!」

と叫ぶのです。

 

大躍進、文化大革命、天安門事件と、数千万単位の自国民を殺してきた中国共産党は、国民の怒りが自分に向くことを極端に恐れています。そこで、

「日本のほうがもっと悪いんじゃあ!」

と、反日教育でごまかしています。

国交回復時には問題にもされなかった南京大虐殺とやらが、声高に叫ばれるようになったのは90年代からです。犠牲者もどんどん増えますので、信じるほうがムリですがな。

しかし日本側が反論しないので、中国の言うことがすべて本当だと思う人々も多くなっています。

ま、これが毎度のパターンですね。

 

今回の毒入り餃子も、中国側は「うちは悪くない」と言い張るはずです。「そんなことをしても消費者が買わなくなれば同じじゃないか」と思うのですが、独裁国家の人々にはどうもその「消費者の権利行使」という概念が理解できないようです

「オレが問題視するなと言ってるんだから、問題じゃねえんだよ!」ということです。もしかしたら以下のようなトンチンカンな要求をしてくることも考えられます。

  1. 食品被害を報道をしないよう圧力をかける
  2. 産地表示をしないよう圧力をかける
  3. 売れ残った中国の食品を、給食で使うよう圧力をかける

こんなことをしても食品が安全になるわけではありません。むしろ安全でおいしい食品を作ろうとするインセンティブをなくし、悪徳業者をのさばらせてしまいます。お察しのとおりあの国では食品被害での死亡者が万単位で出ており、中国に生まれなくて本当に良かったと感謝せざるをえません。

 

そんなわけで、中華思想が孕んでいる最大の弱点は

政治・権力が科学・理論に優先し、
技術や社会そのものがいっこうに改善しない。

ことではないかと思います。

外から得た技術や思想でいくらお化粧しても、この「唯我独尊病」はそう簡単に治りません。だからいつも内乱ばかりしていて、民度が上がらないのです。

 

しかしそれ以上に心配なのは、その文明に屈して同化しようとしている日本です。

正確に言えば国をリードすべき人たちが戦前と同じように大陸に深入りし、「英米と対立する過ち」を犯そうとしています。

選挙で民主党が大勝したことも、首相が安倍さんから福田さんに変わったことも、大陸派が海洋派(英米派)をパージした戦前と重なって見えます。

 

日本もそうですが、台湾もオーストラリアも中国に乗っ取られそうな勢いですからね。この上アメリカの大統領がXXXにでもなった日には、「言論の自由もない、信教の自由もない、選挙権もない独裁国家」がアメリカをしのぐ覇権国家になってしまいます。

うーん、これは弱った。みんな国内から食い荒らされてボロボロだからな。

頼りになるのはプーチンだけか(笑)。

« 中国産毒入り餃子(1) 毒されているのは日本の一部メディア | トップページ | 中国産毒入り餃子(3) 「加害者」なのに「被害者」ヅラ »

コメント

逆張り投資家様

私には、大変納得の行くご見解と思います。

>うーん、これは弱った。みんな国内から食い荒らされてボロボロだからな。

この辺を変えていく手立てを如何お考えですか?昨今、もう変えようも無いと見る人達が増えているように感じるのですが。


この本、読んでくださいね。

↓↓
危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」

http://tinyurl.com/2ob72t

さすが、産経新聞社。

地場の食品は食べられません。

茶絽主さん、

返事、遅くなってすみません。

考えるほど八方塞で、あきらめたくなる気持ちもわかりますね。

ただ、「日本には未来がない」という人たちの目的のひとつは、そういう気持ちにさせることではないかと思います。うるさい人間を追い出して、この国を乗っ取ってしまおうということかもしれません。

私自身にできることは「情報を発信すること」「特に歴史と考え方を磨き、その中からより普遍的な発見をすること」「これを通じて、少数だが影響力のある人に力を与えること」だと考えています。

まずは自分の仕事をがんばって周囲の人に聞く耳を持ってもらい、考えをぶつけ合う場を持ちたいということです。

しかしこのまま行ったら戦前のようなファシズムよみがえり、「国外逃亡」「内乱」など、できれば避けたい選択肢からひとつを選ばなければならなくなりそうです。言論の自由がまだ残っている今のうちに、何とかしたいですね。


エクスパットさん

福島さんは記者ビザ(?)の更新を中共から拒否されるほどの筋金入りですからね。ブログはしばらく読んでいませんが、面白いですよ。

中国食品でヤバいのは、なんといっても「ニセ塩」でしょう。子供や小動物なら即死です。

日本のマスコミに対する圧力は、かけてるでしょうね。
中共の外交官が落とし所を言って、そのように大マスコミも動き始めてますし、日本政府に、何故マスコミを黙らせないんだ、と独裁国家丸出し発言してますし。
北京五輪で面子潰されまくって相当神経質になっていますね。

>「国外逃亡」「内乱」
維新を半分くらい本気で考えています。国外逃亡したら亡国を指をくわえて見る事になりそうですし。
ネットがどれだけ浸透して現在のマスコミレベルの影響力をもてるようになるか?工作に対抗できるようになるか?が鍵になりそうです。

evさん

返事が遅れがちですみません。

私もその2択で悩んだこともありましたが、今回も「ネットの意見が数年遅れで世間に浸透する法則」をたどっているので、情勢はだいぶ良くなって来たかなと思います。

ただし楽観しているわけではありません。依然としてマスメディアは強いです。民衆の怒りの矛先を、まったく逆方向にねじまげてしまうぐらい。すでに政治や官僚機構の内部では、内戦に近い戦いが起こっているのではないでしょうか。

先の大戦のように、一部の既得権益のために国民が無残に殺されてゆくことは避けたいです。全体主義者に国を乗っ取られてからでは遅いですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/10294607

この記事へのトラックバック一覧です: 中国産毒入り餃子(2) 中華思想とその行動パターン:

» 毒餃子事件の幕引きが始まる [陸奥月旦抄]
 日本国民に大きな衝撃を与えた<シナ産・冷凍毒餃子>事件、シナ側に責任は無いことを巧に暗示し、日本のマスコミは騒ぐな!と喚いていた中共政府だが、ここへ来て急に風向きが変わって来た。  ネット・ゲリラさんの情報孫引きだが(2チャンネルで話題になっている話)、 【毒ギョーザ犯人か?】元:天洋食品勤めで現:農民の人物が中国当局に拘束され、拷問されている模様 36 : 不動産鑑定士(神奈川県):2008/02/06(水) 18:17:51.12 ID:kN7SQy+c0 320 名前:名無しさん@八... [続きを読む]

« 中国産毒入り餃子(1) 毒されているのは日本の一部メディア | トップページ | 中国産毒入り餃子(3) 「加害者」なのに「被害者」ヅラ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク