新刊出来!

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • コードスニペット
  • トラッキングコード

« 基軸通貨の本質(2) | トップページ | お掃除ロボ・ルンバはすごい!(1) 働くカブトガニ »

2009年10月16日 (金)

基軸通貨の本質(3)

吾輩はのび太である。名前は一応ある。

****************************
どこで生れたかとんと見当(けんとう)がつかぬ。

何でもまったり鎖国をしていたところに、ジャイアンが来て開国を迫られた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて異人というものを見た。

しかもあとで聞くとそれは捕鯨のためにやってきたそうな。今になってジャイアンに捕鯨のことを責められるとは、世の中わからぬものである。

****************************
吾輩をボコボコにしたジャイアンもつきあってみると良い奴で、
吾輩の作ったものを買ってくれたり、ならず者から守ってくれたり、取り上げた島を返してくれたりもした。

製品が売れるので我輩の家には通貨ジャイが貯まり、
世界一の「債権国」ということになった。

要するに、金持ちである。

****************************
しかし、何かがおかしい。

金持ちとおだてられてはいるが、
うまく利用されているような気がするのだ。

****************************
吾輩の通貨「ノビー」が高くなると、ジャイアンが製品を買ってくれなくなる。
そこでノビーを売って、ジャイを買う。
こうすればまた製品が売れるようになる。

よかった。
これでまた輸出が増えて儲かる。

しかしよくよく考えると、吾輩の財布の中でまたジャイが増えているではないか!

****************************
ジャイの金利は高いから、これは良い資産運用なのだと自分が言い聞かせているが、それと同じかそれ以上にジャイの価値が減る。

稼いでも稼いでも楽になれないのは、ジャイアンにタダ働きさせられているからではないかと思えるのである。

もしかして、吾輩はカモられているのだろうか?

「今まで気付かなかったの? のび太君」

どこかでシズカの声が聞こえたような気がした。

****************************
ある日、スネ夫がやって来て言った。

「このままジャイの価値が下がったんじゃあ、みんな大損だ。みんなでジャイアンに抗議して、無駄遣いをやめさせようぜ。俺がみんなを指導して会議を招集するから、お前はジャイアンに抗議する役な」

なるほど良い考えだと思い、吾輩は賛成した。

「また貧乏くじを押し付けられちゃったの? のび太君」

どこかでシズカの声が聞こえたような気がした。

****************************
****************************
会議の日。

のび太はみんなを代表してジャイアンに抗議した。

シズカははらはらしながら見守っていた。
スネ夫は物陰からじっと見ていた。
みんな緊張していた。

ジャイアンは目を閉じて聞いていた。

のび太の話が終わっても、殴りはしなかった。
目を開け、そして静かに演説を始めた。

****************************
「諸君。誠に申し訳ないことをした。確かに今のジャイは信頼を失いつつある。これはひとえに私の不徳のいたすところだ。申し訳ない」

みんな驚いた。ジャイアンは続けた。

「そこで考えた。まずはインフレを止めるためにデノミを行おうと。そうすれば人心が一新し、チェンジが生まれると確信している。イエス・ウイ・キャン!」

ジャイアンはポケットから何やら取り出した。

「新しい通貨はこれ。名前は『ジャイコ』だ!」

「そっ、それは!」
ただのドングリにしか見えないんですけど!」

みなが口々に叫ぶのを無視して、ジャイアンは続けた。

「この新しい通貨は、公正で中立な立場にあるジャイ子がその価値を保証する。
これなら文句ねえだろ。100ジャイを1ジャイコの比率で交換してやるから感謝しろ!」

****************************
シズカは開いた口が塞がらなかった。
スネ夫は倒れたきり、動かなくなった。
みんな真っ白に燃え尽きた。

のび太だけが両腕いっぱいにドングリを抱えて、嬉しそうに帰っていった。

(終)

« 基軸通貨の本質(2) | トップページ | お掃除ロボ・ルンバはすごい!(1) 働くカブトガニ »

コメント

公正で中立ってIMFでしょうかね(笑)
戦争という手段がノーベル平和賞で封じられたとするなら、ドルに対する信任が揺らげばジャイコ発行はあり得るでしょうね。
しかし、2008年の金融危機で分かったのは、腐ってもアメリカの強さが確認されただけだったのかもしれません。
欧州もぼろぼろですし、中国も必死に隠蔽中ですし。日本は言わずもがな。

mikuraさん、

はい。SDRかもしれませんし新通貨かもしれません。手を変え品を変え来るでしょうね。

私もドル体制には賛成ですが、日本だけがカモられないよう他国にもちゃんと負担を押し付けて欲しいと願っています(笑)。

こんにちは。投資に縁のない通りがかりの者ですが、基軸通貨シリーズをいつも楽しみに読ませていただいています。今まで漠然と分かっているつもりでいた、金融経済が、ドラえもんに置き換えると非常に分かりやすく理解できますね。

匿名希望さん

どうもありがとうございます。

本業が忙しいと放置しがちですが、逆に濃いエキスが絞り出されます。

損はさせませんので、たまに覗いてみてください。

ジャイとジャイコに囲まれて、のび汰はしばらく幸せだった。

シズカがシズカに話し始めるまでは。


「ギンコ君のお友達のバンコ君に預ければ、利子を付けてくれる。でもね、のび汰君、考えてみて。

もし(有得ないけど)年利が100%だったら、毎年倍々でジャイ/ジャイコが増えるわよね。10年経ったらのび汰ちゃんのジャイとジャイコは512倍に膨らむ、のび汰ちゃんはもう大金持ちになるはずね。

でもミンナ同じこと考えるのよ、そしてミンナ512倍大金持ちになる。その時のび汰ちゃんはどれだけお金持ちになれると思うの?」

 


「ガ~~ン」、およそ20年前に死んだハズの擬態語を発してのび汰は仰け反った。

ミンナ512倍リッチになるってことは、何にも変わらないじゃないか!


シズカは哀しげにつぶやいた。

「ジャイもジャイコもノビーも、市場資本主義で金利がプラスで有る限り、価値はゼロになるしかないの。

通貨って currency って言うのよ。お水の流れも電気の流れも current。通貨は流れを止めてギンコ君とバンコ君の下に留まった時点で、もう後は遅かれ早かれ価値はゼロになるしかないの。」


のび汰の背中をヒンヤリとしたものが通りすぎた。そして手元に山と積みあがった木の葉とドングリに目をやってツブヤイた。

「や、ヤバイんじゃないか、コレ!」

もんたさん、

のび太が早くそのことに気付いてくれるといいんですがね。

今の設定ではおサルさん以下の知能ということになってます(笑)。

ドラえもん、

単純化し切ったキャラクタ構成で社会の本質を描く。これってこのブログの趣旨と同じですよね、多分。

今後も出来れば今後のドラえもんシリーズ期待してます。あくまで期待です。

ところで以前は'まぐまぐ'で更新の通知が来たのですが、なくなったのでしょうか。

資金の向かう先にバブルが有り得るかと思います。

世界で投資資金として存在する余剰資金の総和が大体一定であり、株、債券、コモディティ、預金、不動産がその80%を占めるとすると、各マーケットからの資金の出入りを見ることでバブル傾向、逆に安値傾向を見るのに参考になるような気がしますがどうなんでしょう。

レポートに今月の資金の流れトピックなんかあると助かるなーとか思いました。

もんたさん、

いつもありがとうございます。

まぐまぐのメルマガはこのブログとは連動していません。重要だったり公共性が高いネタをメルマガでも流しているだけです。

しかし(1)をメルマガで流して、(2)(3)を流さないのはヘンですよね。やっておきます。

ところでレポートとは、会員サイトのDeepInsideのことですか? 不動産まで服務資金フローはよくわからないのでもっぱら価格変動でバブルの行き先を考えております。

それから、ETFレポートでは残高の増加を価格要因と資金流入出に分けて考えています。これを毎月やれば、ある程度はわかるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基軸通貨の本質(3):

« 基軸通貨の本質(2) | トップページ | お掃除ロボ・ルンバはすごい!(1) 働くカブトガニ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク