新刊出来!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »

2009年12月14日 (月)

繁栄の基盤

うーん、やっちゃいましたね。鳩山政権。

いくら中国の主席候補とは言っても、現状でナンバー6ぐらいの習近平に対し、日本の国家元首である天皇陛下をゴリ押しで会わせたことです。

何がマズイのかわからない人がいるとしたら、かなり問題だと思います。

  1. 日本が中国の属国であるという印象を与えた
  2. 中国内の政争に加担。大陸への深入りとなりうる。
  3. 天皇陛下を政治利用し、取引に使った
  4. 天皇陛下の価値を暴落させ、他国の権威まで貶めた
 

中でも罪深いのは、世界全体の権威の価値を崩し、各国の王様や首脳の顔に泥を塗ったことです。

現実はともあれ、「人間みな平等。それぞれの文化や価値観は尊重されるべき」という概念が世界共通の理想としてあります。

小さな国でも、影響力の少ない宗教でも、それらはお互いに尊重されるべき。「優れている・劣っている」「上に立つ、下にひれ伏す」ということがないというタテマエなのです。

天皇陛下はまさにそれを実行している方で、小さな国でも普通の人でもわけへだてなく接します。まさにこの日本の象徴としてふさわしい存在です。

各国・各文化圏には必ずそういった存在---王様や教皇---がいますので、人間はお互いにその人物を尊重します。それが相手の国や文化を尊重し、戦いを望まないことを示す重要なサインになるからです。

逆にそれをないがしろにするということは侮辱行為であり、場合によっては戦争にもなりえます。それが怖いので、お互いに尊重しあうという暗黙のルールがあるんですね。

 

中国は今回、日本の象徴やルールを何とでもできるということを誇示しました。

天皇陛下にゴリ押しで会えるのですから、大臣クラスなど「おいおまえ、メロンパン買ってこい」ぐらいの扱いになるでしょう。

自分の社長を相手の部長ぐらいに位置づけてしまったのですから、こちらの役員は相手の課長、こちらの部長は相手の係長です。こちらの課長以下に人権はありません。

 

これだけならまだいいほうで、問題なのはこれまで暗黙のうちに形作った「権威の序列」がメチャクチャになってしまうことです。

オバマ大統領も天皇に会うときは、礼儀にしたがってお辞儀しました。それが仮に中国の主席候補と同等あるいは下ということになると、アメリカ人は面白くないでしょう。タテマエは気にしないといったとしても、下に扱われるのはガマンなりません。

鳩山政権はこれだけでなく、普天間の問題でもアメリカを怒らせています。オバマから無視されていたとしても無理はないでしょう。

 

さらに怒り心頭なのはサウジアラビアかもしれません。

サウジアラビア国王に見合った政府特使が必要なときに、国際活動ではまったく無名な方を派遣し。怒ったサウジ国王が出席見合わせる事態になってます。http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091125/210583/?P=1&ST=manage

 

これはどう考えても・・・日本政府が悪い(笑)。

その時点では「面白くねえな。石油の値段を倍にしたろか」ぐらいの不快感だったとしても、中国のナンバー6と天皇陛下がすぐ会えたとなれば「オレの位置づけはそんなに下なのかよ!石油売ってやらねえぞ!」と感じておかしくありません。

こうなってしまうと、各国は日本をもっと軽く扱う必要が出てきます。タテマエ上、中国と同格に戻るためには、日本をもっと踏みつけなければならないのです。

日本が各国から軽んじられ、つらく当たられたとしたら、この事件が影響していると思って間違いないでしょう。勝手に自国の権威を「格下げ」して、同格に扱われていた他国の権威まで貶めたのですから、その報いを受けてもおかしくないのです。

サウジとアメリカを怒らたのですからG7から追い出される可能性もあります。

 

私は、戦後の繁栄は日本がアメリカ陣営に属し、間接的な同盟国と仲良くやってこられたからだと思っています。

アメリカの犬と言われても、従属による繁栄と言われても、自国だけで海上輸送(シーレーン)を守って石油を確保できない以上、悪くない選択肢だったと思います。

さらに結果論ですが、アメリカが警察官として汚れ仕事を引き受けてくれたおかげで、日本は比較的「良い人」として世界から認められてきました。

しかし今の民主党政権はその繁栄の基盤---同盟国との協力関係、世界からの信頼・好感度---をものすごい勢いで崩しています。

 

日本が他国(特に中国)に何をされても構わない。むしろあんな失礼なヤツ、やっちゃっていいよね?という雰囲気になってもおかしくありません。

たとえおかしな政権だったとしても、支持率が高いのですから日本人がみんな他国を尊重せず、中国だけに尻尾を振る人間の集まりだと誤解される可能性が高いです。

 

これはヤバイ。

国家存亡の危機、です。

いや、ここのところずっとヤバかったんだけど、3ヶ月でいきなり詰みそうになってる。

  _| ̄|○

 

ヘコんでるところに追い討ちが・・・。

ウルグアイ元首相もやってきているのに国旗掲揚は中国だけ。

街頭に並ぶ中国国旗 ウルグアイ元首来日も国旗は…2009.12.14

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091214/plc0912141847011-n1.htm

 

こんなことをして平気なのか?

どうしてまだ支持率が高いのだ?

営々と築いてきた日本人の信用が台無しです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク