新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« リビア内戦に軍事介入! パンドラの箱を開く気か? | トップページ | お知らせ:会社メルマガと会社ブログ »

2011年3月26日 (土)

放射線量換算Excelシートを作ってみました

 福島原発についていろいろ書こうと考えています。

そのついでというわけでもないのですが、「X時間でXXマイクロシーベルト」のような報道を見てもどれぐらいヤバいのか感覚がわからないので放射線量換算シートを作ってみました。

こんなイメージ
 ↓↓↓

Photo_3

この表を使えばバラバラな計測時間と単位(マイクロシーベルト・ミリシーベルト・シーベルト)を換算してくれます。そして年間許容量と比較して大丈夫なのか、また何キロ離れたら大丈夫で、何キロ以内なら危険なのか大雑把な感覚がつかめます。

 

また被曝許容量の段階を設定することができ、計算結果がそれらを超えると警告色が出るようになっています。

被曝許容量の目安は某掲示板の書き込みなどを参考に作りました。柔軟な作りになっていますので、新たに行を加えたり削ったりしても影響はありません。

Photo_4

 

表の読み方ですが、たとえばサンプルの1行目では「30キロ地点、1日あたり1.4ミリシーベルト」が計測されています。

これを年間に換算すれば511ミリシーベルトで、「全身被曝、末梢血中のリンパ球の減少。」というレベルです。免疫系に影響が出てくるので30キロ圏内から退避することを考えるべきということになります。

仮に15キロまで近づくと年2000ミリシーベルトを超え「全身被曝、出血、脱毛。5%死亡。」レベルとなって色が赤に変わります。もちろん放射線は一様ではないでしょうし浴び方にもよりますが、長居するのが危険であることは明らかです。

 

サンプルの2行目「30キロ地点、1時間あたり0.24マイクロシーベルト」は年換算で2.1ミリシーベルトですから、かなり安全なレベルにまで下がっています。しかしそれでも1キロ圏内に近づくと2000mSvで「全身被曝、出血、脱毛。5%死亡。」レベル、500メートルなら7500mSvとなり(1年いれば)100%死ぬと言われるレベルです。

かなり大雑把ではありますが状況判断のために使ってください。

 ↓↓↓

「ExposureDose.xls」をダウンロード

 

[参考リンク]

福島県環境対策本部 環境放射能測定結果

茨城県放射線モニタ

原発からの距離を測る

 

[追記]

距離換算は単純に「距離の二乗に反比例する」という計算式を使っています。しかしご存知のように放射性物質の拡散は地形や風に影響されます。

計測地点が30キロとして、そこから原発までの間の放射線量をイメージするには多少の助けになるかもしれません。しかしそこから100キロ遠ざかった地域の数字を類推するにはほとんど役に立たないと思います。

下は原子力安全委員会による「甲状腺が受ける放射線量の積算値の分布」のシミュレーション図(20110323日経新聞)です。これもシミュレーションに過ぎないのですが、方角によってかなりバラツキがあることがわかります。

20110323

 

また、表に記した放射線の許容量は一度に被曝したときに起こる現象です。

たとえば一度に2000mSv浴びると「全身被曝、出血、脱毛。5%死亡。」と言われていますが、これを1年の累積として浴びたときについてはあまりデータがないそうです。ここでは乱暴ですが「累積すると同じ症状が起きる」という考えでそのまま使っています。

ウィキペディア放射線障害

 

« リビア内戦に軍事介入! パンドラの箱を開く気か? | トップページ | お知らせ:会社メルマガと会社ブログ »

コメント

おお。これは使いやすいですな~。
いろいろいじれるのでありがたいですな。

では、お土産に(頭にhをつけてやってくださいな)
ttp://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
福島県災害対策本部
原子力災害情報に福島県内各地の測定結果があるのでこのエクセルシートとあわせるといいかと。参考データになればいいかなと思います。。
適切な状況判断の材料になれば・・・。

急性でなければ年間1000ミリでもと言われても気持ちよくないもんだ。
おいらも私見として年間500ミリラインだと精神衛生も含めて考えますな(´ヘ`;)

それにしても測定された放射線量にむらがあるので、遠いから安心と言うわけでないのが困ったもんだ。ただの特異点てなわけではないっぽそうな・・・。

福島県災害対策本部が福島市にあるうちは気にしなくていいのやら(´ヘ`;)

福島原発からの距離を自動計算するサイトです。

http://machi.userlocal.jp/kyori/?input=city

あと、茨城県の放射線モニタ、頻度が高いので、イメージを掴むのに使えます。

http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/present/result01.html

初めまして。
素晴らしいエクセルシートを共有して下さりありがとうございます。私はニューヨークに住んでおり、茨城に住む家族を心配しております。放射線量がノーマル値に戻り、このエクセルシートに数字を入れなくてもいい日が早く訪れますように。。。

会津のさむ さん 

いつもありがとうございます。

単純に「距離の二乗に逆比例」でやってしまってますが、おっしゃるとおりムラがあるのでそれだけで判断はできないですよね。リンクをさっそく使わせていただきました。
 

六本木HF さん

ありがとうございます。せっかくですのでシートのダウンロードの下に。リンク集のようなものを作ってみました。これは役に立ちます。
 

あんずさん、

どうもありがとうございます。
現地にご家族がいると心配ですよね。このシートで一喜一憂することもないですが、データを集めたら何らかの傾向がわかるかもしれません。ぜひとも役立ててください。

レベル7になり、また福島ではストロンチウムが検出されました。
事態は収束するでしょうか?この国は復興できるのでしょうか?

読者さん

今回の反省を生かすことが出来るならいずれ復興できると思いますよ。

しかし今のところ状況はほとんど改善していませんし、事態は収束するかどうかもわかりません。

私は東京に住んでいますが、今のところは水と食べ物に気をつけて子供を外で遊ばせないようにしています。

しかしこれをいつまでも続けるわけにはいかないので、仮に福島の状態が良くならないのであれば家族だけでも避難させることはありえます。

こんなときはデマも多いですが、事実を積み上げてなるべく科学的に判断しようと思っています。

何処に避難します?
静岡? オーストラリア ?

マジで考えなきゃならないのか、、、

SUGIさん、

静岡は逃げたことになりません。浜岡にも近いし(笑)。

冬になって北風が吹いてもこのままなら、
子供がいる人は考えなきゃいかんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/39378075

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線量換算Excelシートを作ってみました:

» 放射線に関するのでも。 [会津のさむ、また~り日記]
さてさて、福島原発のおかげで放射線の情報が色々飛び交ってるんですが・・・。 とりあえず、いいものを見つけたので紹介をば。 逆張り投資家さんのブログより 放射線量換算Excelシートを作ってみました おお。これは便利だ・・・。 おいらも作ろうとするんですが電卓で…... [続きを読む]

« リビア内戦に軍事介入! パンドラの箱を開く気か? | トップページ | お知らせ:会社メルマガと会社ブログ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク