新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年6月 2日 (木)

意味がわからない

シリーズの途中ですが気になったので一言。

菅内閣の不信任決議について、鳩山さんが賛成から反対に転じたことでみんな混乱しているようです。

しかし今回の不信任決議を小沢さん・鳩山さん復権の仕掛けと考え、各プレイヤーの利害得失を考えたら全く不思議ではありません。

 

いま解散総選挙をすればおそらく民主党惨敗。

だからできれば「菅さん」も「小沢さん・鳩山さん」ともにそれはしたくない(共倒れシナリオ)

しかしこのままでは「小沢さん・鳩山さん」は復権できない。だから「辞任しないと賛成するぞ」と菅さんを脅しました。

逆に菅さんは「俺を降ろすなら解散するぞ。そうすりゃまた野党に逆戻りだ。おまえらの半分は落選だ。道連れにしてやる」と脅し返した。

だから「菅さん」と「小沢さん・鳩山さん」が適当なところで妥協すれば、政権を維持できるという共通の利益を失わず騒ぎが収まってしまうわけです(共存共栄シナリオ)。解散総選挙はお互いに利害を忘れるほど感情がこじれた場合にしか起こりません。

 

しかし私がわからないのは、谷垣さんや平沼さんが民主党の内輪の争いに手を突っ込み、小沢さん・鳩山さん復活のために一生懸命働いたことです。

特に平沼さんは政策的に小沢さんとは相容れないのではないかと思っていました。

民主党内でチキンレースをやっているところに菅さんだけに圧力をかけたら、その力は小沢さん・鳩山さんを利することになります。

もし戦うなら解散総選挙を求めるべきで、そうでないなら野党としてできる限りのことをするしかなかった、というのが私の考えです。

 

これは何か考えがあった上で動きに乗っているんだろうか?

「震災復興を加速するため」というお題目を信じているんだろうか?

「利用されるだけで、自分が得るものはない」と考えたりしないんだろうか?

 

この仕掛けを考えた人間は賢いと思います。

しかしまんまと利用されるほうは政治家としてどうでしょうか。

かつて大陸の争いにさんざん利用され、滅びた日本を思い出します。

 

何をやっているんだか。

まだ原発も片付いていないのに・・・。

 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク