新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 米中冷戦における日本(9終):中韓朝との冷戦か、米英とのリアル戦争か | トップページ | 野合のメカニズム(2) 純粋なイデオロギーは野合できない »

2012年11月29日 (木)

野合のメカニズム - 民主党は二大政党の座を死守できるか?

日本の政局が混乱しています。

 

主張が正反対と思われる石原慎太郎氏の「太陽の党」と、橋下徹氏の「大阪維新の会」が一緒になって「日本維新の会」となりました。

橋下さんはそこに「みんなの党」をくっつけようとしましたが、渡辺喜美代表は「太陽の党と別れなければダメだ」と破談になりました。

 

一方で滋賀県知事の嘉田さんを党首に「日本未来の党」が結成されました。

ここには 小沢一郎氏 の「国民の生活が第一」や、減税日本の河村たかし代表(名古屋市長)、 亀井静香前国民新党代表、山田正彦元農相などが立ち上げたばかりの「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」が合流し、「日本維新の会」に対抗するほどの勢力になりつつあります。

 

これを見て「理念もへったくれもねえな。自分の信じる道を行けよ」と思う人も多いでしょう。

しかしこの動き、実は小選挙区制の現実に根差したきわめて合理的な行動なのです。

 

というのも、小選挙区制では勝者はひとりしかいません。

ということは自分が一番の好きな人に入れたくても、その人が3番以下の人気であれば当選する可能性は低いです。いわゆる「死票」になってしまうのです。

そうであれば人気のある上位2名のうちどちらかマシなほうを選んだほうが、自分の意見が反映されることになります。

つまりほとんどの選挙区で、上位2名の選挙戦になるわけです。

 

議会政治では上位2党がほぼ同じ議席数を得て拮抗し、少数の第三極を味方につけたほうが決定権を握る、つまり第三極がキャスティングポートを握ることがしばしば起こります。

たとえば政党AとBがそれぞれ45%の議席があっても単独では過半数に及びません。すると10%の議席しかない政党Cと連立したほうが政権与党になります。そこで政党Cは両者を争わせ、漁夫の利的に自分の政策を通すことができるのです。

(ただし政党Cがあまりにムチャばかり言うと、政党AとBは大連立を組んでCを排除します)

 

しかし小選挙区では、得票率が10%動いただけで2大政党のうちどちらかが土砂崩れ的な大勝利を収めます。

残りのほとんどを最大野党が占め、あとは小さな政党がパラパラといった議席配分になります。

制度的にどこかの政党が過半数を占めることが多いので、衆院と参院でねじれることはあっても第三党が力を持つことは稀です。

ということは、小選挙区制においては二大政党に入っていなければ意味がないということになります。

 

逆に小選挙区制で、一党だけずっとダントツということもありません。

それはほとんど独裁制と同じで、投票する側の選択肢がなくなってしまうからです。

選挙民のほうでは今の与党の代わりとなるもう一つのグループを求めます。

つまり小選挙区は1大政党でも3大政党でもなく、必然的に2大政党を作り上げるということです。

 

それは政治家側もよくわかっています。

理念を守って独立を貫いた場合、小さな党では単独では政権を取れません。

どうせ理念の違う政党と連立を組むのであれば、最初から同じ政党として活動すれば政権を得る可能性はより高くなります。

野合と言われようが、とにかく大きくなったほうが選挙に有利なのです。

 

もともと民主党は、いろんな派閥や政党を集めた野合集団でした。

それがアンチ自民の票を集め、政権与党の座についたのが3年前です。

理念がまったく違う人々の集まりなので、極左から極右まで様々です。

考えが違いすぎて党の綱領すら作れません。

そんな政党でも「自民党の代わり」として求められたのです。

 

しかし「政権を取る」という最大の目標を果たしたら、そこから先へは進めません。政策を実行するにはあまりにも考えが違いすぎるのです。

実際、様々な人の夢を詰め込んだ薔薇色のマニフェストはほとんど実行されませんでした。

それは民主党の責任もありますが、小選挙区制による「野合のメカニズム」の弊害が大だと思います。

 

今回の選挙の最大の争点は、民主党が第二党の地位を守れるかどうかです。

それができれば、いずれ復活の道もあるでしょう。

その意味で、第三極の体制が整わないうちに解散した野田首相はベストのタイミングを選んだと私は考えます。

 

しかし将来「日本維新の会」「日本未来の党」が政権を取ったとしても、今の民主党と同じ問題が起こるでしょう。

政党を大きくして政権を取るには、理念の違いに目をつぶらざるを得ません。

しかしそうやって政権を取っても、何も実行できないのです。

 

野合の政党は政権を取るのが目的です。

目的を果たせば、次の相手は同じ党内のライバルです。

民主党が政権を取った立役者は良くも悪くも小沢一郎さんでした。しかし政権を取ってしまえば「用済み」となって、内ゲバで追い出されてしまったのです。

 

野合の政党は、政権を取れなければ一緒にいる意味がありません。

第二党から滑り落ちそうになると、すぐに離党してまた別のグループと野合します。

それこそ他のことは考えるヒマがないぐらい、別れたりくっついたりします。

まずは数を集めて権力を奪取しなければ何も始まらないので、政策や国民のことはどうしても後回しになります。

 

この動きはゴシップとして興味を持つ人も多いかもしれません。

そしてマスメディアも、くっついた別れたのネタが尽きないので助かるでしょう。

しかし政策が進まないことや、首相が毎年変わって他の国から相手にされなくなっていることは深刻な問題です。

 

私はこの問題は、小選挙区制と政党助成金にあると考えています。

日本人には昔の中選挙区が合っていたのではないかな。

政治の混乱を個人のせいにするのはちょっとストップして、制度そのものを見直してはいかがでしょう。

 

(参考過去記事)

議員助成金を出して中選挙区に戻そう

 

 

« 米中冷戦における日本(9終):中韓朝との冷戦か、米英とのリアル戦争か | トップページ | 野合のメカニズム(2) 純粋なイデオロギーは野合できない »

コメント

本来、中選挙区制度から小選挙区制度
への変更の目的は
「特定団体との癒着をなくすこと」
「民意をダイレクトに素早く政治に反映させること」
だった筈です。
制度改革に尽力された方々の理想は歪められ、
「執行部独裁」「素人政治家」を量産する結果になりましたね。
小選挙区比例代表制度自体に大きな欠陥があるのは否めません。

間違いに気づいたらどうするのか?
そこが問題ですよね。

それにしても最近の日本人の
【改革】のほとんどは
【改悪】に見えて仕方ありませんね…。

shimashoさん、

その理想は素晴らしい。しかし実際にやってみたら、政治をするヒマがないぐらい政争に明け暮れなければならなかったと(笑)。

おっしゃるとおり「間違いに気づいたらどうするか」ですね。
この選挙制度の特徴を踏まえ、議論が進むことを希望します。

未来の党 反TPP 減税 で プログ検索中です。衆議院480議席を 巡って どうなるかなぁ。
新党 すこし集結ですね。1議席を獲得するのに30万から40万票といわれていますね。(ウェーブにて 学習しました。)
国会は 議席を 取らなければ 政策は できませんね。
今朝 新聞 読んでいましたら。
名古屋で メガソーラーを 中京競馬の近くに作るそうですね。おっと これは 国会では なかったですね。政治研究会(名前検討中
滋賀県は 原発 多いですね。小沢さん(70歳)の故郷、岩手ですね。

これは私の言ではないですが、日本人はあまりに政治を舐めすぎた、その政治に今復讐されている。

なるほど、その通りだと思います。
いい意味でも悪い意味でも国民の考えがある意味ダイレクトに反映される仕組みです。風とかノリとか。

今回もどうやらその政治を舐めっきった流れになっています。
ワンイシューでそれが気に入らなかったら全て駄目で、その一点だけが気に入ったら、他は全て駄目でもいいという流れです。

正直、新党合戦は、工作合戦の総決算みたいな状態にも見えます。
特に石原新党はアメ・・・ゲフフンッ!から安倍自民党には勝たせるなとかw

これが日本人が日本人として存続できるかどうか、ほとんどラストチャンスな気がします。
あの人が総裁に首の皮一枚でなれたのは天啓ではないかと思えます。

普通に考えれば入れられるところは一つしかないのですが、まだ政治を舐めている人(平和ボケ)がいるのが何とも。

村石太レディさん、

いろいろ考えることがあって複雑ですよね。ほんとうにどうなることやら。


evさん

おっしゃるとおり、まさにこのタイミングであの人が総裁になったのは天啓です。他に道はありません。悩む必要すらない。

しかしメディアはそれをひっくり返そうと躍起になってますね。ちゃんとした政策パッケージを打ち出しているところがそこしかないものだから「ハイパーインフレがああ!」「徴兵制がああ!」と叩いているようです。

私はあまりテレビを見ないので心が平穏なのですが(笑)、ときどき真顔で徴兵制について聞いてくる人がいます。いやいや、ハイテク海洋国家に徴兵制はないよと説明しても、地政学の知識がない人に理解していただくのに苦労します。

これも広い意味で「政治からの復讐」かもしれませんね。知らない人は新党ブームで楽しそうですが、知っている人はいつも冷や汗ダラダラです。もう切れているかもしれない首の皮を、「大丈夫だ!まだつながってる!」と自分に言い聞かせて戦ってます(笑)。

しかし「愛の反対は憎しみではなく無関心」。
日本人が政治家を憎むようになったのは、無関心から大きく前進したのだと解釈しています。

そこから斜め上に飛躍しないように、ちゃんと情報発信を続けなくては。

自公政権が 政権交代の要員は 無駄な税金の使い方だったかなぁ。それと その中で消費税増税20%ぐらい だったかなぁ。その時 民主党は 国の予算の 事業仕分けを する。ダム反対。消費税増税7% だった。消費税増税額が かなり 安く 有権者は 思えた。消費税1% 2%の重みは 中小企業 商店には 重圧だった。倒産 閉店。
自民党の議席は 100議席は 堅く 取る。今回 自民圧勝と言う声も 聞きます。民主党は 人気を なくしている。第3極とか 第4極とか 違う 呼び方が いいのだろうけれど、議席は 50議席 取れるのか?
3点セット といわれる 政策の逝くへは~
奇跡を 起こすのか。日本の従来の政治に 戻るのかなぁ
歳末衆議院選挙は 第3極を 支持する人にとっては 宝くじで 1等を 当てる ような 選挙かもしれない。
収支は 1等を 取っても プラス マイナス ゼロ~

私の選挙の考えです。
日本国民の 助けあい精神 理解と和解と譲り合いと思いやりと対策と努力と智恵と忍耐と時間の流れと~
消費税増税反対をとるか PTT反対をとるか脱原発をとるか 
この3点の共通する党は社会 共産 未来ですね。(小沢さんと亀井さんのいる 未来は 強いかなぁ)。
自民党VS票割れする第3極とか第4極といわれる党。今回 政権争いも 考えた上での有権者の1票になるかなぁ。
妥協点も 必要かナァ。議席過半数を握るのは今のところ 自民党のようですね。政治研究会(名前検討中
消費税増税とTPPによる失業者が 大勢でた場合 国の税収(歳入)は どうなるかなぁ
自民党VS未来の党で 考えたいです。

村石太ダーさん、

未来の党、意外と伸びませんでしたね。

投票率が下がったことは驚きでしたが、日本人がメディアに誘導されなくなっている気がします。詳しくは次のエントリに書きましたので、ご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/48017740

この記事へのトラックバック一覧です: 野合のメカニズム - 民主党は二大政党の座を死守できるか?:

« 米中冷戦における日本(9終):中韓朝との冷戦か、米英とのリアル戦争か | トップページ | 野合のメカニズム(2) 純粋なイデオロギーは野合できない »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク