新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 尖閣問題を整理する(1) 「もともと俺の領土」は自爆ロジック | トップページ | 煮詰まる中国の暴発に注意せよ »

2012年12月29日 (土)

尖閣問題を整理する(2) 「経済援助抜き交渉」でロシアカードを手に入れろ!

さて、尖閣問題で重要なファクターにロシアの動向があります。

そしてロシアは彼らの利害によって、日本にラブコールを送り続けています。これは極めて自然な流れであり、ロシア大統領がプーチンになった時点で予想できたことでした。

それに対して安倍首相もさっそく反応しています。

*****************************************************
安倍外交始動、ロ大統領と電話会談 対中包囲網構築へ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2803T_Y2A221C1PP8000/?dg=1
2012/12/28 21:16日本経済新聞 電子版
-------------------------------------------------------
安倍晋三首相は28日、ロシアのプーチン大統領と電話で協議し、北方領土問題の解決に向け平和条約締結への作業を活発にする必要があるとの認識で一致した。韓国とは関係修復を探り、北朝鮮による拉致問題でも決意を示した。安倍外交を本格化させる方針だ。
 
 「北方領土問題の最終的な解決に向け、双方が受け入れ可能な解決策を見いだす努力をしたい」(以下略)
*****************************************************
 
さすが仕事が早い。ロシアという強力なカードを見逃すことはありませんね。
 
中国としてはこれまで一緒になって日本を殴りつけていた羆(ヒグマ)が、いきなり自分の方に向き直った感じでしょうか。
 
日本とロシアが何かヒソヒソ話し合っている
 
これだけで普通はションベンちびって、海に出てこれなくなります。政策・戦略を巡って対立が深まり、軍管区ごとの予算の奪い合いが起きます。中国内部で混乱が深まれば、日本はより安全になるという寸法です。
 

では現状を整理します。

  1. 条約を結びたかっているのはロシア側である
     
  2. 日本側は現状維持でも良いが、相手がプーチンなら領土返還と平和条約締結が可能
     
  3. したがって経済協力抜きで領土交渉を始めるべき
 
 
1. 条約を結びたがっているのはロシア側である
 
面白いのは、ロシア側が積極的に領土交渉と平和条約締結を望んでいるかもしれないことです。考えてみると確かに条件は揃っています。
 
  • ロシアはサンフランシスコ(SF)講和条約に参加しておらず、日本との国境線は確定していない
     
  • シベリアにすごい勢いで中国人が流入し、「人口侵略」で乗っ取られる可能性がある。実質的に「飛び地」となるかもしれない千島・樺太近辺を、日本にごっそり取り返されるのは避けたい
     
  • 中国が分裂したとき、あわよくば満州ぐらいは狙いたい。そのときに日本が英米をバックに介入して来ることは避けたい(日露戦争のトラウマ)
     
  • 欧州に意地悪したせいで天然ガスの売り先が減った。おまけにシェールガス革命でガスの値段が下がっているので、日本に売りたい
 
日本はSF講和条約で樺太・千島を放棄しました。しかしロシアはそれだけでは安心できないと思っているわけです。
 
彼らの認識によると、時代が変われば日本が憲法を改正し、核武装して、またシベリアに攻めて来る可能性がある。なぜそう考えるかというと、ロシアならそうするからです。
 
おまけに日本は契約や条約を律儀に守る傾向があります。だから条約で心理的な足枷をはめて、脅威を減らしておきたいということでしょう。
 
 

2. 日本側は現状維持でも良いが、

    相手がプーチンなら領土返還と平和条約締結が可能 
 
それに対し、日本のほうは現状維持で構いません。
 
ロシアと条約を結んでもどうせ破られるので、あまり意味がない。むしろフリーハンドを失うだけ邪魔です。
 
ただプーチンは国益のために冷徹に仕事をする人間なので、交渉相手としては非常にやりやすい。お互いの利害だけを考えれば良いからです。
 
またプーチン皇帝は国内で絶大な権力があるので、反対派を黙らせることができます。「大陸不介入と引き換えに4島返還」なんて荒業も可能かもしれません。これは弱い大統領にはできない、相手がプーチンだからこそのメリットです。
 
 
3.  したがって経済協力抜きで領土交渉を始めるべき 
 
 
ロシアとの交渉といえば、これまでは「経済協力」が先行していました。
 
「領土が帰って来るかも」と期待させてまずは経済・技術援助を行い、最後はすべて接収されて領土は帰ってこないというのがパターンです。
 
これはロシアがうまく日本側を「釣っている」のもありますが、日本国内で甘い汁を吸っている人たちがわざとやっているのではないかと思うことがあります。
 
北方領土が解決しなければ日本側があきらめるまで資金や技術を引き出して、キックバックを受けることができます。逆に解決してしまったら、その口実を失います。
 
「領土返還するする詐欺」に繰り返し加担し、解決を望まない連中が日本側にいるのではないかということです。
 
「対ロ交渉にはまず経済援助から」はとんでもないミスリードです。むしろそれがあることで、領土交渉が遅れたのではないかと私は考えます。
 
 
したがって、今後の交渉には「経済援助」を絡ませないことを提案します。
 
そのほうがやらずぶったくりのリスクがなく、中国に対して強いメッセージを送ることができるからです。
 
 
そもそもロシアに対して先行投資なんて考えてはいけません。こちらの負担で油田ガス田パイプラインを作ってやっても、欧州のように元栓閉められて終わりです。料金先払いであれば少しは手伝っても良いでしょうが、後からエネルギーで払ってもらうなんてアホなことは考えないでください。
 
開発して欲しければ先にカネ払え
 
石油ガスを送ってくれたらこっちも払ってやるよ
 
それをずっと続けたら、あんたにも莫大な利益が入るだろ
 
領土交渉とは何の関係もないね
 
そんな態度で良いと思います。
 
 
 
さて日本とロシアが近づくと、発狂する人が必ず出てきます。
 
「島や領土にこだわるな」と言っているのに、「北方領土は取り返せ」という人。
 
尖閣上陸や竹島上陸はスルーなのに、北方領土上陸にだけ怒る人(つい最近の首相でいましたね)。
 
北朝鮮拉致・韓国漁民拉致4000人はスルーなのに、シベリア抑留だけ恨んでる人。
 
「4島返還しか受け入れられない」とハードルを上げ、進展を阻む人。
 
「日露安保条約締結」を煽って、アメリカとの離間を狙う人。
 
経済援助と結び付けて論点をぼかし、領土問題解決を邪魔する人。
 
性急に結果を求め、「満点じゃないから0点」とくさす人。
 
メディアの妨害工作は激化するでしょうから、「戦う民意」でフォローしたいところです。
 
 
 
私個人は領土返還も平和条約も、結果が出なくて構いません。 
 
交渉が始まることが、すでに日本の国益になっているからです。
 
しかし逆にそれぐらいの気持ちでいたほうが、交渉は有利になるとも考えます。
 
安倍さんもアメリカさんと相談しながら、うまくやってくださいな。
 
期待しないで応援していますぜ!
 
 
 
 
 
 
 

« 尖閣問題を整理する(1) 「もともと俺の領土」は自爆ロジック | トップページ | 煮詰まる中国の暴発に注意せよ »

コメント

私も、とりあえず連携の動きを見せる交渉をするくらいでいいと思います。
仰るとおり、それだけでどこかの国への牽制になりますしw

力の信奉者のロシアとの本格的な領土交渉は、日本が力をつけてからでしょう。
そうすれば、4島返還というまずい交渉の仕方(最初から小さく限定するやり方はまずいです)も見直して、千島と樺太の返還を要求し、第2の千島・樺太交換条約も可能かもしれません。

こういう話ができるようになってほしいですねぇ。

evさんのご指摘の通り、最初は千島と樺太の返還要求から始めてよいと
思います。で、落としどころは4島返還くらいでしょうか?
いずれにせよ、焦らずに交渉自体を特定アジア諸国に牽制カードとして
使えるように扱って欲しいですね。

火事場泥棒のロシア、地続きでない国で自国で火事さえ起こさなければ仲良くしておいて悪くないですよね。
まぁ、世の中の火事は起こしたくて起こしているわけでないから仕方ないですが(´ヘ`;)

北方領土は本気でやるなら、ふっかけてから4島を落としどころですけどそんなに無理に動かなくても・・・。
まぁ、久しぶりに交渉のテーブルに座ったのでちょっと千島と樺太って言ってみただけなんですが・・・ええ、現実的にはそこまでは考えていないんですがこちらも国内世論というのがありまして・・・え~、早急な答えを出すつもりは無かったのですがそちらがどうしても4島というなら・・・。
こんな感じの流れをのらりくらりとやりつつ、ある程度でタイミングを見計らって一気に型にはめるのが無難ですよね。北方領土の兵力をどこかに駆り出さなくてはならないタイミングで・・・w

石油とガスは、港まで自費でパイプラインを設置してもらいたいもんです。
別に北極海航路でLNG売って貰っても構いませんし・・・輸送料が高いと他の地域の方が安くなっちゃうな~・・・物の原価を下げるか自国で設備投資をしてこちら側にパイプラインを設置するかの努力はそちらが決めることなので・・・あぁ、ガスの元栓締めるなら他の地域に船を回しますから大丈夫ですよ。
国境を越えてエネルギー資源売買するなら直近の港までパイプライン、その後船舶がビジネスとしていいのかもしれませんね。こちらの持分は船舶からで(北極海航路の原子力破氷船はあっち持ち。)


あー、今日はちょっと船舶で搬送しているとちょっと騒がしいかもしれませんが・・・うちの荷物は大丈夫、実はうちはあの暴力団の構成員だから。あそこ妙に真面目でルール守る所だからうちみたいなお人好しでも商いできるのよ~。
海洋国家でよかったもんだ(´ヘ`;)

evさん、

生意気に「ロシアカード」なんて書きましたが、核もない国がロシアを使えるわけがありません。おっしゃるとおり、ロシアに交渉相手として認めてもらいたいなら力をつけるしかない。核武装は最低限ですね。

最初の要求は「千島・樺太」というのも悪くありません。しかしみんななぜか、「最大4島」と思い込んでいるんですよね。交渉前に相手の術中にすっかりはまっています。ロシアが恐れているのは「平和条約を結ばなければ樺太・千島を丸々取り返することも可能」ということなので、こちらからは明言せずほのめかすぐらいから初めておかしくないと思いますよ。


Jおじ さん

もともとの住民には申し訳ないのですが、ここは取引の材料に使わせていただきましょう。その結果、一部でも戻って来るだけで良しとしたいです。

こちら側が「どうしても解決したい」という態度を見せると足元を見られるので、そういう圧力をかわしたいところです。しかし日露が接近したら、急に北方領土専門の「市民団体」が騒ぎだしそうな予感がします(笑)。


会津のさむ さん

そんな展開になると嬉しいですね(笑)。

石油ガスについてもおっしゃるとおり、純粋な商取引で良いと思います。なぜかこちらの負担で相手のインフラを造り上げ、それをネタに脅されるなんてアホすぎる。

しかし宗谷海峡は冬は凍るんだった。すっかり忘れてました(←アホ)。サハリン2なんてどうやって日本まで運ぶ気だったんだろ?あ、運ぶ気なかったのか。安定供給できないとか、コストがかかるなんて、ロシアに不利ですよね。日本に有利な材料ですし領土問題と切り離せば関係ないのですが、そもそも実現できるのかイメージが湧きません。

Jおじさん
逆張り投資家さん

第2の千島・樺太交換条約なんて言いましたが、実は北方4島(+α)くらいでいいかな?なんて考えていたりもしています。

その理由は千島を持つことで、アメリカと近接したくないのと、地形的にロシアを封じ込める形になるので、日本の負担が増大するし、どうせならアメリカとロシアを隣接させたままにして互いに牽制させておきたいと考えているからです。

といっても、まだまだ先の話なので、仰るように仄めかすくらいで根気強くやっていく必要がありますね。

evさん

その発想はなかったです。なるほど確かに千島をすべて取ると、ロシア極東部隊封じ込めの負担がすべて日本にかかってきます。わざと米露を隣接させておくとは、なかなかやりますね(笑)。

似たような議論で、軍事的には3島返還(国後島まで)が最も防衛しやすいと聞いたことがあります。その根拠について自分は判断できないので、3島返還に賛成しているわけではありません。ただ専門家が防衛の観点から見て国境を決めるのが合理的と思います。

『専門家』『プロフェッショナル』『リアリスト』。
その道に精通していて、
常に最先端の情報が流れこむ込む状況にいて、経験豊富で適切な判断が素早くできる人。
そんな人はどの分野にも必ずいらっしゃいます。
何故かこの国ではそうした【プロの意見】と素人の意見が等しく扱われ、多数決で握り潰されます。
外交交渉や軍事交渉、政治、経済、全てにおいてプロフェッショナルな、大人の議論がなされる状況にしてゆかなくてはなりませんね。

ヘリコプターの行動範囲が北海道からなら国後までだと聞いた事があります
オスプレイを日本が配備すると変化があるかもしれません

shimasyoさん

ネット世論の発展で、かなり目が覚めた人が多くなったと思います。そういった意味では意義のある民主党政権でした。テレビや新聞は相変わらずトンチンカンなことを言っていますが、相手にされなくなって行くでしょう。しかし当然、ネットでの自由な言論を封じたいと思う人が出てくるはずです。日本人の戦う姿勢が問われると思います。


丁さん

なるほど、ヘリの話でしたか。空母を持ったり技術が発達すれば変わるなら、あまり強い制約条件ではないということになりますね。

ただ択捉は真珠湾攻撃に出撃した港があるようなので、ロシアは当然イヤがるでしょうね。「代わりに半島と満州あげるよ」なんて条件出したら、発狂するかな(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/48484236

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣問題を整理する(2) 「経済援助抜き交渉」でロシアカードを手に入れろ!:

« 尖閣問題を整理する(1) 「もともと俺の領土」は自爆ロジック | トップページ | 煮詰まる中国の暴発に注意せよ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク