新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火)

売国道の求道者たち

 

何でも「道(どう)」と名付けてその道を極めたがる日本人ですが、この20年ほどで非常に流行し猛威を振るったものがあります。

それが売国道です。
 
 
売国道の教義は非常に単純です。
  1. 何でもかんでも日本が悪い
  2. 日本人は永久に謝罪と賠償を続け、奴隷の地位に甘んじるべき
これだけなので、途中の話は聞くだけ無駄です。
 
 
彼らは平和だの歴史だの人権だの環境だの国際協力だの、様々な美辞麗句を用います。しかし結局はその2つしか言ってないのです。
 
日本とは関係なくとも、日本がむしろ被害者である場合でも、何でも日本人の責任に押し付けて謝罪と賠償をさせるのがこの道の目指すところ。いかに日本に対し無理な言いがかりや難癖をつけるかが上級者への道で、そのためには捏造や詭弁も許されています。
 
 
 
面白いことに、売国道はインテリの間で大人気でした。
 
たとえばごく一部の法律家やマスメディアの人々です。
 
 
先進国の法律には、
  • いったん刑が確定したら、追加のペナルティはない
  • 挙証責任は原告側にある。疑わしきは罰せず
  • ある人の犯罪で子孫が罪に問われることはない
などの大原則があります。
 
しかし売国道の人々は、条約で「最終的かつ完全に解決」と書いてあってもその問題を何度も蒸し返します。
 
証拠がないと、被疑者である日本側に「無実を証明せよ」と迫ります。
 
極めつけは、当時まだ生まれてもいなかった日本人にその罪を負わせ、「未来永劫消えることはない」とのたまっていることです。
 
 
売国道の法律家は普段こそ「加害者にも人権はある!」と擁護するのに、なぜか日本人が加害者(?)のときだけ人権や時効を認めてくれません。
 
法律家でありながら「日本人とその子孫に対してだけ」法律の保護を適用してくれないのです。こういった矛盾を挙げてゆくとキリがありません。
 
 
売国道は世間一般の「ロジック・法律・歴史」と矛盾してしまうので、議論では勝てません。
 
だからいつも感情論ばかりなのです。
 
結論を聞くと「日本が悪い」。
 
解決策を聞くと「日本が謝罪して賠償すれば良い」
 
これしか言っていないので、途中の話は聞くだけ無駄です。
 
 
売国道はそもそも誰かに吹き込まれたロジックを大声で叫ぶだけなので、ものごとを理解したり解決したりする人には向いていません。
 
矛盾を指摘しても「アーアー聞こえない」状態で同じことを繰り返すだけです。
 
しかし本人たちは詮無い口論を「議論」と思っており、自分はそれに強いと信じ切っています。議論にならず相手があきれて去ると「論破した!」と自信を深め、新たな口論相手を探します。
 
相手の言い分を理解しようとしたり、鵜呑みにせず調べたり、自分の頭で考えたりする人は、売国道には向いていないと言えるでしょう。
 
 
 
売国道はいまや大きな組織に育ち、利権にもつながっています。
 
何かネタを見つけては日本の資金を外国に流し、キックバックを受けている人もいるようです。
 
売国道上級者のタックスヘイブン口座を洗ったら、きっと面白いことになると思います。
 
 
 
しかし多くの「売国道者」たちは、ボランティアのようです。
 
傍から見ると外国勢力や賠償ビジネスに利用されているように思えるのですが、そんなことは気にならないようです。
 
 
彼らは「良心的日本人」と呼ばれ、罪を認めない他の日本人とは一線を画されています。 
 
そりゃあ国賓待遇で外国に呼ばれ、酒池肉林で「先生、先生」なんて歓待されたら、舞い上がりもするでしょう。
 
「あなたは他の日本人とは違いますっ!」
 
なんて言われたら、気持ち良すぎてイッてしまいます。
 
領土や税金なんていくらあげても構いませんよね。どうせ自分が払うんじゃないし。
 
 
 
売国道 --- それは果てしなき道。
 
有権者が離れても、若い世代に笑われても、引き返す術はありません。
 
 
しかしもう、じゅうぶん楽しんだことでしょう。
 
殺されないだけマシだと思って静かに余生を過ごしていただきたいものです。
 
 
(終)
 
 

2013年1月24日 (木)

煮詰まる中国の暴発に注意せよ

北朝鮮が「米国を標的」として核実験とロケット発射を警告しました。
 
*****************************************************
北朝鮮、核実験とロケット発射を計画 「米国を標的」
(CNN 2013.01.24 Thu posted at 13:04 JST)
-------------------------------------------------------
(CNN) 北朝鮮の国防委員会は24日、「高い水準の核実験」と長距離ロケットの発射の実施を計画しているとの声明を発表した。声明では、「米国を狙ったものだ」としている。国営朝鮮中央通信が伝えた。
 
北朝鮮は昨年12月12日に「人工衛星打ち上げ」と称して長距離ロケット「銀河3号」を発射した。これを受けて国連安全保障理事会は今月22日、北朝鮮のロケット打ち上げに対する非難と、対北朝鮮制裁の強化を盛り込んだ決議案を全会一致で採択。北朝鮮外務省は同日、「平和目的の衛星」の打ち上げを続行するとの声明を発表していた。
*****************************************************
 
これは実のところ、北京への脅しと考えるのが妥当でしょう。
 
中国は尖閣・南沙問題でアメリカを怒らせてしまいました。またあくどいアフリカ進出(利権奪取と武器供与)で欧州を怒らせており、今回のアルジェリア人質事件でも怒りを買っています。
 
それを和らげようとしたのか、中国は北朝鮮のミサイル発射に対する非難と制裁強化決議に賛成しました。
 
 
これは北朝鮮から見ると、とんでもない裏切り行為です。
 
しかし表面上は「超親密国」なので、表立って非難するわけにも行きません。そこでいつもの指桑罵槐(しそうばかい) で、「ロケット+核実験=核ミサイルは米国向けだ!」とわざわざ本命でない相手を名指ししているのです。
 
もちろん真に意図しているのは中国への非難で、中国側もそれは承知しているはずです。このあたりは彼らの行動様式を理解しておかないと、誤解してしまうでしょう。
 
すると北朝鮮と仲の良い人民解放軍や上海閥も怒ってるでしょうね。逆にいったい誰が、北朝鮮への非難と制裁強化に賛成したのでしょうか。胡錦濤や温家宝にまだそんな力があったとしても、この時期にそれをやるのは彼らにとって危険だと思うのですが。
 
何が起こっているかまではわかりませんが、平穏でないことだけは確かです。
 
 
彼らの内ゲバの矛先は、どこを向くかわかりません。
 
中国も北朝鮮を表だって非難できないので、指桑罵槐(しそうばかい)で尖閣を取りに来る可能性もあります。
 
「そんなバカな!」と思うかもしれませんが、彼らの思考回路からするとありえます。
 
日米欧と仲良くやりたい勢力(仮に融和派と呼びます)が今回の決議に賛成したのであれば、逆に揉め事を起こせば融和派を困った立場に追いやることができるからです。
 
 
一般に、大陸国家同士やその内部で揉めるのは日本にとって悪い話ではありません。
 
それでもいつ起こるかわからない「暴発」に対しては、きっちり対処しましょう。
 
特に中国は大きく動きそうです。そのつもりでウォッチしておいてください。
 
 
 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク