新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 日中武力衝突は必至(1) 在中企業は撤収を急げ! | トップページ | 日中武力衝突は必至(3) 阿Qの絶対正義 »

2013年2月16日 (土)

日中武力衝突は必至(2) 環境支援は武力侵攻を招く

支那本土の大気汚染が酷いようで、大きなニュースになっています。

そんなもの昔からなのに何でいまさら? と思って見ていたら、案の定「日本が支援するべきだ」という動きが出てきました。
 
 
絶対やめときなさいって!
 
 
中国を助けても良いことはひとつもありません。
それどころか武力侵攻を招きかねない大悪手です。
 
  1. レーダー照射で苦境に陥っている中国政府の「話題そらし」にまんまと乗り、「日中は戦争状態にある」という意識が弱いことを示す。これは大変危険な行為で、「日本は油断しているから襲っても大丈夫だ」という誤ったメッセージを与えてしまう。
     
  2. 彼らは「大気汚染は日本のせい」という論陣を張っており、支援すればそれを認めたと言われる。ここぞとばかりに責任を押し付けられて、新たな賠償ビジネスと利権が発生する。
     
  3. 与えた環境技術は、「中国独自の技術」とされて他国に輸出される。新幹線などと同じ。日本企業を苦しめて何が楽しいのか。
     
  4. そもそも、環境支援はこれまでも行われてきた。しかし設備を与えても「コストが高くなる」と外してしまうし、資金を与えると軍拡に使うしで効果がなかった。
     
  5. 有名な「7色の川」や「貴州省人口の約半分がフッ素・ヒ素中毒」が紹介されたのは2005年。彼らは全くやる気ありません。
    支援など無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄ァ!
 
 
 
はっきり言いましょう。
 
中国・韓国への支援は巨大なビジネス(利権)です。
 
表向きは「援助」「賠償」ですが、資金や技術を垂れ流してキックバックを受け取っている日本人がいるのです。
 
単なる金儲けならまだ許すこともできますが、それが日本人の生命・財産国土を危機にさらしながら、私腹を肥やしているから見逃すことはできません
 
 
 
売国道」のビジネスモデルは実に巧妙です。 
 
単なる支援では関係が悪化したり、日本に余裕がなくなったときにいつ打ち切られるかわかりません。
 
そこで彼らは、「日本の戦争犯罪は永久に許されない。日本人は未来永劫にわたって謝罪と賠償を続けろ」という法治国家にあるまじき非人道的なロジックを作り、教育機関やメディアを使って子供のころから洗脳しているのです。
 
そう、日本の自虐教育や自虐報道は「賠償ビジネス」のために行われていると言っても過言ではありません。子供の頃から不必要な罪悪感を植え付け、中国・韓国・北朝鮮と一緒に日本の技術や資金を奪い取っています。
 
日本人が本当のことに気づかないように、何も知らない国の人々が日本人を差別し襲撃しするように、事実無根の犯罪をでっちあげ続けているのです。
 
何と罪深い連中なのでしょう!
 
 
 
えっ、「俺は他の日本人とは違う。日本が強くなることを防ぐために対価を受け取らずに努力しているんだ!」だって?
 
良いことを教えてあげましょう。
 
キックバックをもらっているなら売国奴。
無償で利用されているならただの馬鹿。
 
あなたをそそのかして動員している連中が、どうやって儲けているのか調べてみると面白いでしょう。
 
 
子供たちが死にかけた毒餃子事件。
レーダー照射事件。
 
それに対して中国政府は、「日本の捏造だ」「責任は日本側にある」と言い張っています。
 
そんなうそつきどもが主張する南京大虐殺、遺棄化学兵器、従軍慰安婦などを誰が信じることができるでしょうか。すべては彼らが行っている犯罪行為を覆い隠すためのカムフラージュでしかありません。
 
いまだにそれを信じて「謝罪と賠償」に同意する人は、よっぽどのアホか筋金入りの売国奴です。
 
 
 
しかし彼らもまるっきりの馬鹿ではないので、「日本軍の戦争犯罪ネタ」が日本国内で通用しなくなっていることを感じています。
 
そのネタで一定の支持を得てきた社民党(旧社会党)、民主党、一部マスメディアが蛇蝎のごとく嫌われるようになったからです。
 
そこで改めて強く押し出されているのが「環境支援」です。
 
それでも本質は同じです。日本人の良心につけこんで、資金と技術を巻き上げながら私腹を肥やすというビジネスモデルなのです。
 
 
 
出展は忘れましたが、中国の故事にこんな話があります。 
 
ある国の王が、隣国を攻めようかどうか迷っていました。
 
そこで知恵者がこう助言しました。
 
「その国に米を貸してくれないかと聞いてみてください。貸してくれるようであれば隣国は我が国を信用して油断しています。そこで一気に攻めましょう」
 
米を貸してしまった隣国は、善意が仇になって滅ぼされてしまいました。 
 
 
 
さて、もうわかるでしょう。
 
どんな形であれ中国を支援するということは、日本を滅ぼすことに手を貸していることに他なりません。 
 
外国に対して良い顔するのはやめて、まず日本国民のことを考えるべきだと思います。
 
 
 
隣国を援助する国は滅びる
 
by ニコロ・マキャベリ
 
 
 
 
 
 

« 日中武力衝突は必至(1) 在中企業は撤収を急げ! | トップページ | 日中武力衝突は必至(3) 阿Qの絶対正義 »

コメント

拝啓、管理人さんお久しぶりです。
環境問題、チャイナ毒煙報道は日本の売国反日亡国マスコミにも良心があるのかと考えてしまいました。甘かったです。

チャイナへの支援、勿論逆説的に大賛成です。
日本にあの手この手で居座っている在日チャイニーズなりすまし銭ゲバ帰化人にチャイナ本土にこぞって帰国し、
腐海と化したチャイナ本土を浄化して貰いましょう。

「 さようならチャイナ、チャイニーズ。 」
です。m(_ _)m乱文にて 敬具

追伸、連投御容赦下さい。
書き忘れました今迄みたいに、友好幻想に酔いしれた技術経済援助は駄目です。
百害あって一利なしです。
「 チャイナは日本の敵国です。 」m(_ _)m乱文にて 敬具

大変良い文章だと思います。

こういう売国奴とかバカを摘発する法律を作るべきですね。
最低でもスパイ法は、早急に作って欲しいものですね。

まぁ、この件に限らずなにかと寄生虫のように利権に
食いつく人々が多いです。

(^o^)風顛老人爺さん、ご無沙汰しておりました。
 
ほんとに日本のマスメディアは足を引っ張ることしかしませんね。あちらは攻める気マンマンです。戦争中だと思って一切の支援を切らないと、武力侵攻のチャンスだと考えるでしょう。戦争を呼び寄せて気付きもしない「良心的日本人」には困ったものです。


Jおじ さん
 
産経新聞が「国家反逆罪」について触れましたが、あれは死刑しかないですよね。
それだと裁く方も慎重になって、実質的には使うことができなくなっています。
もっと段階的に罰金から無期懲役まで用意して、ガンガン適用すべきです。
そうすればもっと多くの人が、日頃の言動を考え直すようになるでしょう。

『中国、韓国、北朝鮮に対する支援は悪』
自分個人としては当たり前なのですが他の人や団体へ広げる事は私個人として難しいと思っています。
私の場合、理性ではない感情のレベルでその三者を嫌ってしまっているので他者の共感を得にくいようです。

丁さん、

防衛本能を持つ生物としては当然だと思うんですがね。

感情で嫌うというのも、仕方のない話だと思いますよ。
たとえばゴキちゃんに対しても、近づくと衛生面で問題があるから生理的に嫌悪感を持つのだと考えます。

それに日本人を感情的に嫌っている人々が、「おまえは感情的に嫌うな」というのはフェアではありません。それこそ差別だと思います。

ただ、水面下ではその嫌悪感がスタンダードになっているとも思います。
一部の人たちが狂信的に「嫌ってはいけない」と叫び続けている感じです。

『ジョジョ』のクダり最強です(笑)最近の筆の進みは神がかり的ですね!超尊敬します!!(゜∇゜)ここで開眼させて頂いた僕は「未だに政権内部にスパイがいるのではないか?」と思っています。(民主党政権は【売国道】政権だった、と今になって思っていますが)日本はスイスやイギリスのように知的で現実的で狡猾な独立国家にならなければなりませんね。福沢諭吉は《学問のススメ》であの時代、既にその事を指摘していました。僕はもっと賢くならないといけない。

やったッ!! さすが逆張りさん!
おれたちが簡単に説明できない事を簡単に説明するッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!

ジョジョ表現、素敵な使い方ですw

原発停止で火力を増やしたからうちの国の大気が悪くなったアルよ
反原発活動に無償で利用されている人たちは・・・これ以上は言わなくてもいいですね(´ヘ`;)

オーストラリアに潜水艦技術供与とか良い情報が出ているみたいですな~。
ttp://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1504V_W3A210C1MM8000/?dg=1

中国、北朝鮮、韓国の特定アジアを除いてみんな仲良くまた~り経済成長を期待します(`・ω・´)

shimasyoさん、

ありがとうございます。

おっしゃるとおり、自民の中にも大勢「売国道」の達人がいます。安倍さんが首相でなかったらヤバイところでした。

民主党政権時には官邸フリーパスがばら撒かれて、怪しい連中が自由に出入りしていたようです。おそらく盗聴器などが仕掛けられたはずですが、飯島秘書官が片付けたと思います。

二大政党の両方に潜り込まれると非常にやっかいなのですが、選挙を通じて地道に取り除いて行くしかありませんね。


会津のさむ さん

ええー!豪に潜水艦ですか!
いくら同盟国とはいえあんな機密の塊を共有するとは、実に思い切った嫌がらせですね。「やっているフリ」だけでも気分悪くなるでしょう(笑)。スゴイスゴイ。

何年も前に「賠償ビジネスと反原発をやっている人は同じ」と書いたところ、「どうしてそれらが繋がるのかわかりません」という質問が来ました。しかし今や、それも常識になりつつあるようです。

"「慰安婦」団体に家宅捜索。被疑者には昨年反原発や放射能がれき受け入れ反対の闘いの中で拘束・起訴され、今も大阪拘置所に勾留中のHさんも含まれています。"

ttp://www.hoshusokuhou.com/archives/23653139.html
ttp://www.ianfu-kansai-net.org/index.html

拝復、管理人さんお久しぶりです。
チャイナ朝鮮半島周辺国の著しい危険性、
売国左翼のプロ市民による「 反日道 」素晴らしい言葉であります。
私は、「 反日狂信カルト 」と呼んでおります。
相前後しますが、お喋りの口下手(笑)である私が説明すると通じるものも通じなくなるので。
周囲に影響力のあるキーマンを、中道保守の集まりに誘ったおります年の功でございます。(笑) 私が説明するより着実に効果があります、私の信用の問題です。(笑)
宣伝御容赦下さい。
河添恵子氏、坂東忠信氏のサイトどしどしと更新中ですユウチューブでご覧頂けます。

チャイナ・ウォッチャーである谷崎 光氏の「 男脳、中国 女脳、日本 」なぜ彼らは騙すのか 新潮社インターナショナル
が大変に参考になります。御一読頂けると幸いであります。
m(_ _)m乱文にて 敬具

「ヘイトスピーチ」って言葉が、妙にNHKの例の広報の
ツイッターに被りますね。もしかしてお仲間かしら?

(^o^)風顛老人爺さん、

いつもありがとうございます。
「男脳、中国 女脳、日本」は面白そうですね、ちょっと呼んでみます。


Jおじ さん

「ヘイトスピーチ」という言葉は、NHKの騒ぎで初めて知りました。
なるほど、言動が嫌われているのをそう言い換えるわけですか。

使う言葉でどんな考えを持っているかわかるのですから怖いですね。
きっと「ネトウヨ」という言葉を使う人々とお友達なのでしょう。

ヘイトスピーチという言葉自体、反日的な市民勢力さん達の用語っぽくて、尻尾が隠せてないよ!無意識の習慣は怖いなあと思いましたw

ちなみに、ヘイトスピーチが一発で返還されなかったですw

evさん、

異文化との交流は刺激になりますよね。私の知り合いの中には誰も「ヘイトスピーチ」という言葉を使った人がいなかったので、ちょっと安心しました。使う人がいたらちょっと付き合いを考え直すかも(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/49411761

この記事へのトラックバック一覧です: 日中武力衝突は必至(2) 環境支援は武力侵攻を招く:

« 日中武力衝突は必至(1) 在中企業は撤収を急げ! | トップページ | 日中武力衝突は必至(3) 阿Qの絶対正義 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク