新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 他人の過去を責めるのは、いま自分がそれを行っていることを隠すため | トップページ | 事実を記録して伝えることを、死ぬほどイヤがる人たち »

2013年5月31日 (金)

他人の過去を責めるのは、いま自分がそれを行っていることを隠すため(2)

慰安婦問題は私の中ではとっくに決着がついてます。

ただ未だに「日本が悪いことをした」と信じている人も多く、特に外国人は相手の言い分を鵜呑みにしているように思えます。

これを打開するには「デマを飛ばした新聞社や弁護士を証人喚問して、元から否定させるしかねえな」と思っていたところ、 同じようなことを言っている人がいました。

 

この人の言うことは、私の意見よりも数段深いです。

私が解説するより、まとめを読んだ方が良いでしょう。

 ↓↓↓

(まとめ)慰安婦捏造に必死な理由

 

・・・なるほどね。

2006年の米最高裁判決で決着し「もう慰安婦問題に関して米国で訴えを起こせない」ということは知っていました。

しかし「竹の森遠く」という物語の教科書採用がここ数年で激増しているという話は知りませんでした。

と思ったらこれ、「ヨーコの物語」のことか。全米で執拗な潰しにあっていると聞いていましたが、すごい勢いで採用が増えているとは驚きです。まとめには「権威ある数々の賞を受賞」と書いてありますが、いったいどういうことだろう? 

確かに

ALA Notable Children’s Book
Parents' Choice Gold Award

を受賞してますね。

http://www.harpercollins.ca/books/Far-Bamboo-Grove-Yoko-Kawashima-Watkins/

 

しかしこれを教科書に採用するとは、見事なカウンタープロパガンダだ。

惚れ惚れします。

そうでなければ、アメリカ社会は恐ろしく公平で健全ということになります。

 

私はこれが偶然だとは思えません。

まだ油断はできませんが、相当な策士が我々の味方にいるような気がします。

ひょっとしてユダヤさん、日本を失うとイスラエルがなくなることにようやく気が付いた?

« 他人の過去を責めるのは、いま自分がそれを行っていることを隠すため | トップページ | 事実を記録して伝えることを、死ぬほどイヤがる人たち »

コメント

ふむふむ、同じく米国の最高裁の話は聞いていましたが・・・。

とりあえず、日本国内のマイナンバーとかで経済戦を簡単に効率よく運用できるような戦場作りを後方支援としてするしかないですよね。IFFみたいな感じに。
兵糧攻めというか補給線分断というか・・・埋蔵金発掘が正しいのかもしれませんが(笑)
世界のタックスヘイブンのお掃除も進むと怪しいお金が身動きができなくなるんじゃないかなと。

これに金融所得の一体課税とフラットタックスを併せてくれると、健全な投資家には己の投資技術にだけ集中すればいい素敵な投資環境が整備されて言うことなしですね。
税務側も投資を知らなくても儲けた分だけ課税、損した分は通算しかなければ埋蔵金発掘作業に集中できるはず(`・ω・´)


ヨーコの物語、日本語版を電子書籍でどこか出してくれないかなとおもうおいらでした。

会津のさむ さん、

確かに、いろいろタイミングが良すぎます。

一説には日本のヤクザ勢力をアメリカが潰しにかかっていると言われていますね。するとなぜか周辺国から悲鳴が上がっているという(笑)。

一見関係なさそうなところ(教科書)から着手して、最後は完全に詰ませてしまうという。さすがアル・カポネを脱税で締め上げた国です。

怖いわー、親分怖いわ―。

もちろん我々とは利害が完全に一致するわけです。この動きは歓迎しましょう。

>「竹の森遠く」という物語の教科書採用がここ数年で激増している

これは知りませんでした。在米韓国人グループに作者の女性が
嫌がらせを受けたり、教科書から外す運動があったりということ
は知っていましたが、これが本当なら嬉しい話です。

今年石光真清の手記を読んでいるんですが、当時の情勢が非常に
率直に書いてあり素晴らしいです。日本で食えなくて大陸へ渡っ
て女郎になった女性などが沢山出てきます。こういう人々を現在
の感覚でもって断罪して意味があるのか?と思います。

8/15前後(特にソ連参戦以降)の歴史を日本人は、学校でしっか
り教えてほしいです。戦争の総括が必要だと思います。

Jおじ さん

この説は筋が通っているので一応信用してリンクを張ったのですが、私がざっと検索したところでは「採用が激増している」ことの裏は取れていません。何かヒントがあれば良いのですが。

石光真清さんのお名前は知りませんでした。私も読んでみます。
いつもいろいろ教えて頂いてありがとうございます。

親分こわいよー。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4892959219/search-related-items-22

このタイミングで出てくるとは・・・注文しておきますか。

日本起点でなくて、アメリカで刊行後に教科書に採用されて育ったものが日本に来るというルートでこのタイミング。怖すぎます。

会津のさむ さん

私も驚きました。以前から待望されていたこととはいえ、このタイミングはどんぴしゃですね。アマゾンでいきなり2位とは、みな同じ気持ちで買っているのでしょう。

これはカミカゼ野郎たちの「図書館リクエスト攻撃」や「うっかり待合室に置き忘れ攻撃」が炸裂するだろうな。私もうっかり注文しすぎたり、うっかり置き忘れたりしないように注意します(笑)。

>図書館リクエスト攻撃!!
いいですねぇ。というか?僕も時々やってます。(笑)
自分で持っている本の方が多かったりしますが・・・。
税金で買う本ですから、国民の為になる本にして
欲しいと心から願います。

Jおじ さん

「図書館リクエスト攻撃」のカウンターとして、「気に入らない本を借りっぱなし攻撃」「わざと汚して廃棄処分させる攻撃」「図書館員がこっそりもみ消し攻撃(違法)」があります。

こちらも負けずに「なかなか借りられないのでもっと買って増やしてください攻撃」「たくさん手に入ったので寄付させていただきます攻撃」「なかなか借りられない人気の本を知りたいので、グラフにして張り出してください攻撃」などでねちっこく攻める必要があります(笑)。

まさに図書館戦争。焚書坑儒の国と戦うには、真実を記録して伝えるしかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/51857097

この記事へのトラックバック一覧です: 他人の過去を責めるのは、いま自分がそれを行っていることを隠すため(2):

« 他人の過去を責めるのは、いま自分がそれを行っていることを隠すため | トップページ | 事実を記録して伝えることを、死ぬほどイヤがる人たち »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク