新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« TPPの怪しい手口 - サインした後でないと中身を読ませてもらえない契約書 | トップページ | 似て非なるもの。レバレッジ2倍とダブルブル投信の違い(シミュレーション用Excelシート付き) »

2013年5月 1日 (水)

日露平和条約に向かって加速せよ

ちょっと驚きました。
日露首脳会談で、プーチン大統領が領土問題に踏み込んだ回答をしたことです。

今回の共同声明で重要なことは二点あります。
  1. 平和条約締結に向けての交渉を加速。双方に受け入れ可能な解決策(つまり領土問題解決)作成をそれぞれの外務省に指示。
     
  2. 安全保障・防衛分野の協力拡大。外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)を立ち上げ。防衛当局・部隊交流の拡大
 
その後の情報でプーチン大統領が「面積等分というやり方もある」と示唆したことが明らかになりました。この方法で中国やノルウェーとの領土問題を解決したとのこと。
 
96958a9c93819481e1e2e2e2eb8de1e2e2e
(元ネタは日経新聞さん)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2102V_R20C13A2MM8000/
 
 
これは驚きです。
 
日本側にしてみれば、北海道に突き刺さっていいる国後島は取り返したいところです。 
 
ロシア側にしてみれば、天然の良港である単冠湾(ひとかっぷわん。真珠湾攻撃の時に連合艦隊が出撃した港)がある択捉は簡単には譲れないはず。
 
しかし面積等分であれば択捉の西側も日本領となり、国後-択捉間の国後水道が日本のものになります。
 
 
 
えっ?日本が握るチョークポイントが一つ増えるんですけど。
 
確かに択捉の東を通ればいいかもしれないけどさ。
 
本当にそれでいいのか、ロシア海軍は?
 
 
しかしこれも日本にとって痛しかゆしです。
「島国最高!」と思っている私のような人間には、陸の国境でロシアと向き合うのは怖い。めちゃめちゃ怖い。
 
うっかり択捉の一部をもらってしまうと、そこが逆に「人質」にされるのではないかとも考えてしまいます。
 
 
 
これはリアクションに困るなあと思っていたら、日本の菅義偉官房長官は「4島返還が基本」とつれない返事。
 
いいよいいよー。本気の交渉っぽくなってきました。
 
 
 
 
外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)も驚きました。同盟国以外とやることもあるんですね。
 
お互いに共通の懸念があるので、同盟に準ずる関係になろうということです。
 
 
 
しかしこれでロシア側がかなり本気であることはわかりました。
 
私も数か月前まで「話し合うだけで国益」と考えていましたが、思ったよりも早く日露平和条約が締結されるかもしれません。
 
もしロシアが4島返還をしてくれたら、経済協力も積極的にやりましょう。
 
ロシアが弱くなると日本に対する脅威が増しますから、それは国益にかなうはずです。
 
日本に好意を示す国は繁栄し、敵対する国は破綻する
 
という実例を世界に見せつけようではありませんか。
 
だけど一方的に接収されたり、シベリアに抑留されるのは勘弁な。
 
 
 
今回の交渉で、安倍さんとプーチンは良い組み合わせだと思いました。
 
ともに愛国者で、自国メディアに足を引っ張られながらも国益を追求しています。
 
プーチンが日本の記者に対して「その原稿を書いたやつに伝えておけ」と言ったのも痺れましたね。日本側に妨害したい連中がうようよいることも、すっかりお見通しってわけです。
 
 
 
これから4年間、国際政治は安倍首相とプーチンを軸に回るかもしれません。両者の外交センスは突出しています。
 
一方でオバマ大統領はTPPなぞにかまけており、何が重要なのかわかっていない様子です。
 
しょうがないので海洋国家連合は米国国防総省(ペンタゴン)と連絡を取りながら、協力体制を築くことになるでしょう。親分が微妙だと子分たちは大変であります。
 
さっそくイギリスが「日英同盟を復活させようぜ!」と近づいてきています。もうずっと安倍さんのターン。
 
======================================================
軍拡・中国念頭に21世紀の「日英同盟」模索 英王子、今秋来日し国際会議
2013.4.24 産経ニュース
------------------------------------------------------
英国のアンドルー王子(53)が今秋訪日し、21世紀型の新たな「日英同盟」を模索する国際会議を東京で開催する計画が23日までに明らかになった。軍拡を進める中国を念頭に、日英両国間の安全保障強化に向けた動きとして注目される。(以下略)
======================================================
 
すでに準安保関係にあるインド・オーストラリアそれに今回のロシア・イギリスを加えたら、備えとしては上出来でしょう。他の国々も麻生副総理や岸田外相が手分けをしてカバーしています。
 
日本が主体的に他国を動かしている光景を見ると、なんだか不思議な感じがします。100年前もこんな感じだったのでしょうか。
 
今度は反省を生かして、戦勝国になりましょう!
 
任せてください。過ちは繰り返しませぬから(笑)。
 
 
 

« TPPの怪しい手口 - サインした後でないと中身を読ませてもらえない契約書 | トップページ | 似て非なるもの。レバレッジ2倍とダブルブル投信の違い(シミュレーション用Excelシート付き) »

コメント

>今度は反省を生かして、戦勝国になりましょう!

第一次世界大戦では、戦勝国でしたね!(笑)

今回のニュースは、なかなか興味深かったです。
プーチンの顔をつぶさないようにロシア国内へ向けて
南樺太の話も当然のように広報すべきですね。
その結果、面積折半でも3島返還でも良いと思います。
重要なのは、平気で約束を反故にするお国柄なので
タフな交渉が必要なことですが、天然ガスという
お互いに利益のあるネタがあるので、交渉の推進力は
ありそうですね。

あとオバマって本当にだめですね。
よく再選されたというか?共和党がさらに駄目なんですね。
カカシさんとこのブログを読むとそう思います。
http://scarecrowstrawberryfield.com/

Jおじ さん、

ありがとうございます。今日になって安倍さんが「面積等分とは言われていない」と記者団に語ったようです。ほんとに妨害したい人がいるようです(笑)。

しかしそれも好都合。原点に戻って「千島樺太は放棄したが、ロシアにやるとは誰も言ってない」と主張し、4島返還を求めましょう。3島返還なら平和条約のみ。4島返還なら濃厚サービス付き。これでいかが?

リンク、読ませていただきました。

共和党のロムニー候補はたいがいでしたからね。オバマは微妙ですけど、ブレーンがしっかりしているだけ鳩山さんよりちょっとマシです。しかし今回人事をリセットしてしまったので、日本や英国の当局者は頭を抱えていると思いますよ。イスラエルなんか暴れ出すんじゃないですかね。

中国の台頭がリアリストのリーダー達をまとめてますね~~(〃ω〃)いい感じです☆まさに『失うものあれば得るものあり』です( 〃▽〃)。それにしても安部政権の外交センスはまさに【秀逸】ですね。TPPへの参加は根本的に日本が軍治力で自立できていない事に起因しているのだと思います。憲法(解釈でも良いのでは?)を改正して核武装する事が最も合理的に独立国家としてモノが言えるようになる近道だと最近強く思っています。話は変わりますが、僕も株式投資したい~( ☆∀☆)日本の未来は明るいぜよ!

拝啓、管理人さん横レス失礼します。
今度こそは、「 生き残れ、否勝ち残れ 」ですね。

リアリストと云えば、気鋭の地政学者 奥山雅司さをのサイト「 英国で地政学を学んだ 」がお薦めであります。
お人好しの日本から、リアリズムと誠実を兼ね備えた日本へと変わりつつあると捉えています。
m(_ _)m乱文にて 敬具

ロシアがここまで動き始めるとは・・・おいらも驚きました。

ろくでもない近隣国と縁を切り始めると、まともな別の近隣国が寄ってくる。
友達は選んだほうがいいという意味が理解できる。


ロシアをがっかりさせないようにしっかりと今の政府を支援しないと・・・。
適度な間合いを取っての交渉を希望したいものです。
3.5でなくて3か4がいいな・・・陸で国境はおいらも抵抗があります(´ヘ`;)

過ちは繰り返さないように戦わずにシーレーンを確保してまったりと繁栄したいですね(`・ω・´)

shimasyoさん、

はい、ロシアと協力するには核武装が必要ですね。そうしないと利用されるだけに終わったり、大陸の争いに引きずり込まれますから。しかし良い方向に進んでいるので、平和条約締結と憲法改正まで黙ってようと思ってます(笑)。


(^o^)風顛老人爺さん

ぜひぜひ、勝ち残りましょう。
奥山真司さんはお若いですね。ブログを読ませていただきます。


会津のさむ さん

私もそう思いますね。陸に国境を作るとEEZでも揉めそうですから。今回はうまくやれば冷戦か局地戦で終わると思いますので、ディフェンスを固めて完封しましょう!

日露関係で心配な事は北海道が選挙区の政治家の方が妙に前のめりな姿勢であることが足を引っ張るのではと思っています
去年12月の総選挙時の地域政党の代表者の発言は国益を考えているとは思えないレベルでした

拝復、管理人さん返信頂き有り難うございます。

奥山真司さんは、若いです。著書も翻訳も含めどしどしと出しています。
私は買えないので図書館で借りています。
どなたか買って下さい、他力本願であります。(笑)

「 生き残れ、否勝ち残れ 」は篠原千絵さんの天は赤い河の畔からの引用です。

m(_ _)m乱文にて 敬具

丁さん

その代表者の発言を私は知らないのですが、地元への利益誘導しか考えていないということでしょうか。安倍さんとプーチンであればそれほど心配ないとは思いますが、地元からも横やりが入るとすれば厄介ですね。

(^o^)風顛老人爺さん、

ブログを読んでみて、気に入ったら買います。
日本でも地政学の本が出てきて嬉しいです。

そうです。地元への利益誘導優先でそれ以上の目標や目的がまったく見えない話をしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/51450580

この記事へのトラックバック一覧です: 日露平和条約に向かって加速せよ:

« TPPの怪しい手口 - サインした後でないと中身を読ませてもらえない契約書 | トップページ | 似て非なるもの。レバレッジ2倍とダブルブル投信の違い(シミュレーション用Excelシート付き) »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク