新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月 9日 (日)

事実を記録して伝えることを、死ぬほどイヤがる人たち(2) 慰安婦問題のご本尊は中国様

この問題を改めて調べて、目から鱗が落ちたことがあります。

 
慰安婦問題を焚き付けているのは、実は韓国ではなく中国
 
ということです。
 
(まとめを読む方はこちら
 
 
 
普通の精神状態なら、韓国は日本を責めることはできません。
 
日本が統治した時代の朝鮮半島には、日本人は最大でも3%ぐらいしかいませんでした。
その割には公務員になる比率は高かったのですが、朝鮮半島の議員・役人・警察の8割以上は現地人だったようです。
 
 
 
もしその中で慰安婦の強制があったとすれば、当然現地人が関与なり協力したはずです。3%(60万人ぐらい?)しかいない日本人だけで現地の強い抵抗を押し切って連行することなど不可能だからです。
 
もし家族が何の抵抗もしないのであれば納得して受け入れたということになるし、抵抗したのであれば2千万人もいて何をしていたんだという話になる。
 
そして抵抗して戦ったという記録は一切ありません。当時の新聞では「悪徳業者を取り締まれ」という記事はあっても日本政府が強制連行したという話は出てきません。
 
いずれにしても戦後何十年も経ってから蒸し返されるのは不自然極まりありません。そんな大問題があったのなら1965年の日韓基本条約で「最終的かつ完全に解決した」と書かれる前に問題提起しろよと思います。
 
 
 
彼らがこれほど騒ぎ立てなければ、我々も余計なことを知らずに済んだでしょう。
 
  • 韓国軍が朝鮮戦争で慰安所を設置したこと
     
  • ベトナム戦争に参戦した韓国人兵士による虐殺や性犯罪が大問題となった。それはいまなおライダイハン問題となって残っていること
     
  • 韓国人が各国で売春組織を作り、本国から人材を「輸出」していること。その数は把握されているだけで10万人にのぼること
 
 
脛に古傷を持つどころか、まだ塞がっていない傷から血をだらだら流しながら日本の悪行を世界で吹聴するのです。まともな神経でできることではありません。
 
常識的に考えて、性風俗で稼いだ人が後から「強制的に働かされた!」と訴え出ることは考えにくいことです。
 
しかも言っていることがどんどん変わったり、「高収入ですよ」なんて広告が出てきたり今の価値で1億円もの預金を返せなんて訴訟を起こすものだから、こちらのほうもじっくり話を整理しようと思います。
 
そしてたどり着いたのが、
 
「なんだ。自分の意志で働いて、高給をもらっていたんじゃないか」
 
という結論だったのです。
 
 
 
従軍慰安婦のほとんどは日本人女性でしたが、彼女たちが脚光を浴びることはありませんでした。
 
ある人が日本のメディアに「日本人の慰安婦のほうがはるかに多いよ。紹介しようか?」と言ったらガン無視されたそうです。
 
「かわいそうな慰安婦はほとんどが日本人だった」なんて話は彼らにとって面白くもないし、何の利用価値もないということなのでしょう。ここまで来るとひどい日本人差別だと思います。
 
 
 
 
このように、韓国はあちこちで自分の恥をさらしながら従軍慰安婦問題で日本を責め続けました。
 
高い報酬をもらった大昔の「お仕事」で、今の自分たちにも数えきれないほどの傷があるのに、なぜこれほどまで情熱的に日本だけを責めることができるのだろう? と私も不思議に思っていました。
 
 
 
しかしそれも、日本の活動家や中国・北朝鮮に利用されているのだと思えば納得です。
 
他人が聞いたら「ちょっとおかしいんじゃないか?」と疑問に思うようなロジックで、狂ったように他人を責め立てたらむしろ自分の評判が落ちます。
 
普通の人は自分で話していて、あるいは相手に指摘されて「ちょっとおかしいかな?」と感じたら、別の材料から事実を補強したり時系列や因果関係に誤解がないか再確認します。
 
それでもやはり自分が正しいと確認できたら、相手に対して再反論を試みます。それが普通の人間の思考回路です。
 
 
 
しかし慰安婦やその支援者たちには、その「思考と修正のプロセス」がそっくり抜け落ちているように感じていました。
 
自分の人生を語っているはずなのに、誰かの誘導で記憶をどんどん書き換えられているような感じなのです。
 
「証言内容がまた変わりましたよ」と言われても弁解しません。
 
「年齢と史実が矛盾しますね」と指摘してもリアクションしません。
 
声をさらに大きくして同じことを叫び、それらの指摘を「なかったこと」にするだけ。
 
普通の人であれば真っ赤になって弁解したり、資料や証言を付け足して疑念を晴らすこともせず、ひたすらロボットのように「誰かに吹き込まれた自分の哀れな歴史」を泣きながら話しているだけのように見えます。
 
そう、慰安婦問題の「被害者」そして「支援者」には「自分の思考回路」というものを感じないのです。
 
 
 
もし私が日本の悪行を世界に広める側だったら、こんな間抜けなことはしません。
 
最初から「被害者」と口裏を合わせ、ボロが出ないように繰り返し演技指導します。
 
まずい「事実」が出てきたときは対策を考え、相手に気付かれないように戦略を練り直します。
 
 
 
しかし彼らは「事実を突きつけられてウソだと指摘される」ことに恐れを抱いているように見えません。
 
きっと「大声で相手を黙らせたら、他の人がどう思っても関係ない」という文化で育った人々なのでしょう。
 
そしてうまく演技してカネをせしめたとしても、「俺の取り分が少ない!」と内ゲバを始めて努力を台無しにしてしまう人たちなのでしょう。
 
 
 
中国や北朝鮮に踊らされ、日本に対する鉄砲玉として使い捨てにされる慰安婦や韓国人は気の毒だと少しだけ思います。
 
日本から反撃を受けるリスクは韓国だけが背負い、中国様は後ろでこそこそ日米離間策を進めているのです。
 
中国はそうやって韓国を利用しながら、日本人以上に韓国人を嫌っているという冷たい宗主国様です。
 
 
 
しかし日本と中国の両方から嫌われて滅んでゆくのも、彼ら「らしい」運命と言えるでしょう。
 
自分の罪をなすりつけてくる連中に情けをかける必要はありません。
 
どうか利用されていることに気付かないまま、中国様と運命を共にしてもらいたいと思います。
 
 
(終)
 

2013年6月 8日 (土)

事実を記録して伝えることを、死ぬほどイヤがる人たち

前回記事のコメントで面白いやりとりがあったので、正式な記事としてまとめます。

 

待望の「So far from the bamboo grove」が日本語化されて出版されるようです。

 

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

 
 
いやー、ずっと待望されていたとはいえタイミングはバッチリですね。
 
発売前にもかかわらず、さっそくアマゾンで総合ランク1位です。
 
戦後大陸から引き揚げる日本人を虐殺したりレイプしたなんて本が1986年に出版され、アメリカの教科書副読本に採用されて数々の名誉ある賞を取ったのではマズイですわな。そりゃあ自分たちでやらかした慰安婦問題の責任をなすりつけたり、「レイプ・オブ・南京(1997年)」をベストセラーにして何とかごまかそうと思いますわ。
 
二日市保養所なんて俺も知らなかったもんね。
 
日本人の人権が踏みにじられていた事実を隠すために、戦ったじいちゃんたちを性犯罪者に仕立て上げようとした新聞社、弁護士、人権団体、ロビー活動家、政治家などは万死に値します。事実が広がるに従って彼らを信じない人々が増えたのも当然のことでしょう。
 
 
 
しかしこれが広まったら、カミカゼ野郎たちの
  • 図書館リクエスト攻撃
  • うっかり待合室に置き忘れ攻撃
が炸裂するだろうな。私もうっかり注文しすぎたり、うっかり置き忘れたりしないように注意しようと思います(笑)。
 
 
 
それに対して相手は当然カウンターを仕掛けてきます。
  • 気に入らない本を借りっぱなし攻撃
  • わざと汚して廃棄処分させる攻撃
  • 図書館員がこっそり捨てちゃお攻撃(違法)
そして極め付けは
  • ずっと1位でもベストセラーランキングから除外する攻撃
です。
 
 
 
それに対してはこちらも負けずに
  • なかなか借りられないのでもっと買って増やしてください攻撃
  • たくさん手に入ったので寄付させていただきます攻撃
  • 人気の本を知りたいので、ずっと借りられている本を一覧にして張り出してください攻撃
などの寝技でねちっこく攻め続ける必要があります(笑)。
 
 
 
まさに図書館戦争。
 
焚書坑儒の国と戦うには、事実を記録して伝えるだけで厳しい攻撃となります。
 
考えてみれば楽なものです。こちらは事実を伝えて広めるだけ。あちらは事実が広がらないように嘘を広めたり、人格攻撃したり、法律で禁止したりしてくるでしょう。
 
 
 
しかしどちらが長期的に受け入れられ、社会として発展して生き残るかといえば、事実を記録して伝える側です。
 
嘘ばかりついて誤魔化す人々は自分のウソに自分が騙されて事実が見えなくなり、やがて滅ぶからです。 
 
 
 
人の口に戸が立てられないことに気づいた相手は、リアルな暴力で口を塞ごうとするでしょう。
 
それでも言論の自由を守れば我々の勝ち。
 
言論を封じて日本を北朝鮮化すれば彼らの勝ちです。
 
 
 
短期的、局地的には全体主義が強いように思えます。
 
しかし歴史が証明しているのは、最終的に自由と民主主義が勝利を収めるということです。
 
我々はその「歴史の法則」を信じて、自由のために戦います。
 
(終)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク