新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« サッカーワールドカップ2014 (2)勝負なのかショーなのか | トップページ | 独立運動と間接侵略(1) スコットランド独立はロシアの報復か »

2014年6月28日 (土)

サッカーワールドカップ2014 (3)敗北の構造

今回の日本代表の自滅ぶりをみて、きっと対米戦争もこんな感じで負けたのだろうなと思います。

「ちゃんと準備すれば勝てた」と言っているのではありません。一部の選手や関係者に引きずられ、納得も団結もしないまま戦いに挑み、敗れるべくして敗れたのではないかという意味です。
 
 
 
旧日本軍には、正式な上司以外にも権力を持つ人々がいたそうです。たとえば表向きの階級は低くとも新兵たちに睨みをきかせる古参兵がいて、非公式な権力をふるっていたと聞きます。新任の将校はそういった人々に逆らうと仕事が進まないし、トラブルを起こすと出世に響くので専横を黙認していたこともあるようです。
 
あるいは参謀などの地位にいる人が大将などの名前を騙って命令を出し、勝手に軍を動かしていたというケースもあります。それで失敗しても責任を取るどころか、さらに上の階級に出世しちゃったりしています。業績や能力によって評価するシステムが、そもそも日本にはないのです。
 
そういったことはどんな国でも起こり得ますし、たまたま日本が負けたのでそういった話を良く耳にするだけなのかもしれません。しかし指揮系統を守らなかったり、チームの勝利より自分の利害を優先する人々が少ない国の方が、戦争に勝つ可能性は高いと思います。
 
 
 
そのような組織では、現場の人々は大変です。
 
上の人間は勝つためのアイディアを出したりサポートするわけではなく、「とにかく勝て。負けは許さない」とだけ命令します。
 
指揮系統や軍規を守らない兵士がいても、それが「聖域」だったりすれば上司は注意しません。露骨なえこひいきでそれ以外の人はやる気を失います。
 
現場の人間が飢えや敵と戦っているとき、上司たちが芸者をあげて宴会をしていたら、誰だって「やってられない」と思うでしょう。
 
「俺たちは世界一になれる!アメリカを倒すんだ!」と夢想する兵士に対し、「馬鹿言うな。頭を冷やせ」とは言えません。むしろ大言壮語したほうが上司に気に入られ、出世が早かったりします。
 
それに対しマスメディアは「日本兵の練度は世界一。アメリカなど恐れるに足らず」と煽ります。
 
旧日本軍がずるずる対米戦争に向かった光景と、今回のサッカー日本代表の敗戦はよく似ているように思えるのです。
 
 
 
そして負けたときの反省もきわめて情緒的で、原因の究明を避けているかのようです。これも日本の「伝統芸」なのかもしれません。
 
「雨で得意のパスサッカーが機能しなかった」
→1・2戦で雨が降る可能性が高いことはわかっていたはずですが
 
「自分たちのサッカーができなかった」
→相手はそれを封じてきますって
 
「エースのXXを出して負けたのだから仕方がない」
→その選手が戦略の一部として機能しているかどうかを問題にしてください
 
「過ぎたことをいまさら悔やんでもしかたがない」
→いや、反省して次に生かしましょうよ
 
「戦犯はXXだ!」
→今回は個人の問題より「代表ビジネス」というシステムの問題がはるかに大きいと思いますね
 
「感動をありがとう」
→そんなものいらないから勝つ方法を考えていこうぜ
 
 
 
きわめて情緒的でふわふわとした日本代表に対し、私が気に入っているのはアメリカ代表です。
 
アメリカ代表のサッカーはきわめて合理的で、敵のいやがることを機械のようにしつこく繰り返してきます。
 
選手一人一人が兵士のように約束事を守りながら自分のタスクをこなし、時間いっぱいまで精力的に戦います。
 
ずっと見ていて飽きることがなく、その多くに劇的な結末が待っています。
 
勤勉・合理的・そして結果的にスペクタクル。それがアメリカ代表のサッカーです。
 
なぜ多くの分野でアメリカが世界一なのか、よくわかります。
 
 
 
さて、我らが日本代表はどうするのでしょう?
 
ショーとしての側面に磨きをかけ、「負けても儲かる」ビジネスに育てるのでしょうか。
 
それとも本気で優勝を目指し、勝ち残る方法を追究して行くのでしょうか。
 
情緒的な言葉に惑わされることなく、障害を取り除くことができるでしょうか。
 
これは今の日本において多くの分野であてはまることだと思います。
 
(終)
 
 

« サッカーワールドカップ2014 (2)勝負なのかショーなのか | トップページ | 独立運動と間接侵略(1) スコットランド独立はロシアの報復か »

コメント

→1・2戦で雨が降る可能性が高いことはわかっていたはずですが

→→わかっていても準備はできない。遡るなら年少のころから
→→荒れた厳しい環境で慣れる事が必要だが、日本は子供に
→→そのようなサッカーを強いる環境にない。
→→「怪我でもしたら、病気にでもなったらどうするの!」って具合。


「自分たちのサッカーができなかった」
→相手はそれを封じてきますって
→→それは「相手が自分達より強かった」の意だから
→→その反論は不適切

「エースのXXを出して負けたのだから仕方がない」
→その選手が戦略の一部として機能しているかどうかを問題にしてください

→→あまりこれを言っている人は少ないと思う。
→→「今のメンバーではどうやっても勝てない」の意に近いと思う。

「過ぎたことをいまさら悔やんでもしかたがない」
→いや、反省して次に生かしましょうよ
→→同意

「戦犯はXXだ!」
→今回は個人の問題より「代表ビジネス」というシステムの問題がはるかに大きいと思いますね

→→単に個人も組織も劣っていただけかと。代表のスケジュールを変えても
→→数試合で強くなるわけじゃなし。


「感動をありがとう」

→そんなものいらないから勝つ方法を考えていこうぜ
→→大きなお世話。いろんな人がいていいと思う。

みやびさん、フィードバックありがとうございます。

「自分たちのサッカーができなかった」を「相手が自分達より強かった」と解釈するなら、「自分たちのサッカーをすれば勝てる」というのは「相手より強ければ勝てる」という意味だったんですかね。どのみち「たいした意味はない」ということでいいんでしょうか。

「いろんな人がいていい」という考えは同意します。なぜ勝てないのか、なぜ劣っていたのかを考えなければ、競技として進歩しないというのが私の考えです。競技ではなく興行に徹するのもひとつの考えですが、競技として進化しないスポーツはいずれ人気もなくなる可能性が高いです。

集団的自衛権で徴兵制とか戦争だ!とか大騒ぎの人たちも
同じような気がします。現実を分析したりせずに雰囲気
あるいは自分が気に入った結論のみを盲目的に信じています。

目標設定も問題ですが、アプローチに対する日本人が陥り
易い欠陥も意識しないといけないですね。

競技ですから目標はやはり「勝つ事」になるでしょう。
また、身体能力で圧倒するのは難しいので、まねできない
戦術や技術でその差を埋めるしかないと思います。

オリンピックもそうですが、競技組織に対する影響力や
圧力も持っておきたいところです。無駄な放送権料に
300億円も使うくらいなら選手の強化に半分くらいでいい
ので使って頂きたいです。日本がトップ8にコンスタント
に入れるようになったら市場規模が凄い事になりそうです。

Jおじさん

的外れなアプローチをしてしまうことは誰にでもあります。しかし次から修正できるか、現実を見ることができるかどうかが勝負の分かれ目だと思います。

しかし「競技ですから目標はやはり「勝つ事」になるでしょう。」と考える人々は、日本では少数派なのかなと思ったりします。少なくとも日本代表の周辺は、勝つ意志で固められているわけではないと感じました。日本人の組織的な特性で、そうなってしまうのかもしれません。

せめて我々がそういった視点を失わず、協会やメディアが変わってゆくことを後押ししたいですね。

敗北の構造、全く同感です。最悪の事態を想定して手を打つという、戦略の基本ができてないのです。当然、想定できる事は、手を打つのが当たり前です。原発も同じ構造です。想定外は少なくともプロの発言ではありません。どこまで想定し、今回はどこからを外す等は、当然指揮者やトップは考えて当たり前です。マスコミはなぜこのような当たり前の視点で、批判をしないのでしょうか?戦略的な思考ができない人をトップにする(トップに成れる)今の社会システムの欠陥です。

西山さん、遅くなってすみません。

日本の社会は合理性よりも情で動いています。それはそれで良いのですが、戦略的な相手と戦った場合長期的には必ず負けます。戦略思考のできる日本人は珍しいですが、ぜひとも頑張って日本を復活させましょう!

問題はHANSHA利益構造の問題かもしれませんね。

匿名希望さん、

HANSHAはどれぐらい食い込んでるんですかね?
興行の世界ですから無関係とは思えませんが、日本代表にまでどっぷりだとしたら由々しき事態です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/56628262

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーワールドカップ2014 (3)敗北の構造:

« サッカーワールドカップ2014 (2)勝負なのかショーなのか | トップページ | 独立運動と間接侵略(1) スコットランド独立はロシアの報復か »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク