新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 2014年9月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

AIIB(アジアインフラ投資銀行)とドル覇権(2) 日本はADB利権を死守すべき

(前回の記事のタイトルを変更し、シリーズ化しました)

AIIB(アジアインフラ投資銀行)の「創設メンバー」締め切りは今日2015年3月31日です。日本政府は正式に見送りを発表しました。

これはきわめて順当な判断です。日本と米国が中心となって50年近く実績をあげてきたADB(アジア開発銀行)をさしおいて、中国の独断でカネを動かすAIIBに参加する理由はありません。
 
 
 
一部の日本メディアは「バスに乗り遅れるな!」「日本は孤立する!」「創設メンバーとしてのメリットがなくなる!」と騒いでいましたが、カモがバスに乗らなかったので落胆していることと思います。
 
英独仏などの欧州諸国は、「中国に決定権があるなら、日本製品を使ったり日本企業には発注しない」ということを期待していると思います。創設メンバーになろうが100兆円拠出しようが、中国が日本にメリットを与えることはありません。おいしい部分のほとんどは中国が持って行くにしても、中国企業ができない部分は欧州諸国がやることになるでしょう。中国側も「日本にだけ損をさせて、我々で甘い汁吸いましょうや」ぐらいのことを言って欧州諸国を誘ったはずです。
 
しかし日米が参加しないとなると、中国も欧州諸国も自分たちのカネを持ち出してアジア諸国に投資することになります。参加国が40以上と言ってもカネを貸す力があるのは中国・英・独・仏・デンマーク・豪州・サウジぐらい。他の国は借りる側なのでいくら増えても中国の利益とはならず、むしろ損をしてしまいます。他人のカネを私物化したい中国にとって、これでは何のためにAIIBを作ったのかわかりません
 
だから申請期限の今日を過ぎても、「日本と米国の参加を待ち続ける」と言っているのです。カモが乗るまでバスは発車しないということです。
 
============================================
中国の楼継偉財【北京時事】中国の楼継偉財 【北京時事】中国の楼継偉財政相は20日、同国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に関して談話を発表し、今月末の申請期限を過ぎても、日本と米国の参加を待ち続けると表明した。(2015/03/20-23:32)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015032001017
============================================
 
 
 
ではなぜ、中国が他人のカネの私物化を狙っていると言い切れるのか? 
 
第一の証拠は、そもそもAIIB設立のきっかけにさかのぼります。中国がADBの出資比率を上げて発言権を得ようとしました。しかしこれに米国と日本が難色を示したため、AIIB設立を宣言したと言われています。
 
ここまで聞くと、「なんだADBはアメリカと日本の息がかかっていて、日本の財務省の天下り先じゃないか」と思います。実際その通りなんですよ。
 
しかしアジアでは預ける人を間違えると、公金がどこかに消えてしまうリスクが非常に高いのです。公金を預けて安心なのはカネを貸し付けている先進国、そしてアメリカはアジアではないとなると、消去法で日本ぐらいしか残りません。たとえば欧州復興開発銀行(EBRD)総裁はフランス人とドイツ人しかやったことないですが、私はそれに文句を言おうとは思いません。アジアでは日本人以外に代わりがいないというだけです。
 
しかし中国はADBの総裁をやりたいと言ったようです。たとえば銀行の全資産から25%も借りている最大債務者が「俺を頭取にしろ!」と言い出したらどうでしょう。
 
地位を利用して踏み倒す気マンマンだな、こいつ
 
としか思えません。少なくともそういう要求をするのはADBからの借金を返し、日本のODAを断ってからにしてくれと思うはずです。
 
つまり中国はADBの乗っ取りと私物化に失敗したため、AIIBという別組織を立ち上げて揺さぶりをかけてきたということです。
 
 
 
証拠の第二は、北朝鮮の参加を断ったことです。
 
表向きの理由は「金融と経済体系が国際金融機構に参加する水準に至っていない」とのことですが、それなら「今は即答できないが、創設メンバーや資金が揃ってから検討する」と言えば済む話。しかしそうしないのは今の北朝鮮が北京政府と敵対関係にあるからです。おまけに資金を借りる側なので、中国政府にとっては特に邪魔者なのです。
 
これはAIIBが民主的で透明な手続きで仕事をする組織ではないことを示しています。北京の一存で参加国を決められるのであれば、どのプロジェクトに融資するか、どの企業に発注するか、どの銀行に資金をプールするかもすべて中国政府次第。私物化のための銀行なのですから他国に利益が回るはずありません。
 
 
 
証拠の第三は、日米のたび重なる「公正なガバナンス(統治)確保」の説明要求に答えていないことです。要するに「インチキしないという証拠を出せ」と言われているのに、無視を決め込んでいます。公正にしたらインチキできないので、出せるはずがありません。
 
 
 
さて、AIIBは時間が経つほど困った状況になります。
 
欧州各国はAIIBが本当にインフラ投資をするのだと思っていて、その「おこぼれ」を狙っています。カモである日本が乗って来ないのでは、中国がカネを出さなくてはなりません。
 
いずれ欧州企業もAIIBが詐欺ファンドであることに気付くでしょう。拠出した資金がシャドーバンキング巨額損失の穴埋めに使われたり、持ち逃げされたり、帳簿がデタラメであることが発覚するのもそう遠くありません。そのときになってなぜ日米が参加しなかったのかを知ることになります。
 
あるいは米国に睨まれて脱退する国が出て来るかもしれません。オバマがあんな人なので舐めているのかもしれませんが、私が米国財務省や国防省なら同盟国のAIIB参加は制裁に値する裏切り行為と考えます。ADBの出資を突き返し、米国市場から締め出し、ドルスワップを解消し、泣きながら謝って来るまで許しません。英豪韓は米国を頼りにしているくせに、どこか甘えている節があります。
 
私が中国であれば、実体がバレる前にADBとAIIBの統合を持ちかけるかもしれません。どうせ最初からADB私物化が狙いだったので、中身のないAIIBを失っても惜しくはありません。妥協の産物として「ADB総裁の地位」や「ADB改革と称する利権奪取」が可能になるなら上出来です。オバマはまんまと引っかかりそうですが、日本は米財務省と協力してこれを阻むべきでしょう。
 
 
 
ではなぜ、日本はADBの利権を死守すべきなのか?
 
日本の財務省の天下り先だからではありません。
 
ドル基軸体制を支える数あるインフラのひとつだからです。
 
ドル基軸体制は軍事同盟と並ぶ、米国覇権の柱です。
 
それを脅かす者は、ことごとく葬り去られて来ました。
 
それを格下の同盟国ごときが手放したり、敵に渡してしまうなど、言語道断なのです。
 
(続く)
 

2015年3月28日 (土)

AIIB(アジアインフラ投資銀行)とドル覇権(1) 米国金融覇権への挑戦

中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)に、英国・オーストラリア・韓国・トルコ・ロシアなどが参加すると言われています。

私はこれに参加する国の気持ちが全くわかりません。どうせ汚職の見本市になって回収できなくなるのですから、参加する方が馬鹿という結論です。
 
ましてや日本が参加するなど自殺行為です。優等生が不良グループに頭を下げて入れてもらっても、死ぬまでいじめられ続けるだけです。
 
 
 
中国の狙いは以下の通りです。
  1. 他国のカネを預かって、シャドーバンキング破綻の穴埋めをする
     
  2. 横領して他国に持ち逃げ
     
  3. アジアのインフラ整備を中国企業にやらせて利益を得る。中国人労働者を送り込んで地元には利益なし。アフリカ侵略と同じ手口。
     
  4. おまけにスパイ活動や侵略の地ならしもできる。
 
(1)
まず中国のシャドーバンキング問題はいつ爆発してもおかしくありません。そこでAIIBに大損した投資を高く買わせれば、自分の資金を回収することができます。彼らに公平性を期待してはいけません。
 
(2)
あるいはもっと直接的に、AIIBの資金を横領して他国に持ち逃げする可能性も濃厚です。中国政府高官は外国人からの投資を誘いつつ、自分は千億円・兆円単位の資金を海外に持ち逃げしています。彼らにガバナンスや契約遵守を期待してはいけません。
 
(3)
そしてインフラ整備を中国企業に受注させれば、他国のカネを間接的に中国のものにできます。アフリカと同じように中国人労働者を送り込み、地元には利益を落としません。中国がアフリカやミヤンマーでやっている侵略と同じ手口です。 彼らに利益配分を期待してはいけません。
 
(4)
さらに他国の弱みを握ることもできます。たとえば通信インフラ整備を請け負ってスパイウエアを仕込んでしまえば、盗聴も遮断も自由になります。侵略の下準備ということです。彼らに共存共栄を期待してはいけません。
 
 
 
そしてこれは、米国の金融覇権への明確な挑戦です。
 
1966年に設立されたADB(アジア開発銀行)は、最大出資国が日本で15.7%、その次が米国の15.6%。歴代総裁は9名はすべて日本人で、今の財務省の天下り先となっています。
いちおう「アジアの金融は日本が支配する」というタテマエを守りつつ、IMFや世界銀行と同じように米国の金融覇権を支えるひとつの出先機関となっているのです。
 
それに対抗する組織を作るということは、米国の覇権を切り崩して奪い取ろうとしているということです。偽ドル札発行に匹敵する挑発行為と考えて差し支えありません。
 
 
 
韓国は米国から離れて中国の支配下に入ります。ロシアも米国の挑発に怒り、米国の覇権を切り崩そうとしています。欧州大陸は米英への対抗意識があり、中国に幻想を抱いていつも騙されています。だからAIIBに参加してもおかしくありません。
 
しかし日本とともに米国の覇権を支えている英国や豪州が参加するとはどういうことでしょう。同様にトルコの意図も計り知れません。
 
ヤクザの世界でいえば、ライバル組織の組長誕生会に出席するようなものです。通常であれば厳しいお仕置きが待っているはずです。
 
しかしオバマは、自分が馬鹿にされていることにすら気づかないでしょう。防衛識別圏を勝手に設定され、小笠原の第二列島線まで突破され、あと2年弱の任期の間どれだけ米国を弱体化させるのか興味があります。
 
 
 
アジア開発銀行(ADB)の融資残高が53.2億ドル(約6000億円)として、25%が中国向け融資であれば、約1500億円貸し付けているわけです。それを返済することなくAIIBを設立してアジア諸国に融資するとなれば、日米のカネを使って中国の覇権を手助けしていることになります。間抜けな話ですが、それで騙せると舐めているのでしょう。
 
「バスに乗り遅れるな!」とAIIBへの参加をあおっている人々がいます。日本に全くメリットがないのに、急がせる手口は詐欺師そのもの。彼らの素性とカネの流れを洗った方が良いでしょう。日本のカネを食い物にして、自分のふところを潤しているかもしれません。
 
 
 
アメリカもずいぶん舐められたものですが、敵と味方の識別がはっきりすることは良いニュースです。
 
さしあたって中国向けのADB融資やODAをすべて引き上げて、親日国家に回しましょう。
 
親米・親日国家はADBへ。
 
そうでない国はAIIBへ。
 
これで良いと思います。
 
 
(タイトルを変えてシリーズ化しました。続きます)
 
 

« 2014年9月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク