新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 安倍首相・岸田外相の大失態 (1)河野・村山以上の国益損失 | トップページ | 安倍首相・岸田外相の大失態 (3)情報戦に負けて大戦前の状況へ »

2015年12月29日 (火)

安倍首相・岸田外相の大失態 (2)有能な売国奴か、無能な愛国者か

いやはや本当に、とんでもないことをしてくれました。ルールを守りながら税金を納めて善良に生きるのがアホらしくなってしまいます。

 

「二度と蒸し返さない」というのは韓国の慰安婦に限った話です。しかし国際条約を守らない人々が、文書なしの口約束など守るわけありません。

それを見ていた他国は、さっそくこれに乗ってカネをせしめようとしています。

  • 台湾
    馬英九総統は29日、慰安婦問題に関する日韓合意を受け、台湾人の元慰安婦にも韓国と同様の措置が取られるよう、日本政府との交渉を台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表(駐日大使に相当)に指示した。
     
  • 北朝鮮
    「韓半島には北と南がある」北朝鮮も慰安婦被害者の賠償要求
    中央日報日本語版 12月29日(火)18時56分配信
    台湾に続き中国の慰安婦被害者も、韓日慰安婦の交渉妥結程度の謝罪を要求した。中国の慰安婦被害者の息子である周さんは環球時報とのインタビューで「私や私の親戚全員が大いに怒りを覚えた。日本はなぜ韓国の被害者だけに謝るのか」(以下略)

こんなもの、誰もが想像できた結果です。当然ながら中国・フィリピン・インドネシアなど各国が乗って来るでしょう。

サンフランシスコ講和条約・日韓条約・日中友好条約などを無視して日本政府が払うと言ったのだから当然です。

で、慰安婦の中で最大の人数だった日本人慰安婦はどうするんでしょうか?

まさかマスコミみたいに、日本人だけ差別して無視することはないですよね。

 

そして、話は慰安婦だけに留まりません。

中国や韓国では、「戦時中に強制的に働かされた」として日本企業への訴訟が増えています。

このいいがかりにお墨付きを与え、日本企業がイビられて賠償金を取られるネタを日本政府が提供したのです。

民間人や民間企業がさらなる地獄を見るということです。

 

特に韓国と北朝鮮は日本国民として一緒にアメリカや中国国民党と戦ったので、当時は徴用されたり協力したり出稼ぎに来るのは当然だったのですよ。日本が戦犯国なら彼らは共犯者。その証拠にBC級戦犯には当時の朝鮮人や台湾人が含まれています。

当時は多くの朝鮮人や台湾人が日本のために働いたので、それらすべてに賠償しなければ筋が通らなくなってしまいます。

韓国はずっとシベリア抑留や原爆被害者への補償を日本政府に求めています。やったのはぞれぞれロシア(ソ連)と米国ですが、彼らは怖いしカネを払わないから訴えてもしょうがない。でも日本なら払うだろうと舐めて活動しているのです。今回の決定により、彼らの要求もさらに熱が入ることになるでしょう。

 

その当時は国民としての義務だったり、自分で希望したり、良い待遇を得ていても、今なら「強制的にやらされた!」として日本政府を訴えることができます。

  • 朝鮮半島出身の日本陸軍中将、洪思翊(こう しよく、ホンサイク)さん。
     
  • 同じく朝鮮半島出身の日本国会議員、朴春琴(ぼく しゅんきん、パク チュングム)さん

これらの人々も強制的に勉強させられたり、競争率の高い士官学校に入学させられたり、主席で卒業させられたり、陸軍中将や国会議員にまで出世させられたんでしょうなあ。

そうそう朴槿恵大統領のお父様、朴正煕(ぼく・せいき、パク・チョンヒ)さんも日本の軍人でした。

こうなったら日本人も全員で日本政府を訴えれば良いと思いますよ。どんな家にも戦死者や空襲などの被害者がいるでしょう。外国人にだけ払って、今の日本人に払わないという不公平が許されるはずがありません。条約や法律で終わった話でも、騒いで像でも建てればカネもらえるらしいです。

 

安倍首相と岸田外相が「有能な売国奴」なのか、「無能な愛国者」なのかはまだわかりません。

これが産経の加藤ソウル支局長を不起訴にした「お礼」であるなら、もともと訴えられる筋合いがなくても難癖をつけて逮捕・勾留してから不起訴にすることでいくらでも日本に恩を売れるということです。信じられないお人好しぶりです。

そして軍艦島の時に感じたことですが、安倍首相の側近や外務省の中に日本の国益を考えない人々が相当数いるのではないでしょうか。米議会で演説した時と比べてまるで別人のようです。

もっと国のために働く政治家を選び、官僚がその指示を忠実に実行するシステムにしないと、国民は地獄から抜け出せないと強く思いました。

(いったん終わりにしましたが、続きます)

 

« 安倍首相・岸田外相の大失態 (1)河野・村山以上の国益損失 | トップページ | 安倍首相・岸田外相の大失態 (3)情報戦に負けて大戦前の状況へ »

コメント

失礼ながら安間さんらしくない動揺で驚きました。
お気持ちは理解できます。
でも、安倍総理は昭和の妖怪と呼ばれた岸信介の血筋ですよ。
55年前に日本の大多数を敵に廻して安保条約を締結し死ぬ目に合いながら今の安全保障を築いた宰相の直系子孫です。そう簡単にチンピラの手の内に落ちるとは思えないのですが。
肉を切らせて骨を断つ。
多分、安間さんの感じておられる痛みは肉を切られた痛みでしょう。
半端ない肉を切られたと思います。それは私とて同じ気持ちです。
しかしながら敵側の骨は断てたのではないかと思います。
その後報道される記事を流し読みするとK側は合意からいく日も経たないのに早くもゴネだしていますね。言うこと聞けばお金出してあげるし頭撫でてあげるよ、というのに。
K側の世論は炎上しつつありますね。半端なく。
この世論をK政府が抑えきれるか?はたまた世論に迎合というか同化するのか?
見ものです。ほぼ間違いなく後者の選択をするでしょう。いつもの通り。
だとすればこちらの取る策は、約束守れないんじゃそうがありませんね、お付き合い考えてみますね、ということになりませんか。
そうはいっても彼らに迎合する連中の世論操作でこっちが孤立するだろ!とおっしゃるかもしれません。しかし今はインターネットの時代です。私のような路傍の石っころですらこうして拙い意見を発する時代です。おかしな報道にはすぐに反証がなされる時代です。
彼らの戯言に同調するような世論形成は昔ほどではないのではと思うのです。
(世論操作という点ではKよりケツ持ちのCのほうが底知れない怖さがありますが・・・)
たしかに資金を出す(賠償ではないにせよ)お詫び云々(河野村山踏襲)は甚だおもしろくないのですし、奴らに口実を与えたとような言動は後味悪いですが、これによってKの実態が更に世界に広まるのであれば捨て身の巴投げだったのかなと想像します。
敵を欺くのには味方からということなら安倍総理はやはり昭和の妖怪の後継だ、と。
それは後の時代に分かることなのかも知れませんが。
この件でKが持病の国家的火病を起して日米陣営から転がり落ち宗主国Cの元に逃げ込むのであればほぼ願ったり叶ったり。CとKが地球的な村八分に陥ると面白いですね。
私は多分鈍感になったのかも知れませんが静観します。
お上や会社の偉い人たちは好むと好まざるをに関わらずKやCとのお付き合いはしてゆくのでしょうが、我々下々は粛々と脱中除鮮を進めて行きましょう。
バフェットさんの言葉でしたっけ?「誰が裸なのかは潮が引いてから解る。」
願わくば私が裸でないことを願いたいですね。

長文駄文失礼致しました。良いお年を。

yoppeさん、

ありがとうございます。私が強い言葉で怒りを表明したため、さぞや書きにくかったことと思います。

(3)にも書いたのですが、今回感じた怒りは「我々が理解しているだけではどうにもならない状況に追い込まれた」そして「これからも無理難題を押し付けられて断れないようカタに嵌められつつある」ことに対する恐怖です。

漫画の「ナニワ金融道」や「カバチタレ!」で金融・法律のプロが依頼者の問題を解決するために努力しますよね。しかし当の本人が状況を理解しておらず、相談もせずに非を認めてサインしてしまった。そこで「えーっ!サインしてしまったんですか!!!」と頭を抱えている状況です。警察も裁判所も全く問題を誤解したままで理解しておらず、これで解決したと思っています。しかし地獄が始まるのはここからなのですよ。

韓国は「日本の自白」を得たので、合意がなされる必要はありません。むしろ国内で揉めていることを誇示して条件を吊り上げて来るでしょう。軍艦島でもやられたのに、同じ手口で騙され続けるとは情けない限りです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/63212937

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相・岸田外相の大失態 (2)有能な売国奴か、無能な愛国者か:

« 安倍首相・岸田外相の大失態 (1)河野・村山以上の国益損失 | トップページ | 安倍首相・岸田外相の大失態 (3)情報戦に負けて大戦前の状況へ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク