新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 安倍首相・岸田外相の大失態 (2)有能な売国奴か、無能な愛国者か | トップページ | 「逆トルコ革命」で世界は大混乱へ (1) トルコを失ったオバマ政権 »

2015年12月31日 (木)

安倍首相・岸田外相の大失態 (3)情報戦に負けて大戦前の状況へ

「もう大丈夫だよ。変な奴らにずっと絡まれていたんだけど、形ばかりの謝罪をして小銭を置いて黙らせてきたから。お前たちの世代にまで重い十字架を背負わせられないよ!」
 
「パパ、ならず者を相手にそれで解決したと思ってるの?あまりにも世間知らずだわ」
 
-----------------------------------------------
 
今回ショックを受けたのは以下の点です。
 
  1. 外交をうまくやっていると思っていた安倍首相が、慰安婦問題の本質や相手の狙いを全く理解していなかったこと。見事な詰め将棋を見せた後に、自分から「負けました」と言ってすべてを台無しにしてしまった。
     
  2. 比較的マシだと思った安倍首相でも、側近や公官庁の上層を占めるようになった反日・反米勢力に操られるがままということ。日本のことを考える人はもう居なくなったのかもしれない。
     
  3. 欧米政府・メディアなどにも反日勢力がびっしり勢ぞろいしており、いつでも日本を叩くチャンスを狙っている。英国に続いて日本をアメリカと戦わせようとしている目論見が、今のところ成功している。
 
これは本当にまずいと思います。
 
中国共産党は台湾国民党から戦勝国の地位を奪い取るために、まず米国内で台湾派を一掃して米政府に食い込みました。それと同じように日系人や日本シンパを追い出して、日本を孤立無援にしようとしているのです。
 
さらに米国がオバマ政権であることが致命的です。「年末までに慰安婦問題を何とかしろ」と安倍さんに命令したのでしょうが、今回のことで日本が追いつめられたことを全く理解していません。このままでは英国に続いて日本も反米勢力に取り込まれてしまうでしょう。
 
 
 
今回の件で、韓国内が揉め始めました。
 
「慰安婦像は撤去しない」
「10億程度で妥協した朴政権は売国奴」
「これからも日本に謝罪と賠償を求めて行く」
 
これを見て、追いつめられたのは韓国の朴政権だと言う人もいます。しかしそれは違うでしょう。
 
韓国政府としては、証拠もない日本の戦争犯罪について安倍政権から「自白」を引き出せば良かった。そうすればかつて日本国民として暴れまわっていた過去も、朝日新聞の捏造も隠せるからです。
 
むしろ合意内容については破談になってもよろしい。そうすれば慰安婦以外の問題だけでなく、慰安婦について何兆円でもむしり取れるからです。
 
「形だけ謝ってくれたらいいから」とすり寄っておいて、謝ると「認めたなああ!謝罪と賠償を要求する!!!」と迫るのは彼らのパターンです。このまえ軍艦島でやられたばかりなのに、何度も引っかかる日本政府にもあきれます。
 
彼らは本気で日本人を殺しにきています。
 
こちらも戦争しているつもりでないと全員やられますよ。
 
安倍首相、しっかりしてください。
 
(終)
 

« 安倍首相・岸田外相の大失態 (2)有能な売国奴か、無能な愛国者か | トップページ | 「逆トルコ革命」で世界は大混乱へ (1) トルコを失ったオバマ政権 »

コメント

どもども~。
何気に今回のケースは色々と悩ませるもんです。


事実よりもきっちりとけりをつくようにまとめたと思ったら、気違いなならず者は全体の話やけりのつけ方なんてどうでもよくて都合が良い所だけを認めさせてそこだけを主張する感じですな。
せっかく終わらせた問題を・・・ならず者と交渉のテーブルに座ったとなるとまた問題が・・・。
まともな話し合いが通じないからならず者なんですよね(´ヘ`;)

お人よしの騙され上手の日本って感じですね。米国がしっかりと盟主として親分業務でまとめてくれればいいのにまだオバマなのが・・・。


個人的にはこの交渉の後も色々と段取り済みでそのトリガーのひとつならいいんですが、単品解決の為だけだとわざわざ反日本勢力とお付き合いする必要もないかと。
うーん、その後も考えているのやら。

外との交渉は相手がまともな価値観なのかならず者なのかで対応を考えないといけないなと思う一件です。

軽率だったと思いますよ。条約という国家間の最高法規でさえも守らない輩に不可逆的だの最終決着だの、そんな言葉に何の意味があるのか。所詮はタカりのDNAが骨の髓まで染み込んだ輩ですから今後は更にタカりの攻勢をかけてくるでしょうね。次の世代に残さない云々…、どこが残さないだ…。村山、河野談話に鎧兜まで着せてくれましたよ。

会津のさむ、さん

すべての相手に誠実な対応をするのは困ったものです。相手も自分と同じという幻想を持ってるんでしょうね。オバマやケネディ大使の差し金らしいですが、余計なことをしてくれたものです。だから同盟国にそっぽ向かれるんだよと思いました。

そろそろリタイア さん

法律的にカタがついたことを、相手が納得しないからと譲歩する。まさにカモそのものですよね。本質を理解した上で戦ってくれていたと思っていたので、基本的なことも知らずにやっていたことがわかって残念に思っています。

最近とみに、大戦前に似ていると感じます。

役回りを考えてみました。

左WW2 : 右WW3

悪の枢軸 新興先進国
ドイツ・日本:中国
イタリア:韓国

へたれた大国 先発先進国
イギリス:アメリカ
フランス:日本

とばっちりの中間小国
ポーランド:台湾

ぶれない大国
ソ連:ロシア


かなあと。

先生はどう思いますか?

solaさん、遅くなってすみませんでした。

かなり良い線だと思いますが、WW2の米国にあたる国がいませんね。
まるでケンシロウのいない北斗の拳です。
それって枢軸側が勝ってしまうのでは。
あ、でもジャギがあちらに居る…。

確かに…、そしてそれは悲惨な事ですね。

日本はうまくユリアになれたら良いのですが(笑)

1億人以上居るから厳しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/63245401

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相・岸田外相の大失態 (3)情報戦に負けて大戦前の状況へ:

« 安倍首相・岸田外相の大失態 (2)有能な売国奴か、無能な愛国者か | トップページ | 「逆トルコ革命」で世界は大混乱へ (1) トルコを失ったオバマ政権 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク