新刊出来!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 「逆トルコ革命」で世界は大混乱へ (1) トルコを失ったオバマ政権 | トップページ | 尖閣と沖の鳥島を失う安倍内閣 (2)頑張っている外務省…の一部の人々 »

2016年8月11日 (木)

尖閣と沖の鳥島を失う安倍内閣 (1)衝突回避は最悪の愚策

中国が尖閣強奪の動きを活発化させています。
 
今月に入り日本政府は、尖閣諸島周辺の接続水域に中国海警局の船6隻、その周辺海域に中国漁船約230隻を確認したとして中国側に抗議しました。
 
海上保安庁もそのときの画像を公開し、現場では緊張が高まっています。
 
 
 
確かに日本側もいつもよりは怒っているように感じますし、抗議はしないよりマシでしょう。しかしこの程度では、中国側に誤ったメッセージを送り続けていることになります。
 
抗議だけで済ます=抵抗できない弱者
であると彼らは解釈します
 
弱者だから権利を尊重して守るというのは先進国の考え。彼らは「食える相手だ」と見たら徹底してつけ込み、死ぬまで食い尽くします。
 
彼らにとって、国際世論や裁判所の決定など何の抑止力にもなりません。
 
米国オバマ政権も日本の安倍政権も抗議だけで済ませているため、ならず者たちが好き放題暴れているのです。
 
 
 
これは南シナ海を占領して埋め立て基地を作った手口と全く同じです。
 
漁船と監視船で押しかけて、勝手に漁を始めて取り締る。
 
これをずっと続けることにより日本の施政権が揺らぎ、中国の実効支配が強まります。
 
フィリピンやインドネシアでさえ中国船を拿捕しているというのに、日本政府は口で文句を言うだけなので舐められています。何年も前から警告されているのに、抗議だけで済ませるとは信じられません。
 
中国側にしてみれば南シナ海はいくら抗議されても立ち退かないし、オバマが軍事力を行使することもないので、完全に自分の海になったと考えています。
 
そして日本政府がこの調子なら、東シナ海のほうも楽に突破できると考えるでしょう。
 
 
 
安倍政権はそれを知っていて、わざと奪われるよう仕向けているようにしか見えません。
 
そもそもあの周辺のEEZで台湾・中国の操業を認めるところから狂っています。日本漁船を「危ないから」と締め出し、守ろうともしないのです。
 
さらに今回の安倍改造内閣を見れば、中国との関係改善を望んでいることが明らかです。ここで安倍政権は強い態度には出れないと踏んだ上で、中国はオバマ退任前にできるだけ多くの島を奪いに来るでしょう。
 
 
 
尖閣が取られたら、すぐに沖ノ鳥島が同じ方法で奪われることになります。軍事的に重要な尖閣を守らないのですから、それ以外の無人島を守るはずがありません。小規模な武力衝突は当然で、それを避けようとすればあらゆる島を失うでしょう。
 
武力衝突を避けて奪われ続けるのは、最悪のシナリオのひとつ
 
辺境の島を守れないということは、人間に例えるならば手足が腐り始めたのと同じことです。国として死んだも同然です。
 
 
 
私は考えてしまいます。
 
国民に対してだけ重税や辛抱を押し付け、無法者と戦わない政府に何の意味があるのか。
 
圧力をかけられたら率先して日本人弾圧を始めるのではないか。
 
こんな人々に税金を払い、命令に従っていて良いのか。
 
本当にヤバいことになったと思います。
 
 
 
日本政府は今すぐに拿捕や臨検を始めてください。
 
日本の漁民の権利を守ってください。
 
中国船が邪魔するなら、戦ってOK。
 
こちらをブッ殺そうと思っている連中に、ヘコヘコ媚びないように。
 
怒りはむしろ、日本政府に向けられそうな状況です。
 

« 「逆トルコ革命」で世界は大混乱へ (1) トルコを失ったオバマ政権 | トップページ | 尖閣と沖の鳥島を失う安倍内閣 (2)頑張っている外務省…の一部の人々 »

コメント

同感です。

自国民を守る意思と能力の無い国家に居るメリット、もう感じられません。

出ていけないから居る、という状態です。

最近仕事もきつくなり、税金も高く、かつ政府がこのザマなので、真剣に移住先を探しています。

現状では資産が足りない(低学歴の異民族である以上、現地では余り稼げないと想定しているので)ですが、あと10年辛抱すれば必要額が貯まる計算なので頑張ります。

その通りだと思います。国に守ってもらうばかりで良いとは思っておりませんが、チャイナが明らかに奪いにきているのに、口先だけで大丈夫とは思えません。他の国がしているように、中国船を拿捕してほしいです。個人的には沈めてしまってもかまいません。

solaさん、

私も若いころは日本の社会や政府に絶望し、移住先を探していました。しかし調べれば調べるほど、日本が良い国だとわかりました。それでも最高というわけではなく、ベストは米国です。ただ米国になじめる人は少数なので、普通の人は日本がベストだと思います。巣から離れた蜂は寂しく死ぬしかありません。

いつでも移住を視野に入れておくことはお勧めしますが、もう少しだけ日本で頑張ってみてください。不思議な力が働いて持ち直すことがあるからです。逃げ出したほうが良いときは声をかけますのでご心配なく(笑)。


腹一杯さん、

そう思っている人は多いと思います。安倍政権はどこかふわふわしており、周辺のヤクザと仲良くしそうで怖いです。

逆張り投資家 様


お返事ありがとうございます。

確かにお金もまだ無いですし、もう少し頑張ってみます!

日本国内でも、場所や立場次第で幸福度は全く違いますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/66950191

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣と沖の鳥島を失う安倍内閣 (1)衝突回避は最悪の愚策:

« 「逆トルコ革命」で世界は大混乱へ (1) トルコを失ったオバマ政権 | トップページ | 尖閣と沖の鳥島を失う安倍内閣 (2)頑張っている外務省…の一部の人々 »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク