新刊出来!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 国家存亡を賭けた衆院選 (3)無党派の風、いまだ起こらず | トップページ | 国家存亡を賭けた衆院選 (5終)いよいよ北朝鮮対応へ »

2017年10月18日 (水)

国家存亡を賭けた衆院選 (4)繰り返す分裂と統合

 

「希望の党」が失速し、そこから排除された人々が作った「立憲民主党」が第二党になりそうな勢いです。

反安倍勢力が分裂したおかげで、与党が地滑り的勝利になるかもしれません。

選挙当日の天候が悪くて投票率が下がれば、その傾向はさらに顕著になるでしょう。

 

実のところ、この動きは読めていました。

というのも旧民主党・旧民進党を支えた人々は、ゴリゴリの左派だったからです。

はっきり言えば「かつて学生運動に燃え上がり、その延長として政治家になった人々」。

中国や韓国はもちろん、ロシアや北朝鮮シンパも大勢います。

おそらく戦後の反米・反自由主義活動を担ってきた「本流」の人々です。

 

彼らは全体主義国家や反米・反日国家との結びつきが強く、その利益のために動いています。

平和活動・反核活動・人権活動などを口実に、日本を衰退させて支配下に置こうと狙っています。

教育やマスメディアを乗っ取り、うまく洗脳できていた時期もありました。

しかしその手口がバレてきて、思うように世論を動かせなくなってきたのです。

 

彼らは反米・反日・反自由主義者の支援を受けています。

共産党ほど強固なイデオロギーではないので、その場その場で受けそうな政策を打ち出して政権奪取を狙います。

ただしいったん劣勢に立つと、イデオロギーを声高に主張し始めてさらに孤立します。

そのうち内ゲバを始め、仲間を「総括」してしまうのです。

 

今回の選挙では、おそらく立憲民主党が野党第一党となるでしょう。

風を利用することができなかった希望の党から仲間を集め、短期的には勢力を増すかもしれません。

維新を分裂させて乗っ取ったように、希望の党にも大勢の「トロイの木馬」が潜んでいるからです。

 

しかし強すぎるイデオロギーは、常に内紛と背中合わせです。

かつて社会党の主流派は社民党として残りましたが、時を経るにつれて衰退しました。

一方イデオロギーの弱い日和見派の社会党人脈は、節操なく民主党に移って政権を奪取しました。

今は強固な組織に支えられているように見える立憲民主党も、かつての社会党本流と同じ運命をたどる気がしています。

むしろ原理原則を持たない希望の党のほうが、名前をコロコロ変えながら長生きするかもしれないのです。

(続く)

« 国家存亡を賭けた衆院選 (3)無党派の風、いまだ起こらず | トップページ | 国家存亡を賭けた衆院選 (5終)いよいよ北朝鮮対応へ »

コメント

「立憲民主」のメンバーなんて管内閣の残党ばっかりでしょう。これをもっとアピール出来れば一気に壊滅すると思います

匿名希望さん、

本当にその通りですね。
しかしそんなことも知らずに、党名が変わっただけで信用してしまう人が多いことに驚いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1852/72000751

この記事へのトラックバック一覧です: 国家存亡を賭けた衆院選 (4)繰り返す分裂と統合:

« 国家存亡を賭けた衆院選 (3)無党派の風、いまだ起こらず | トップページ | 国家存亡を賭けた衆院選 (5終)いよいよ北朝鮮対応へ »

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク