新刊出来!

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

« 対中政策50年ぶりの大転換 (7終)中国の戦略を見抜くための参考図書 | トップページ

2018年12月29日 (土)

海軍までレッドチーム入りした韓国 - 日本は全体主義ウイルスを防げるか

 

韓国の軍艦が日本のEEZ内で日本の偵察機をロックオンし、騒ぎになっています。

「レーダー照射などしていない」

「北朝鮮の船を捜索していた」

「海が荒れていたのであらゆるレーダーを動員した」

「日本側が低空飛行で威嚇した」

「やっぱりレーダー照射などしていない」

韓国側の言い訳は二転三転し、証拠の映像を出すと「友好関係を損なう」と逆ギレを始めました。


韓国の事をよく知らなかった人は、「いったいどうしたのだ?」と不思議に思うかもしれません。

しかし歴史を知っている人は、あまり驚かないと思います。

自分から手を出して咎められるとシラを切り、謝罪と賠償を求めるのはいつも通り。

「格下」の日本人に謝ると自分の序列まで下がってしまうので、絶対に謝ることは無いでしょう。


この件ではっきりしたのは、韓国は海軍まで北朝鮮や中国の支配下に入ったということ。

米国の支援によって作られた軍隊が、その装備を持ったまま敵方に寝返ったのです。

米日英カナダなどが北朝鮮への制裁で近海を監視していますが、その目を盗んで援助しているのでしょう。

そう考えると、以下の謎がすべて解けてしまいます。

------------------------------

  • なぜ韓国の軍艦が日本のEEZ内で、国旗や軍旗を掲げずに黙って北朝鮮の船と接触していたのか。
     
  • 日本の偵察機に呼びかけられても、応答しなかったのはなぜか。
     
  • 日本の偵察機をロックオンしてまで追い払おうとしたのはなぜか。
     
  • 北朝鮮近海では監視が厳しくなり、「瀬取り」しにくくなったことと関係があるのか。
     
  • 北朝鮮の船が北海道に多数「漂着」していることと関係があるのか。

------------------------------


韓国がいくら怒って「やってない!」と否定しても、日本と米国はデータを共有しています。

すでに韓国は米国の軍事システムから切り離されつつありますが、最も強いつながりを自分で切った形となりました。

韓国がブルーチームに戻る可能性は、ほとんどゼロになったと思います。

---------------------------------
[レッドチーム]  中国 ・ 北朝鮮・ 韓国
---------------------------------

↑↓ 対立

---------------------------------
[ブルーチーム] 米国・日本・英国など
---------------------------------


伏線はありました。

10月11日の国際観艦式で主催者の韓国が「旭日旗を上げるな」と日本にだけ要求し、海上自衛隊は参加を拒否しました。

11月20日に日本のEEZ内で操業していた日本漁船に対し、韓国海洋警察が「操業を止めて海域を移動せよ」と命令したこと。

もはや北朝鮮は朋友となり、主敵は日本なのです。


この狙いは見え透いています。

まず中国が南シナ海や尖閣を奪おうとしている手口を見習って、日本のEEZに「民間漁船」が多数押し寄せます。

先進国が簡単にそれを撃てないことを知っているからです。

「自称・市民団体」のデモ隊が、子供を先頭に突っ込んで来るのと同じです。

次にその保護という名目で、政府の船を出します。

憲法で武力を放棄している日本は、これに手を出すことができません。

李承晩ライン」で日本の漁民4000名を人質に取り(5名死亡)、言うことを聞かせたという「成功体験」にも味を占めているでしょう。

そうして日本のEEZを実効支配しようとしているのです。


マスメディアは韓国を「友好国」「大人気」ともてはやします。

しかし現状は中国や北朝鮮の手先であり、友人のふりをして近づいてくる敵なのです。

彼らは北朝鮮の核を守り、北朝鮮の船を守り、日本の偵察機に武器を向け、日本の島やEEZを奪います。

口先で「友達」と言えばマスメディアが実態を誤魔化してくれるので、舐め切ってやりたい放題しているのです。


全体主義ウイルスに侵されて、全体主義ゾンビとなってしまった韓国。

しかし日本にも同じウイルスが蔓延していますから、他人事ではありません。

このまま交流を続けていれば、日本もレッドチームに乗っ取られて米国と戦うことになります。

「今の日本に対する韓国の姿」は、「将来の米国に対する日本の姿」になりかねないのです。

まずは渡航ビザを再開するなど、早急に対策すべきと思います。




[参考図書]

ジャパンヘイターとサイコパス支配: 善意で滅ぶ先進国


(終)

« 対中政策50年ぶりの大転換 (7終)中国の戦略を見抜くための参考図書 | トップページ

コメント


逆張り投資家 さん

アップありがとうございます!

先進国でのウイルス蔓延は深刻ですよね。1年振りに帰った実家も、いっそう赤く染まっていました。私に帰る故郷は無いようです(笑)

最近思うのは、結局沢山の人が死んだり、財産を失ったりしないと我々は学べないのではという事です。基本的価値観が異なると、物事の認識の段階から話が噛み合わないので、、、

solaさん、明けましておめでとうございます。

私もそう思いますね。誰でも幸せな生活を壊してまで、自分で戦おうとは思いません。知識や想像力が足りない人々に対しては、スパイたちの工作が有効です。ひどい実害が出ないと、「誰の目にも明らか」にならないのです。

ただし昨今のマスメディア凋落を見ていると、普通の人々も国内に潜り込んだスパイの怪しさに気付きだしたのかと思います。


逆張り投資家 様

明けましておめでとうございます。

確かに若い世代を中心に、私も変化を感じます。命まで捧げる気は無いですが、投資と語学を通じて出来る限りの貢献をしたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 対中政策50年ぶりの大転換 (7終)中国の戦略を見抜くための参考図書 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク