新刊出来!

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Google Analytics

  • トラッキングコード

2008年1月 4日 (金)

2007年レコード大賞にコブクロの「蕾(つぼみ)」

明けましておめでとうございます!
本年もよろしく。

 

さて年末年始は市場も荒れて、久々にテレビなんか見ちゃったりして書きたいことは様々あります。しかしまあ、最初は軽く行くことにしましょう。

2007年レコード大賞にコブクロの「蕾(つぼみ)」が選ばれました。私はテレビをあまり見ないですし、歌番組なんかもっと見ません。さらには「レコード大賞なんてまだやってたのか」みたいな化石人間です。当然これもリアルタイムでは見ていなかったのですが、後で結果だけ知りました。

いやー、嬉しかったですね。
というのも昨年私のアンテナに引っかかった数少ない曲の中で、これがダントツのお気に入りだったからです。

 

どこかでこの歌を聴いてから、心にひっかかってました。映画の主題歌らしいですが、映画も見ませんでしたし(笑)。で、検索してyoutubeで探し出したところ歌とビデオがすばらしいこと! 影絵が語る親の愛が涙を誘い、ひとりで仕事をしながらこの曲をずっと聴いていました。

著作権上微妙ですが、youtubeのビデオ。
これを見て私も買ったので許してください。
注目は影絵。
   ↓↓↓
http://jp.youtube.com/watch?v=rveglKIarKo

 

コブクロというと背が高くて声に張りがある黒田さんのほうが目立っているようですが、どうしてどうして小渕さんは天才ですよ。一度聞いただけではわからない遠回しな表現やくどい重複なども、あふれ出る感情のなせるわざと考えたらご愛嬌です。女に振られただとか引っ込み思案な歌詞が多くて「オメー、もっと自信持って行けよ!」とこちらが励ましたくなるのですが、それも含めて個性ですからね。

歌にしても影絵にしても、日本固有のものではないと思います。しかしこういった作品を見て感動を覚えると「日本人に生まれて良かったなあ。親父、お袋、ありがとう!」と思います。

 

そういった感謝の念を噛みしめつつ、今年もがんばりましょう!

フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク